ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

35話:曹操、陳宮の裏切りで兗州を呂布に奪われる!!

呂布 VS 曹操




曹操 黄巾党が仲間に!

 

兗州を手に入れ、青州兵30万を手中にした曹操(そうそう)は、

次に徐州の陶謙(とうけん)を攻めます。

一見すると、ただの天下取りの争乱に見えますが、

これは曹操(そうそう)に取って

絶対に勝利しないといけない因縁の対決でした。

 

前回記事:34話:女好きの英雄曹操、危機一髪の大失敗




曹操が絶対に勝利しないといけない理由

熱血曹操

 

曹操(そうそう)には、曹嵩(そうすう)というお金持ちの父がいました。

不良息子であった曹操(そうそう)に手を焼きながらも、

曹嵩(そうすう)息子の為に要所、要所では惜しみなく金と愛情を注いでくれた恩人です。

 

しかし、曹嵩(そうすう)は菫卓(とうたく)の争乱から逃れるために

故郷から避難していた時榔邪(ろうや)国という所で

陶謙(とうけん)の手に掛かり殺害されます。

 

三国志演義では、劉備(りゅうび)に城を譲る好々爺として描かれる
陶謙(とうけん)ですが、実際には暴虐な振舞いが多く、評判の芳しくない人物でした。




陶謙(とうけん)は曹嵩(そうすう)を殺害してしまう

裏切りは許さぬ 曹操

 

陶謙(とうけん)は曹嵩(そうすう)の持っているお金を目当てにした殺害でした。

これを知った曹操(そうそう)は激怒し、いつか必ず父の仇を討つと誓います。

それが今回の徐州攻略戦だったのです。

 

曹操軍は怒りの進軍を開始

曹操軍

 

曹操(そうそう)は圧倒的な軍備で戦争を有利に進めて、
報復とばかりに徐州で無差別殺戮と略奪を繰り返しました。

 

ですが、曹操(そうそう)が復讐を遂げている間に本拠地の兗州では

大事件が発生していました。

 

曹操の軍師陳宮(ちんきゅう)が裏切る

 

 

曹操の軍師であった陳宮(ちんきゅう)と張邈(ちょうばく)が計略を図り、

呂布(りょふ)を兗州に迎え入れて太守として兗州を乗っ取ったのです。

 

陳宮(ちんきゅう)は、すでに兗州全土に根回しを済ませていて、

寝返らなかったのは、荀彧(じゅんいく)と程昱(ていいく)が守る本拠地のケン城とあと2県だけです。

 

驚いた曹操(そうそう)は、直ぐに軍勢を取って返します。

ケン城の荀彧(じゅんいく)と程昱(ていいく)は、呂布(りょふ)の

苛烈な攻撃をしのぎ、曹操(そうそう)が戻ってくるのを待ち続けます。

 

遂に曹操と呂布は対峙する

呂布 VS 曹操

 

流石は、名軍師として知られる両者は孤立無援の中で頑張り抜き

とうとう曹操(そうそう)は、軍を帰還させ休む間もなく呂布(りょふ)と戦います。

 

曹操(そうそう)が戻ってきた事で、呂布(りょふ)の軍事的な優位は覆り

勝負は痛み分けになります。

 

曹操は離反した城を回復させる

抜き出た曹操

 

それから二年後、曹操(そうそう)は粘り強く離反した城を次々と回復させ、

呂布(りょふ)を鋸野の戦いで討ち破り兗州の支配を回復させます。

 

敗れた呂布(りょふ)は、陶謙(とうけん)の後を継いで
徐州の太守になっていた劉備(りゅうび)の元に逃げのびていきます。

 

 

陳宮(ちんきゅう)が曹操を裏切った理由って何?

三国志 疑問点

 

さて、曹操(そうそう)を裏切り、呂布(りょふ)を迎え入れた

陳宮(ちんきゅう)ですが、自分を守る為ならば平然と人を犠牲にする

曹操(そうそう)を信じられなくなり裏切りを決意したと言われます。

 

ところが、陳宮(ちんきゅう)が迎えた呂布(りょふ)は、

これまた人を信じない自分の直感のみを頼りにする男でした。

 

結局、陳宮(ちんきゅう)の策は呂布(りょふ)に用いられず、

それが曹操(そうそう)の復活に繋がってしまったという事のようです。

 

 陳宮(ちんきゅう)は最期どうなったの?

三国志 夢

 

陳宮(ちんきゅう)は捕まった後に曹操(そうそう)に再び仕えるように

説得されますが、二度と戻る事なく、曹操(そうそう)によって処刑されました。

 

曹操(そうそう)が一度、裏切った人物を再び用いるのは異例であり、

それだけ、陳宮(ちんきゅう)の才能を買っていたのでしょう。

 

陳宮(ちんきゅう)の不幸は、自分が命を賭けて尽くそうとする理想的な

主君に出会えなかったという事かも知れません。

 

関連記事:呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」

関連記事:根拠のない夢を信じないリアリスト曹操

関連記事:三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操

関連記事:パイを奪うより自分で焼け!曹操の大改革

 

耳で聞いて覚える三国志

 

次回記事:36話:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布




よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 楊端和 楊端和(ようたんわ)の最期は壮絶な戦死?キングダムの女将軍の死を…
  2. 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【告知】はじめての三国志が本格三国志巨編に挑むよ!
  3. 曹操を逃す関羽 80話:曹操の命乞いで関羽が曹操を逃がす
  4. 気球 三国志 東方明珠のへなちょこ長江旅行記 その3
  5. 孔明 司馬懿 陸遜 中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か?
  6. 公孫攅と劉備 三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚
  7. 孔明君のジャングル探検 118話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐前哨戦
  8. 章邯(しょうかん) 秦の為に戦い秦人に恨まれた名将 章邯(しょうかん)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 徳川家定
  2. 曹操は関羽をGET
  3. 徐晃と許チョと曹操
  4. 敗北する桓騎
  5. 陸遜
  6. 賈ク
  7. 曹操 女性の敵? 鄒氏

おすすめ記事

  1. 成廉(せいれん)とはどんな人?呂布を支えた八健将
  2. 【三国志雑学】孫権は南瓜作りのエキスパートだった? かぼちゃと孫権
  3. 島津久光はどうして寺田屋事件で薩摩藩士を粛清したの?
  4. 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣
  5. 金環三結とはどんな人?三洞元帥の語源は古代インド神話だった? 戦う金環三結 三洞元帥(南蛮討伐)
  6. 【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲 三国志 武器

三國志雑学

  1. 曹丕にビビって意見を言えない家臣達
  2. 劉備
  3. 曹洪
  4. 後継者争いで喧嘩する曹丕と曹植


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. 袁紹、袁尚、袁譚
  3. 服部半蔵
  4. 黒田官兵衛

おすすめ記事

張宝(黄巾賊) 張宝とはどんな人?なぜか様々な死に方をする黄巾の乱の首謀者 盤古 中国神話 盤古(ばんこ)とはどんな神様?最古の神のはずなのに新しい中国神話の創世神 魏の諸将を恐れさせた楊沛(ようはい) 楊沛(ようはい)とはどんな人?魏の諸将を恐れさせた行政官 呉の勢力を率いる孫策 孫策が生きていたら三国志はどうなったの? 朱治 朱治とはどんな人?孫呉三代に仕え、戦三昧だった呉の将軍 三国志の時代は農民に至るまで腰に剣を佩いていた 大喬・小喬侍らし酒を飲みたい曹操 【三国志ファン必見】これが魏の軍隊だ! 燃える本能寺 【織田信長暗殺】本能寺の変の黒幕は長曾我部元親?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP