広告

曹操くんポカーン。こやつ何を言ってるんじゃ?古代中国の方言から現代中国の方言まで徹底解説!

2016年2月6日


 

朝まで三国志 曹操

 

三国志』はもちろん、歴史の記録や物語では人と人が普通に会話をしています。

しかしふと考えてみると謎があります。

彼らは一体何語で話しているのでしょうか?

すべて漢字で書かれているだけになかなか意識されないのが、この言語の問題。

今回はその言語について紹介してみます。

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



中国語にも様々な種類がある

 

まず現代の話からしましょう。

一言で「中国語」と言っても、その種類には様々あることをご存知でしょうか。

一般的に知られる中国語は北京の言葉、すなわち北京語です。

現在は「普通語」として標準化されていますが、元々は方言の一つでした。

日本の方言と違って、基本的にお互いに意思疎通が出来ない

キングダムと三国志

 

 

 

広大な土地を持つ中国では実に多くの方言が存在します。

これらは漢語方言と総称されており、広東語、上海語、台湾語、客家語あたりが有名です。

これら中国の方言は、日本の方言と違って、基本的にお互いに意思疎通ができません。

いうなればアイヌ語と琉球語ほどにもかけ離れているからです。

更には「広東語」「上海語」と一括りにしていても、エリアによってまた少しずつ発音が変わり、

同じ方言のはずなのに通じないということもあるようです。

 

関連記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

関連記事:【三国志マナー】あなたは大丈夫?間違うと首が飛びかねない!?三国時代のマナーを紹介!

関連記事:三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった?

 

 

文字・文法・発音には共通性がある

趙雲と毛利勝永

 

 

しかし文(漢字)・文法・発音に共通性があるので、全くの赤の他人でもなく、遠い親戚くらいの繋がりがあります。

実は現代の漢語方言の多くは古い中国語で、先ほど例に挙げた有名方言は唐代あたりの発音を残していると言われています。

それゆえ、たとえば台湾語・客家語のバイリンガルの中には、広東語や上海語も聞いていると何となく意味が分かるという人もいます。

こうした地方ごとの言葉の違いは古代から存在していました。

 

関連記事:なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由

関連記事:三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる!

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

 

 

地理的な障害や人為的な制限によって言葉は独自に進化する

世界 曹操

 

そもそも交流があるエリア同士であれば、コミュニケーションも頻繁なので自然と言語が共通するものですが、

山や川といった地理的な障害や、国境や関所といった人為的な制限によって人の接触が阻まれると、

言葉は隔てられたエリアごとに独自に進化します。

 

関連記事:世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

関連記事:中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン諸島などを紹介

 

 

江戸時代の各地の方言と始皇帝の天下統一

始皇帝

 

日本では江戸時代に藩が置かれるようになってから各地の方言が形成され現代に至ったことが知られています。

一方中国では秦の始皇帝が天下を統一するまでは国がバラバラに分かれていましたし、交通が分断された地域も多くありました。

始皇帝が文字の統一を国家事業として行ったのも、全国共通の意思伝達ツールが必要だったこともあるのでしょう。

話す言葉は違っても、書く文字が同じなら、ひとまず意思は伝わるというわけです。

 

関連記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

関連記事:始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた

 

 

 

方言は2000年前から存在していた

朝まで三国志

 

ところでこの方言という単語ですが、約 2000 年前からすでに登場していました。

中国で最初の方言辞典はその名もまさしく『輶軒使者絶代語訳別国方言』、略して『方言』です。

遅くとも後漢代には作成されていたもので、作者は前漢の揚雄(ようゆう)とされています。

 

どうやって方言辞典は作られたの?

不老不死 始皇帝

 

中央と地方の言葉の違いを語彙ごとに地域別表記した字引きで、都に来る地方出身者達から情報収集したものといわれます。

ただ少数民族や周辺諸国の言語はほとんど収録されていないので、 あくまで漢民族を対象にしたもののようです。

「方言」は他に「異言」という言い方もされていますが、一方、対義語となる標準語や共通語、

公用語は「雅言」「通語」「官話」等と言いました。

 

雅言って何?

李斯 ネズミ

 

 

「雅言」というと何やら京言葉っぽいですが、ここの「雅」は「みやび」ではなく「標準」 という意味です。

『論語』に出てくるので、恐らく春秋戦国時代あたりには共通語をそう呼んでいたのでしょう。

「通語」は『方言』内に見られますので、漢代にはこう言ったのでしょう。

「官話」は比較的新しい言い方で、近現代に使われていました。

「官」の「話」、つまり公用語です。

その時々の政治の中心となった地域の言葉(方言)が官話となったので、各地に「○○官話」が残っていますが、

現代では官話も方言のくくりの一つになっています。

 

 

現代の北京語は何て呼ばれてたの?

 

 

ちなみに現代の北京語はかつて「北京官話」と呼ばれていました。

たとえば現代の国際機関で働く人が英語なりフランス語が必須なように、上級の公務員として

仕官する人は当時の中央官庁規準の標準語・公用語をマスターした教養人であったと思います。

しかしそうではない場合はどのようにしてコミュニケーションをとったのでしょう。

 

 

通訳者の存在

李斯

 

そこで登場するのが通訳者です。 通訳・翻訳は「訳」とか「九訳」などと言いました。

動詞は「重(九)訳」です。

『後漢書』 によると「九訳」は「九重訳語」の略で、現代日本語の「重訳」に近いニュアンスです。

彼ら「訳」は『礼記』『史記』『漢書』『三国志』など色々な書物に登場していますが、大体 は匈奴や西域、朝鮮、日本といった周辺諸国の使者が中華の朝廷に表敬訪問する際や、逆に朝廷の使者が辺境に派遣される際についたようです。

『漢書』の注釈には「遠い国から使者が来ると、九訳を介して会話した」とあります。

また同じ『漢書』の西域伝には「訳長」、 百官公卿表という官職リストには「訳官」という職名が載っています。

主だった人は当時の公用語で会話していたでしょうが、お国訛りとかあったのでしょうか。

たとえば「ワイは曹操や」「オラ劉備だべ」「オイどんは孫権でごわす」・・・・・・

と登場人物のセリフを脳内で置き換えてみると、また違った面白さが味わえることでしょう。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

楽凡

HN: 楽凡 自己紹介: 歴史専攻は昔の話、今は漢文で妄想するのが得意なただのOLです。 何か一言: タイムマシンが欲しいけど発明されたくない葛藤。

-三国志の雑学
-,