よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

コネ男・劉備から学ぶ人脈作り!コネクションの活かし方をコッソリ教えちゃいます!【ビジネス三国志】

劉備

 

日本においては、コネには悪いイメージがつきがちです。

癒着とか、慣れ合いとか、およそ、明るいイメージがありません。

しかし、本来コネとはコネクションの意味であり、

仕事をやりやすくする為の円滑な人間関係づくりの事なのです。

さて、三国志において、コネで運を掴んだ男に劉備玄徳がいます。

現在でも通用する劉備のコネの活かし方を紹介しましょう。

 

劉備は単純に遊び呆けていたのではない?

公孫攅と劉備

 

劉備(りゅうび)と言えば、故郷の先輩、盧植(ろしょく)に師事しながら

幽霊学生と化し遊びに興じて、ろくに勉強もせずに狗や馬、音楽に

美々しい服を着て遊興し、後の群雄・公孫瓚(こうそんさん)などと

親しく交わったと史書にはあります。

 

ちょっと見ると、どうしようもない遊び人に見えますが、

本当にそうなのか?を考えると疑問符がつきます。

 

狗や馬や音楽は当時の社交の場だった

若かりし劉備 チャライ★

 

狗とは闘犬の事で、馬は馬車レース、

音楽は今でいう企業の様々なイベントというのが正確かも知れません。

そこは、賭け事の場でしたが、同時にアウトローや各界の名士が集まる

社交場でもあったのです。

 

劉備でなくとも、袁術(えんじゅつ)にしろ、袁紹(えんしょう)にしろ、

曹操(そうそう)にしろ、若い頃は素行を治めずに、このような娯楽場に

入り浸ったという表記がされますが、

そこは、同時に社交場だったという事も見逃せません。

 

袁紹などは、仕官の話があっても辞退して、将来の宦官皆殺すマン

備えて、壮士を雇っていたという記録がありますが、

そのような命知らずの鉄砲玉も、闘犬場や馬車レース場では、

手に入れる事が出来たようです。

 

劉備は学生の分際で、美々しい服を着て、そんな場所に出入りして、

腰低く、身分の違いを気にしないで、交友を求めていますから、

単純に遊んでいたのではなく、広く幽州の人士に名前を売っていたのです。

 

関連記事:【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。クソ漏らし家康と死んだふりの劉備

関連記事:もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去

関連記事:孔明はニートなのに、どうして劉備が飛び付いたの?ーー誰も教えてくれないキャリアアドバイス

関連記事:え?劉備は意外にも経済に明るい人物だった?孔明の北伐が継続できたのは劉備のおかげ!?

 

劉備の行動は、有名人のセミナーに顔を出しているようなモノ

三国志大学 劉備

 

劉備の行動は今でいえば、有名人が主催するセミナーに、

積極的に出て、名刺交換をするのと同じです。

そのセミナーが本当に為になるかより、そこにどんな人が集まるか?

というのが、セミナーを活用する人の関心事なのです。

注意深く見ていれば、そこかしこで名刺交換と、

挨拶が繰り広げられている事に気がつくと思います。

 

実際に、個人事業主の場合には、仕事を斡旋してくれるのが、

そういうセミナーに参加して培った人脈だったりもします。

一見、高い参加料を払うセミナーに参加する人が多いのは

実際には、そういう理由なのです。

 

パトロンを得て、傭兵団長になった事が劉備の人生を決める

朝まで三国志 劉備

 

劉備は、このような顔の売り込みの結果、

商人の張世平(ちょうせいへい)、蘇双(そそう)に気に入られ、

千金という大金を融資されます。

劉備は、この金で自分を慕ってついてきた少年を集めて、

最初の傭兵集団を作り上げる事に成功します。

TEAM劉備の旗揚げの瞬間です。

 

劉備 桃園

 

折りは、黄巾賊が挙兵して、天下が騒乱状態の時期で、

この時のお金で、劉備は、初期メンバー、簡擁(かんよう)や

孫乾(そんかん)、そして張飛(ちょうひ)関羽(かんう)

雇いいれたのでしょう。

 

こうして、劉備は校尉鄒靖(すうせい)の黄巾賊討伐に

義勇兵の団長として参加してなんらかの(?)手柄を立てて、

安喜県尉(あんき・けんい)に任命されます。

 

今でいえば、あちこちの社交場に顔を出して、個人的に親しくなった

投資家の家に遊びに行き、ベンチャーの立ち上げをするので、

融資をお願いしたいと説いて回るのに似ています。

 

ここまで漕ぎつけるには、何件のパトロンを巡ったか分かりませんが、

この時に自前の傭兵団を作り上げた事は、後の劉備の運命を、

大きく変えていきます。

 

ヒラの兵士ではなく、最初から小なりとは言え、

傭兵団の長ですから官軍の扱いが違ったのです。

 

関連記事:蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!?

