曹操くんポカーン。こやつ何を言ってるんじゃ?古代中国の方言から現代中国の方言まで徹底解説!




朝まで三国志 曹操

 

三国志』はもちろん、歴史の記録や物語では人と人が普通に会話をしています。

しかしふと考えてみると謎があります。

彼らは一体何語で話しているのでしょうか?

すべて漢字で書かれているだけになかなか意識されないのが、この言語の問題。

今回はその言語について紹介してみます。



中国語にも様々な種類がある

photo credit: China’s Red Beacon via photopin (license)

 

まず現代の話からしましょう。

一言で「中国語」と言っても、その種類には様々あることをご存知でしょうか。

一般的に知られる中国語は北京の言葉、すなわち北京語です。

現在は「普通語」として標準化されていますが、元々は方言の一つでした。



日本の方言と違って、基本的にお互いに意思疎通が出来ない

キングダムと三国志

 

広大な土地を持つ中国では実に多くの方言が存在します。

これらは漢語方言と総称されており、広東語、上海語、台湾語、客家語あたりが有名です。

これら中国の方言は、日本の方言と違って、基本的にお互いに意思疎通ができません。

いうなればアイヌ語と琉球語ほどにもかけ離れているからです。

更には「広東語」「上海語」と一括りにしていても、エリアによってまた少しずつ発音が変わり、

同じ方言のはずなのに通じないということもあるようです。

 

関連記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

関連記事:【三国志マナー】あなたは大丈夫?間違うと首が飛びかねない!?三国時代のマナーを紹介!

関連記事:三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった?

 

文字・文法・発音には共通性がある

趙雲と毛利勝永

 

しかし文字(漢字)・文法・発音に共通性があるので、全くの赤の他人でもなく、遠い親戚くらいの繋がりがあります。

実は現代の漢語方言の多くは古い中国語で、先ほど例に挙げた有名方言は唐代あたりの発音を残していると言われています。

それゆえ、たとえば台湾語・客家語のバイリンガルの中には、広東語や上海語も聞いていると何となく意味が分かるという人もいます。

こうした地方ごとの言葉の違いは古代から存在していました。

 

関連記事:なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由

関連記事:三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる!

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

 

地理的な障害や人為的な制限によって言葉は独自に進化する

世界 曹操

 

そもそも交流があるエリア同士であれば、コミュニケーションも頻繁なので自然と言語が共通するものですが、

山や川といった地理的な障害や、国境や関所といった人為的な制限によって人の接触が阻まれると、

言葉は隔てられたエリアごとに独自に進化します。

 

関連記事:世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

関連記事:中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン諸島などを紹介

 

江戸時代の各地の方言と始皇帝の天下統一

始皇帝

 

日本では江戸時代に藩が置かれるようになってから各地の方言が形成され現代に至ったことが知られています。

一方中国では秦の始皇帝が天下を統一するまでは国がバラバラに分かれていましたし、交通が分断された地域も多くありました。

始皇帝が文字の統一を国家事業として行ったのも、全国共通の意思伝達ツールが必要だったこともあるのでしょう。

話す言葉は違っても、書く文字が同じなら、ひとまず意思は伝わるというわけです。

 

関連記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

関連記事:始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた

関連記事:始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?

関連記事:始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?

 

【次のページに続きます】



次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 藏覇(臧覇)と孫権
  2. 劉禅に気に入られる黄皓
  3. ブチ切れる曹操
  4. 韓非
  5. 黄月英
  6. 曹丕

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP