43話:孫策、後事を孫権に託して病没する

2015年3月16日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

ほっぺたに矢を受ける孫策

 

西暦200年、許貢(きょこう)の仇討ちを狙う食客の手によって深傷を負った孫策(そんさく)は日に日に病が重くなり、ついに自身の最期を悟ります。26歳の孫策(そんさく)は、主だった重臣を集め、そこで、このように告げました。

 

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

「弟の孫権(そんけん)をここに呼んでくれ、ワシはもう長くない、、」

 

孫策(そんさく)の言葉に重臣からはすすり泣く声が漏れていました。連戦、連勝、敵なしの強さで小覇王と恐れられた孫策(そんさく)が、名もなき食客の襲撃により人生の幕を閉じようとしているのです。

 

前回記事:42話:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる

 

当時19歳だった孫権

孫権と三国アヒル

 

兄の危篤を聞いてやってきた孫権(そんけん)は、当時19歳、少年の面影が残る人物です。

 

孫策 頬

 

「権よ、、よく聴け、ワシはもう駄目だ、、後の事は弟であるお前に託す事にする、皆も聴いたな、新しい呉の主は権だ、、よろしく盛り立てて、呉を繁栄に導いてくれ、、」

 

張昭、孫権、孫策、周瑜

 

重臣は、ひれ伏して孫策の遺言に従います、、しかし、孫権(そんけん)は突然の事に、明確な返事が出来ないでいました。すると孫策(そんさく)は、厳しい表情を崩して頬笑み、孫権(そんけん)の手を取って穏やかな調子で語り始めました。

 

海賊時代の孫堅と孫策

 

「権よ、、お前の不安はよく分かる、、ワシも父が死んだ時、17歳で後を継いだ時は味方も少なく不安だったものだ、、だが、お前には頼りとすべき人材が沢山いる、、内政面で困った事は、張紘張昭、外交で困った時には、周瑜を頼り、国を盛り立てて呉を守り、民を安心させよ、、

 

孫策に攻撃される黄祖

 

大丈夫、、お前は戦で領土を奪い合うにはワシには劣るが、国を一つに纏めて発展させる事においてはワシより上だ。いつかこの乱れた世の中を纏め、天下に呉の旗を翻してくれ、、」

 

遅れて来た孫権 英雄

 

孫策(そんさく)は、言い終わると、疲れたように目を閉じ、二度と目覚める事はありませんでした。こうして、弱冠19歳の少年孫権(そんけん)は、呉の大黒柱としての巨大な重責を担い、争乱の中国に立つ事になります。

 

次回記事:44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-全訳三国志演義
-,