関連記事:実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

関連記事:そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)

関連記事:これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行

 

上司をシバいた罪を帳消しにする劉備のコネ活用法!

劉備 黒歴史

 

めぼしい手柄をあげて、安喜県尉(村の警察署長)になった劉備ですが、

ここに、皇帝から派遣されたリストラ勧告の専門職である督郵が来ます。

劉備はご機嫌を伺いに行きますが、すでに督郵は劉備をリストラすると

決めていたので、会おうともしませんでした。

 

督郵が自分をクビにするつもりだと知った劉備は逆上して、

職権を濫用し、偽命令で督郵を逮捕して縛り、杖で叩いて逃亡します。

 

上司を偽命令で逮捕した上に杖でシバくという、

本来なら、お役人としては、ここで人生が詰むどころか、

逮捕されて刑務所送りの重罪ですが、

ここから劉備のコネパワーがさく裂します。

 

大将軍、何進(かしん)の命令で黄巾賊討伐にやってきた

都尉の毌丘毅(かんきゅうき)が丹陽にやってくると、

劉備は、何らかのコネがあったのか、毌丘毅と共に、

徐州の下邳に移動して、黄巾賊に遭遇しこれを撃破して、

下密(かみつ)県の丞(県令の補佐)になっています。

 

毌丘毅という人物は、蜀書、先主伝のこの部分にしか登場しないので

どういう人物か分からないのですが、恐らく、以前に、黄巾賊討伐に

参加した劉備と面識があったのでしょう。

 

朝まで三国志 劉備

 

「実は、督郵をシバいてしもうて、行くところが無いんですわ

どうか、将軍、わてを使ってもらえんでしょか?」

 

「なに?しょうがない奴じゃな、、よし分かった、わしと共に、

黄巾賊討伐に加わって手柄を立てよ、そしたら、上役に上手く言って

また、役人として使ってやるから」

 

おそらく、このようなやり取りがあり、劉備は刑務所送りを

免れ、逆に役人として返り咲きます。

これも、ぬかりなく、色々な人に面通しをしていた劉備ならではの、

逆境克服術だと言えるでしょう。

 

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 天に頭はあるの?プライド賭けたトンチ合戦の勝敗は
  2. 光武帝はとんでもないスピリチュアマニアだった!?劉秀の意外な一面…
  3. 正史三国志と三国志演義の張遼はどこまで違う?張遼の最強称号を斬る…
  4. どうして武士は切腹するの?実は簡単に死ねない超痛い自殺の真実
  5. 【笑林】上申書をコピペしてクビになった役人の話
  6. 三国志の結婚事情、不公平?女は早く嫁がないと罰金があった
  7. ジョン万次郎とはどんな人?誰よりも早く明治を予言した男
  8. 四部分類って何?中国で醸成された目録学をご紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 正史三国志魏書での最強武将TOP3は呂布・張遼・曹仁じゃない?
  2. 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】
  3. 郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】
  4. 顔良と文醜は三国志の中でも可哀想な武将だった!その理由とは?
  5. 大久保利通の名言・格言の意味、座右の銘を紹介 大久保利通 幕末
  6. 井伊直弼が暗殺されたのは何故?暗殺へのステップを解説

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

若き日の曹操の優れた危機察知能力と後漢王朝への忠義心 キングダム586話合併号SP不謹慎!王賁死す当時のリアルな葬式は? 陳矯(ちんきょう)とはどんな人?忠誠心と優れた決断力を持っていた魏の文官 和宮とはどんな人結構頑固で家茂ラブな皇女 【はじめてのスキッパーキ】どうして?スキッパーキのしっぽ(断尾)の話【第3話】 歴史書によく出てくる「尚書」って何?女の尚書もいた!? 劉備とサンタクロース サンタクロースにホコリ!?中国にもクリスマス・年末年始はあるの? kawauso編集長のぼやきVol.2「サービス精神」

おすすめ記事

  1. 127話:迫る第四次北伐と蜀の抱える二つの問題点
  2. 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志 126話〜134話を追加配信しました。
  3. 【西郷どん】さらば斉彬!幻の上洛計画に迫る
  4. オトコ漫画が読みたいヤツ集まれ!キングダムを超える戦国群像劇「義風堂々」
  5. 趙雲は何で新参者の馬超や黄忠や魏延よりも位が低いの?
  6. 「垂沙の戦い」がきっかけで孟嘗君は天下に実力を認めさせた!
  7. 三国志 Three Kingdomsの孫権が陰険すぎる!
  8. 【明智光秀と妻木煕子】光秀を瀕死から救った看病物語

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP