キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法

周瑜くやしい 呉

 

孔明(こうめい)に次々と自分の計略を見破られた周瑜(しゅうゆ)は、

合法的に孔明を葬ろうと作戦にかこつけて罪に陥れようとします。

 

ある時、周瑜は、水上戦で一番大事な武器は何か?と

いう質問を孔明にしました。

 

すると孔明は、「水上では矢が重要になりましょう、、」と答えます。

 

それを聴いた周瑜は内心喜び、孔明に相談を持ち掛けます。

 

周瑜:「仰しゃる通りですが、残念な事に呉軍には矢が足りません、、

なんとか、10万本の矢を10日間の間に孔明殿の力で調達

できないものでしょうか?」

 

大量生産が確立できていない当時、10日間で10万本の矢を

作るのは事実上不可能でした。

 

周瑜は、それを承知で無理難題を伝え、出来なかったら、

孔明を処罰するつもりだったのです。

 

しかし孔明は涼しい顔をします。

孔明:「それはお困りでしょう、、しかし10日間とは悠長な、、

戦いは明日にでも起きるかも知れないのですから、

3日間で矢を10万本用意しましょう」(ドヤ顔)

 

周瑜は驚きますが、平静を装い、

「これは有り難い、では3日間でお願い致します」と言います。

 

もちろん周瑜は、もし孔明が矢を造る為に人手を貸してくれと

言っても理由をつけて妨害するつもりです。

 

(ふっふ、、いかに孔明でも3日間で10万本の矢を得るのは無理だ、、

出来ない時は、責任を取らせてやるぞ)

 

前回記事:75話:周瑜の計略で曹操の水軍が弱体化

 

矢について心配になった魯粛が孔明に会いに行く

孔明と魯粛

 

魯粛(ろしゅく)は、心配して孔明に言います。

 

魯粛:「大丈夫なのですか?自分から条件を厳しくして、、

周都督は、出来なければあなたを処罰しますよ」

 

しかし、孔明は笑うばかりで、何も言いません。

 

こうして、一日目が過ぎ、二日目が過ぎました、、

この間、孔明は矢を得るような行動は何も起こしません。

 

3日目の夜に孔明が取った行動とは?

閉月美人

 

そして、期限の3日目の夜、、強い霧が掛かる日です。

 

孔明は、魯粛を誘ってこれから船を出そうと言います。

 

「矢も造れないのに、船を出してどうするのです!!」

魯粛は呆れ、半分怒って言いました。

 

「はっはっは、、大丈夫、これから矢を造りに行くのですよ」

 

孔明は、小舟を20隻用意すると、それに大量の藁人形を詰めて

いかにも夜襲をかけるように見せ掛けます。

 

そのまま、孔明と魯粛と僅かな兵力を乗せた船は、

曹操軍の陣営に向かっていきました。

 

(まさか、、周瑜に処罰される事を恐れて、このまま

曹操に降伏するつもりなのか、、)

 

魯粛はノコノコ着いて来たのを後悔しますが、

もうどうしようもありません。

 

曹操軍の陣営に近付くと孔明は、兵士に鬨(とき)の声を上げさせます。

 

「すわっ!敵襲か!!」

 

曹操軍は呉の夜襲と思い一斉射撃

三国志 月

 

曹操軍は、呉から夜襲を掛けにきたと思って、一斉に矢を射かけます。

矢は、次々と藁人形に突き刺さります。

 

「よし、船を反転させよ、、、」

 

孔明が指示した通りに船は反転し、矢が刺さっていない部分に

再び矢が突き刺さります。

 

「もう、良かろう、追撃軍が来る前に引き上げだ、、」

 

孔明の合図で兵達は、大きな声で叫びます。

 

「曹操(そうそう)様、沢山の矢を有難う御座います!!」

 

孔明は、大量の矢が刺さった船をお土産に悠々と呉に引き上げました。

 

呉に帰還する頃には、夜は白々と明けていました。

 

矢を調達して帰ってきた孔明

孔明 矢

 

20隻の船を調べると、一隻について8000本の矢が刺さっており、

10万本をゆうに超える矢が一夜で手に入ったのです。

 

「周瑜殿、これが材料も時間も使わずに矢を造る方法で御座います」

 

周瑜は、孔明の才知に感服し、とても敵わないと脱帽、、

孔明に対して師の礼を取ったそうです。

 

この話も三国志演義にしかない話ですが、創作とは言え、

とんちの利いた矢を得る方法は聞いていても小気味良く、

原作でも人気の高いエピソードとなっています。

 

耳で聞いて覚える三国志


次回記事:77話:老将黄蓋、身体を痛めつけて曹操を欺く

 

よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 大喬 乱世の女は強かった!女城主直虎以外の女傑を紹介
  2. 蜀の姜維 【孔明の戦術】戦いには旗が決め手!諸葛亮のフラッグフォーメーショ…
  3. 王異(おうい)ってどんな人?戦乱の中で数々の逸話を残してきた女性…
  4. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編
  5. 禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏
  6. 豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗…
  7. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方
  8. 実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  2. 曹叡

おすすめ記事

  1. 115話:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編
  2. 田畑政治の出身地はどこ?東京オリンピックのキーマンの出身地について 田畑政治 いだてん
  3. 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)
  4. 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第五回:荊州(けいしゅう)、揚州(ようしゅう)編
  5. 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具として生きることになった美女
  6. 張既(ちょうき)とはどんな人?反乱の多かった雍州・涼州の二州を見事に統治した名政治家

三國志雑学

  1. 玉璽
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 苛ついている曹操

おすすめ記事

三国ベースボール攻略3 蜀の謀臣2人が加入、転生もついに成功! 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4 策士・張飛 (ちょうひ)が繰り出す瞞天過海の計&暗渡陳倉計ってどんな計略? 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの? 荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた 阿斗は阿呆で胡亥は馬鹿?秦の二代目皇帝はとんでもないヤツだった!? 後悔する孫権 孫権老害!魏は曹叡の代で潰れるとドヤって大失敗 橋本左内の啓発録は将来の自分へ書いた「~手紙拝啓十五の君へ~」だった

おすすめ記事

  1. 簫何(しょうか)とはどんな人?内政なら私にお任せ!影で劉邦を支え続けた漢の三傑の一人
  2. 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる
  3. 劉備はなぜ死んでしまったの?その原因を徹底分析
  4. 【ネタバレ注意】キングダム543話 「主戦場」 レビュー&今後予想
  5. 呪い!?赤壁の戦いで魏軍を襲った疫病の正体とは?
  6. 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家
  7. 夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族
  8. 銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP