袁術祭り

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

75話:周瑜の計略で曹操の水軍が弱体化

この記事の所要時間: 212

曹操 船酔い

 

孫権(そんけん)が降伏を拒否したと知った曹操(そうそう)は、

元は劉表(りゅうひょう)の配下だった、蔡瑁(さいぼう)と

張允(ちょういん)に水軍の指揮を任せて緒戦三江口の戦いを行います。

 

しかし、曹操軍は、北方出身者が多く、船酔いと水上生活の不慣れで

疫病が発生していて、鍛えられた呉の水軍には対抗できず、

大敗北を喫してしまいました。

 

前回記事:74話:孔明に嫉妬する周瑜

 

曹操は水軍に訓練をさせる

曹操

 

曹操は、水軍の訓練不足を痛感して、海岸に要塞を築いて、

蔡瑁と張允に水軍の訓練を施します。

 

周瑜は、これを偵察するべく、小舟を曹操軍に接近させ、

音楽を奏でて要塞を偵察します。

 

曹操軍は、小舟が一艘である事と、音楽を奏でている事から

婚礼か船遊びの船だろうと気にも留めなかったと言います。

周瑜の見事な偽装工作で難なく偵察は成功しました。

 

周瑜は曹操軍に対して危機感を持つ

周瑜くやしい 呉

 

周瑜は、北方兵ばかりだと思っていた曹操軍が、要塞で

水軍を訓練し充実させている事に危機感を持ちます。

 

周瑜:「疫病はいつまでも蔓延するものではない、、

病気が治まれば曹操軍は中々手強くなるぞ、、

今の内に蔡瑁と張允を何とかせねば、、」

 

ちょうど、その頃、曹操の密命を受けて、

蒋幹(しょうかん)という男が周瑜を訪ねてきます。

 

二人は幼馴染みなので、曹操はそれを利用して

周瑜に降伏を進めようという企みがあったのです。

 

周瑜は蒋幹がスパイだと瞬時に理解する

現実主義曹操

 

周瑜は、蒋幹が曹操のスパイだと見抜きますが、

素知らぬ顔をして、これを迎え入れました。

 

蒋幹は、周瑜に曹操への降伏を説こうとしますが、

周瑜に出鼻を挫かれてしまい、それを言い出せないまま

連日の宴会攻めにあってしまいます。

 

周瑜:(ふっふっふ、、曹操め、、良い時に蒋幹を寄こしてくれたものだ

精々、利用させてもらうぞ、、)

 

周瑜は、蒋幹を大親友のように扱い、自分のテントで

寝食を共にしようと強引に持ち掛け蒋幹は周瑜のテントで

眠る羽目になります。

 

夜中に行動する蒋幹

三国志 月

 

蒋幹は夜中に目を覚まし、テントの中を調べていると

周瑜の机の上に蔡瑁と張允に宛てた手紙を見つけます。

 

もちろん、全て周瑜の計算ずくですが、蒋幹は知りません。

 

「曹操は、すでに天下を握ったつもりのようだが、、はっは、、

おめでたい馬鹿だ、、自軍の水軍の指揮を執る蔡瑁殿と張允殿が、

すでに呉に降り、内部で反乱を企んでいるとも知らぬ」

 

蒋幹は手紙の内容に驚き、周瑜が起きる前に手紙を奪うと急いで

曹操の元に届けたのです。

 

案の定、曹操はマジギレ

キレる曹操2

 

それを見た曹操は激怒して、蔡瑁と張允を呼び付けます。

 

身に覚えがない蔡瑁と張允は怯えた様子で

「これは周瑜の計略であり、水軍の扱いを知る我々を排除しようという意図です」

と曹操に必死に弁明します。

 

ところが曹操は聞く耳を持たず、二人を処刑してしまうのです。

水軍の要である二人が死んだ事で曹操軍の水軍の力は大きく低下しました。

 

それを聴いた周瑜は策略が的中した事を知り、鼻高々でした。

周瑜:「よもや、この計略は孔明でも気づくまい」

しかし、心配になったので魯粛(ろしゅく)を使って

孔明(こうめい)に探りを入れます。

 

すると孔明は、周瑜には内緒に願いますと前置きした上で、

「周瑜殿は、蒋幹を使った計略が成功して蔡瑁と張允を排除でき

さぞかし喜んでいるでしょうね、」と魯粛に答えます。

 

魯粛は孔明の知略に恐怖を感じ、周瑜もまた孔明を恐れたと

言われています。

 

実際の史実ではどうだったの?

三国志 ヒカリ

 

ただ、この話は演義にだけ登場するエピソードで、

実際の蔡瑁は、処刑される事もなく魏で高位高官に昇進します。

張允に至っては、曹操が荊州を併合した後は出ても来ないので、

赤壁の戦いに参加した事実もありません。

 

耳で聞いて覚える三国志

 

次回記事:76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法

 

よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまる…
  2. 【捜神記】火星にときめいた人向け!1800年前の三国志時代にも肉…
  3. 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ
  4. 王翦はどういう性格だったの?キングダムに学ぶつかみづらい男の処世…
  5. 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超…
  6. 「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  7. 太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何?…
  8. 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで)

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた
  2. 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁
  3. 陶謙はどうして劉備を後継者にしたの?三国志の素朴な疑問に答える
  4. 【真田丸特集】劉備に忠誠を誓った趙雲と豊臣家に忠義を尽くした・毛利勝永との共通点を探れ!
  5. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第12部
  6. 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍? 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】 キングダムの時代に開花した法家の思想 十常侍ってなんぞや? 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの? 周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣 これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ!

おすすめ記事

  1. 髀肉の嘆(ひにくのたん)って何?劉備が嘆いた言葉とは?
  2. 【ファン必見】2016年スーパーエリート袁術君の活躍まとめ26選
  3. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算
  4. 文聘(ぶんぺい)のリアル三國無双!五虎大将軍の関羽を倒し呉王・孫権には空城の計を使っちゃう!
  5. 見た目で比較してもいいですか?曹操とナポレオン
  6. 【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった?
  7. 本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?
  8. 【衝撃の事実】死せる孔明、生ける仲達を走らせるは司馬懿の芝居だった!?英雄の波瀾万丈な人生に迫る!

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP