曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の基礎知識

112話:怒れる劉備は70万の大軍で呉を攻める

この記事の所要時間: 215

劉備 関羽途方 ぶち切れ

 

関羽(かんう)ばかりか、張飛(ちょうひ)まで失った劉備(りゅうび)は、

もう躊躇する事はありません。軍を興す号令を発して70万という大軍を集めました。

 

その中には、父の弔い合戦とばかりに、関羽の息子、関興(かんこう)と

張飛の息子張苞(ちょうほう)も含まれていました。

 

前回記事:111話:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める

 

張飛の首を呉に、降伏してきた二人に孫権は慌てる

遅れて来た孫権 英雄

 

一方、張飛を討った、張達(ちょうたつ)と范彊(はんきょう)は、

首を持って呉に降伏してきました。それを知った孫権(そんけん)は慌てます。

 

「まずい事をしてくれた、これでは劉備は、余が張飛の首まで

討たせたと思うに違いない、誤解を解かねばならぬ」

 

すでに、70万の大軍が呉に向かうと聞いた孫権は狼狽して、

諸葛瑾(しょかつきん)を使者にして、蜀に派遣します。

 

いくら怒っている劉備でも孔明の兄なら殺しはするまいという判断です。

 

諸葛瑾劉備の説得を試みるが…

劉備 危機一髪

 

諸葛瑾は、流石に孔明の兄だけあり、怯えた様子も見せず、

蜀に向かうと、劉備に謁見しました。

 

劉備の顔には怒りがありありと浮かんでいますが、孔明の兄である

諸葛瑾の来訪でもあり、怒りを堪えています。

 

呂蒙(りょもう)将軍は、呉候の命令を無視し、

勝手に兵を動かし、関将軍を斬ってしまいました。

呉候は、その事を大変に悔やんでおります。

 

しかし、今や、その呂蒙も病で亡くなりました。

勝手な事をしたのですから当然の報いというべきでしょう。

ですから、過去の事は水に流し、いたずらに呉を敵視せず

逆賊曹丕(そうひ)を討つ為に我らは再び手を結ぶべきではありませんか」

 

劉備は、黙って聞いていましたが、顔から怒りが消える事はありません。

 

 

「我が弟、関羽の仇討ちは、すべてに優先する・・

他の人間なら、この場で首をねじ切ってやる所だが、

そなたは丞相の兄、命だけは助けてやろう。

帰って孫権に伝えるがよい、首を洗って待っていろとな!!」

 

諸葛瑾は、再度、考え直すように促しますが、

劉備は、もう引っ込んでしまい出てきませんでした。

 

(大変な事になった・・もう引き返せまい)

 

諸葛瑾は、呉に帰り、劉備の言った一部始終を孫権に話します。

 

孫権は魏と組んで蜀に対抗しようとするが…

曹丕皇帝

 

孫権は、大きくうろたえて、今度は魏と組んで、蜀に対抗しようとしました。

 

曹丕は、孫権の手紙を受け取り、共同戦線を承諾しますが、

結局、兵力は出さずに事態を見守る構えを取ります。

 

当然でしょう、どっちかが倒れてから、兵を出して、

その領土を取り込んだ方が、得だからです。

 

孫権は止むなく、呉一国で蜀を迎え撃つ準備をします。

 

 

この蜀と呉が激突した夷陵の戦いは、長い間

呉と蜀の間に拭えない感情的なしこりを残す事になります。

そして、ここが、蜀帝、劉備の最期の戦場にもなるのです。

 

 

今日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

次回記事:113話:老将・黄忠死す、次々と天に還る五虎将軍

 

よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 23話:二人の英雄を破滅に追いやる魔性の玉璽
  2. 【素朴な疑問】戦争に敗れると将軍には、どんな罰が待っていたの?
  3. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.7
  4. ええっ?蒙驁(もうごう)将軍は史実では秦の六大将軍に並ぶ超名将だ…
  5. 袁術は反董卓連合軍の解散後どこで何をしていたの?
  6. 反董卓連合軍に参加したのは、誰と誰なの?【素朴な質問】
  7. たかぎ七彦困惑?アンゴルモア元寇合戦記をガチネタバレ予想!
  8. 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 刑顒(けいぎょう)とはどんな人?三国志時代の曹植家に仕えていた執事
  2. 【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR)
  3. 【呉の猛将・太史慈】相手の隙をついて包囲網を突破:意外と知らない彼の知略エピソード
  4. 【衝撃の事実】劉備と同郷の簡雍(かんよう)がいなければ三国志がなかったかも!?
  5. 黥布(げいふ)とはどんな人?中国初!?顔に入れ墨を入れ歴史に名を刻んだ王
  6. マンガ『キングダム』に学ぶ、本心を隠し部下の本音を探れ

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

周舒(しゅうじょ)とはどんな人?預言書に記されていた「漢に代わる者は当塗高」の見解を示した蜀の学者達 これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!? 【それは偏見!】偏ってしまった英雄曹操の実像 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第17部 128話:諸葛亮孔明、ついに五丈原に堕つ・・ 三国志の時代にも暗号があった!陰書と陰符 【ビジネス三国志】みんな真似で天下を取った!群雄に学ぶ生き残り戦術 劉焉(りゅうえん)は何でド田舎の益州を選んだの?ちゃっかり独立を企んでいた?

おすすめ記事

  1. 袁術の側室・馮氏(ふうし)の憐れな偽装死にも気づかなかった鈍感・袁術エピソード
  2. 島津斉興の家系図はどこに繋がる?鎌倉から幕末までを網羅
  3. 【袁術の戦いを振り返る】徐州・豫州の戦いには人間ドラマが盛り沢山
  4. 【記事の見落としゼロ】はじ三配信スケジュールサービス開始
  5. 乱世の女は強かった!女城主直虎以外の女傑を紹介
  6. 張悌(ちょうてい)とはどんな人?呉の滅亡に殉じ、壮烈な死を果たす最後の宰相
  7. 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗
  8. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第12部

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP