架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

51話:武将を惹きつける人間磁石 劉備玄徳

この記事の所要時間: 130




劉備 人望

 

劉備(りゅうび)と曹操(そうそう)の大きな違いを上げるならば、

曹操が自ら動いて人材スカウトをしているのに対して、

劉備は、人材のほうから寄って来るという点です。

 

孔明(こうめい)のような例外を除けば、劉備が、外で名前を出すと、

 

「えっ、あなたが、あの有名な劉備様、是非子分にして下さい」

と続々と人が集まってきます。

 

それは、さながら人間磁石のようで、いくら三国志演義に

虚構があってもこの特別扱いは反則だろうと思う程です。

 

さて、劉備は、曹操と戦っている最中の袁紹(えんしょう)に、

荊州の劉表と同盟を結んで、曹操を挟み打ちにしては?と

持ち掛けています。

 

前回記事:50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会




劉備の思惑

劉備

 

実は、これには裏があり、関羽(かんう)も戻り、

用済みになった袁紹の保護を離れて、

独自の勢力を築こうという思惑がありました。

 

袁紹(えんしょう)は、劉備の提案を入れて、これを許します。

 

劉備は、荊州の劉表の下に向かう途中で関羽(かんう)と合流、

次に趙雲(ちょううん)と合流し、汝南郊外で山賊まがいの事をしていた

張飛(ちょうひ)とも合流、さらにここで縻竺(びじく)

縻芳(びほう)の兄弟も配下にします。




着々と人材を自分の配下に加わえる劉備

劉備 関平

 

さらに、宿屋の息子であった関平(かんぺい)を

子供が居なかった関羽の養子として陣営に加え、

これにプラスして関羽を尊敬して止まない

元黄巾賊の首領、周倉(しゅうそう)までもが仲間に加わりました。

 

周倉は、正史三国志には、登場しないフィクションの人物ですが、

配下になってから終生、関羽に就き従い、関羽が孫権(そんけん)の手で

斬首された時には、自らも首を刎ねてしんだ程の関羽命の男です。

 

因みに関羽が描かれた掛け軸では、この周倉と関羽、

それに関平がセットで描かれるのがお決まりになっています。

 

このように、劉備が袁紹の下を去るや、これを追うように、

沢山の人々が劉備の家来になりたがり、その数は、

3000騎を数えたと言われます。

 

劉備は手狭になった古城を出て、汝南(じょなん)城に入り、

小勢力ながら、群雄の一人として再出発を切ったのです。

しかし、さっきまで、一人だったのが、ドンドン人材が集まってきて

3000騎とは、劉備は営業マンだったらトップクラスですね。

 

耳で聞いて覚える三国志


次回記事:52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長




よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争
  2. 終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ
  3. 【シミルボン】不老不死の為なら死んでもいい!寿命を縮めた曹操のデ…
  4. どうして劉備は呂布を胡散臭いと思ったの?
  5. 三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!
  6. 安保法案ってなに?三国志で理解する安保法案【今さら聞けない】
  7. 袁術が評価される日も近い?スーパー袁術の凄い所7連発!!
  8. キングダム 523話 ネタバレ予想:左翼戦の鍵を握る楽華隊!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【歴史嫌いな中高生必見】春秋戦国時代はいつ始まってどこで終えたの?
  2. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第10部
  3. 【光武帝の伝説の戦い】劉秀の評判がこんなにも高い秘密はここにあった!
  4. ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭をしていた!
  5. 後漢の人材難極まる!火薬庫涼州の刺史がボンクラ揃い
  6. そうか!曹叡が豹変したのは、孔明が死んだからではなかった!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙 はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計 十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵 郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人 孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察 【第四回 放置少女】伏龍参戦の新イベントと公孫瓚に挑んでくるぜ!! 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達

おすすめ記事

  1. 【ネオ三国志】第8話:新たな人材と張繡軍との再戦【蒼天航路】
  2. 孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう)
  3. 【ネオ三国志】第7話:皇帝に就任した袁術と荀彧の秘策【蒼天航路】
  4. 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀彧の遠孫
  5. 「はじめての三国志」のロゴが完成しました
  6. 世説新語の「荀巨伯のお見舞い」の友情話が熱い!
  7. 韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え自殺してしまった武将
  8. もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えてたの?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP