三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の基礎知識

114話:蜀キラー陸遜、劉備を打ち破るための不気味な沈黙

この記事の所要時間: 224

黄忠

 

五虎将軍の一人、黄忠(こうちゅう)を失った劉備(りゅうび)は、

自ら先陣に立つ事を決意します。

馬良(ばりょう)や、黄権(こうけん)は、「危険すぎる」として

これを止めますが劉備は聞きませんでした。

 

前回記事:113話:老将・黄忠死す、次々と天に還る五虎将軍

孫権は張達と范彊劉備軍に送り返す

孫権と三国アヒル

 

一方、呉の孫権(そんけん)は、自軍の旗色が悪いので、先に呉に投降していた

張達(ちょうたつ)と范彊(はんきょう)を劉備の下へ送り返します。

 

「この通り、張飛(ちょうひ)将軍を斬った二名は、お戻し致します。

どうか、この辺りで軍を引いて下さい」

 

いわば、呉からの詫び入れですが、劉備は聞く耳を持ちませんでした。

 

哀れ、范彊と張達は、折角生き延びたのに蜀軍の手により斬首されます。

 

さて、いかに劉備軍の怒りの猛攻があるとはいえ、

呉軍の動きが鈍いのには別の理由がありました。

 

関連記事:あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬

関連記事:ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期

関連記事:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める

 

呉軍の動きが鈍い原因は陸遜だった

陸遜

それは、呉の守備軍を率いる陸遜(りくそん)が原因でした。

 

陸遜は、荊州において関羽(かんう)を討ち取るのに功績があったので

孫権に気に入られ、死去した呂蒙(りょもう)の後を継いで大都督になっていました。

 

そして、劉備が関羽の仇討ちと荊州奪還を狙って呉に攻めてきた時の、

防衛軍の総大将を担当していたのです。

 

が、、陸遜は、名門の生まれではあっても、功績が認められたのは最近、

保守的な呉の重臣は皆、陸遜を軽んじていました。

 

関連記事:100年に1人の逸材|陸遜(りくそん)の生涯をたどる

関連記事:陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

関連記事:病気の呂蒙を穴から見守る孫権

 

陸遜が率いている軍団はベテラン揃い

孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰) 

 

陸遜が率いた武将達は、朱然、(しゅぜん)潘璋(はんしょう)、宋謙(そうけん)、

韓当(かんとう)徐盛(じょせい)、鮮于丹(せんうたん)、孫桓(そんかん)

というような、ベテランや孫権の血族であり、皆、プライドが高いのです。

 

陸遜

 

この間まで、ぺーぺーだった陸遜に服さないのは当たり前でした。

陸遜は止むなく、孫権から預かった剣と印授を見せて、

「私の命令は、殿の命令と心得よ!!」と脅すような事をして、

部下を統制するような有様でした。

 

関連記事:沢山の人材を発掘した呉の孫権

関連記事:遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは?

 

士気の高い劉備軍は次々と呉軍を突破

劉備 危機一髪

 

一方で劉備は、先頭を切って、荊州の領内深く、攻めこんでいきます。

何十年という劉備の戦歴の中でも、この戦い程に順調な戦いはありません。

当たる敵、当たる敵は、皆少数で、蜀軍の攻撃に耐えきれず、

次々に、敗北していきます。

 

「なんと、手応えのない、呉将、陸遜は余程の腰抜けなのか」

 

劉備は、ぶつかっては砕け散っていく呉軍を見て、不思議がりました。

 

もちろん、呉には、強硬意見もありました。

「大都督!いつまでも、兵力を小出しにしないで、大兵力を結集して、

一息に打ち破りましょうぞ!!」

 

どんどん、荊州の領土深くに入り込んでくる蜀軍に呉の武将達は、

地団駄を踏んで悔しがります。

 

反撃を許可しない陸遜、その理由とは?

 

「まあ、待て、私には計略がある、、今は動いてはならない」

 

どれだけ武将達に、つきあげられても、陸遜は総攻撃を許可しません。

 

蜀軍の猛攻は続き、呉の陸遜は撤退を重ねていきます。

劉備は、長江を船で渡って、呉の領地に入り込みました。

 

「もう、駄目だ、陸遜は臆病者だ、、これで呉は滅ぶ!」

 

呉の将軍達は絶望して陸遜を見限るものまで出ました。

 

しかし、この撤退作戦こそ、陸遜の計略だったのです。

 

次回記事:115話:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編

 

よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 三国時代の税金の種類と分類をわかりやすく解説!税制がわかると三国…
  2. 【日本人と三国志の出会い】奈良時代に董卓だとdisられていた人が…
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第12部
  4. 52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長
  5. 黄巾賊の組織体制はどうなっていたの?太平道を布教させた宗教団体を…
  6. 三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる…
  7. 西郷隆盛は大家族!幕末ビッグダディを解説
  8. 司馬尚(しばしょう)とはどんな人?趙の新三大天でもある最期の一人…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志編集長 kawauso
  2. 痛い目にあう孫権
  3. 結婚を喜ぶ孫策

おすすめ記事

  1. 劉備と劉邦
  2. 【新企画】「袁術の成長」を通じて貴方も前向きな思考を身につけよう
  3. 漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!
  4. 【はじめての孫子】第4回:兵は勝つことを貴ぶ。久しきを貴ばず
  5. 正史の張郃(ちょうこう)ってどんな人?劉備や孔明も恐れた魏の猛将
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第33話「嫌われ政次の一生」の見どころをご紹介

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

兄弟はやっぱり家族?それとも他人?『三国志』兄弟列伝 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの? キングダム 526話 ネタバレ予想:馬南慈の気概 【人生相談・お悩み募集】あなたの悩みをズバッと解決 劉曄(りゅうよう)の進言に従っていれば魏の曹丕が天下統一をしていた? 三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの? 黄月英(黄夫人)ってどんな女性だったの?孔明の妻を紹介 【呉の艦コレ】賀斉と呂範の軍艦デコレーションが凄い

おすすめ記事

  1. 【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!? 曹叡
  2. 姜維の北伐失敗と蜀の衰退
  3. 島津家久(しまづいえひさ)とはどんな人?最大の戦果を挙げ続けた島津四兄弟の闘将
  4. 夏侯淵が滅ぼした宋建は韓遂を上回る長生き群雄だった
  5. 孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説
  6. 【第5回 幻想少女】ついに董卓との決戦!みんな大好き・袁術様も登場だ!!
  7. 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの? 残忍な曹丕
  8. 黄巾賊の組織体制はどうなっていたの?太平道を布教させた宗教団体をミエルカしてみるよ

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP