三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

はじめての蜀

郤正(げきせい)とはどんな人?蜀のポンコツ皇帝を支えた文学者

photo credit: けんたま/KENTAMA Untitled via photopin (license)
この記事の所要時間: 648




photo credit: けんたま/KENTAMA Untitled via photopin (license)

photo credit: けんたま/KENTAMA Untitled via photopin (license)

 

三国志ではあまり知られていないマイナーな武将が数多く存在します。

今回紹介する蜀の文学者として知られていた郤正(げきせい)もその一人です。

彼は蜀に仕えてからは宮廷に仕えて政権に参与することになるのですが、

彼が活躍したのは蜀が滅んだ後のことでした。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




父は魏に降って離れ離れになる

 

郤正は元々蜀の人間ではなく、祖父が益州の刺史であったことがきっかけで益州にやってきます。

しかし祖父は悪いことをして捕まってしまいます。

その後父は蜀に入ってきた劉備に仕え孟達(もうたつ)の部下として活躍していましたが、

彼は関羽の死後魏に下ってしまいます。

父も孟達と共に魏に降り、そのまま魏に残ってしまいました。

そして母は新しい旦那を受け入れ郤正もともに生活しておりましたが、

父と何かにつけて喧嘩を繰り広げてしまうことが原因で、家を飛び出して一人暮らしを始めます。




学問に打ち込む毎日

 

郤正は一人暮らしを始めると父が残した書物を全て自分の家に持ってきて、学問に身を入れます。

彼は来る日も来る日も学問に励み20歳を過ぎた頃に蜀の宮廷からお呼びがかかって、

仕えることになります。

宮廷に仕えることになった後も仕事が終わると同僚と酒を飲みに行くのではなく、

まっすぐに家に帰ってきて勉学に勤しみます。

彼が最も力を入れて学んでいたのは文学で、

前漢の文学者としてその名を轟かせた司馬相如(しばそうじょ)や

後漢の大文学者である蔡邕(さいよう)などの優れた文学者の文章を読んで、

独学で勉学に励んでいきます。

 

勉学気狂いであったことが幸い

 

郤正は宮廷の地位にあまり興味がなく出世して贅沢な暮らしをしたり、

美女を自分の周りに囲んだりなどの欲望が薄く、

新しい書物や文学書などを手に入れて勉学ができればそれで満足するような人でありました。

黄皓は蜀の政治的実権を握るとやりたい放題蜀の政治を動かしていき、

自らのやり方に反対する者は片っ端から左遷や爵位の降格などを行い、

独裁的な政治を行っておりました。

こうして蜀の政治家達は官位の降格や左遷、黄皓に皇帝劉禅へ讒言されることを恐れて、

何も言えなくなってしまいます。

そんな中郤正は、自分の仕事以外の事に興味がなく家に帰ったら

すぐに学問を始めてしまう学問キチガイが幸いして、

黄皓から睨まれることなく平穏な生活を保っておりました。

しかし彼の人生を大きく変える自体が間近に迫っておりました。

 

魏の蜀征伐軍がやって来る

鍾会

 

魏は蜀を滅ぼすために大軍を鍾会(しょうかい)に与えて進軍させます。

大将軍であった姜維(きょうい)は魏軍を迎撃するために剣閣(けんかく)に籠ります。

しかし鄧艾(とうがい)率いる別働隊が蜀の内部に侵入し、

防備が施されていない各城を陥落させて成都へ近づいてきます。

 

劉禅の決意

劉禅

 

劉禅は鄧艾の軍勢が蜀へ侵入してきたことを知ると南方か永安へ逃げて、

魏軍に交戦する意思を持っておりましたが、

譙周(しょうしゅう)が魏へ降伏するベしとの意見を進言したことがきっかけで魏へ降伏。

こうして蜀は滅亡することになります。

 

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【蜀の滅亡へのカウントダウン】こうして蜀の国は滅びへ至った

 

洛陽へ移動

劉禅

 

劉禅は降伏すると馬車に乗せられて洛陽へ移動することになります。

この時成都では鍾会が姜維とともに魏に対して反乱を起こし、

城内にいる魏軍が反乱軍鎮圧のために戦闘を行っており、成都城内は大混乱に陥っておりました。

この反乱鎮圧の戦いの中、劉禅の皇太子で将来有望を見込まれていた劉璿(りゅうせん)が

なくなってしまいます。

このように成都城は大混乱であった為、

劉禅の洛陽行きは大した準備をすることなく行くことになり、

彼についてきたのもは郤正と中級役人一人のみでした。

こうして見送者がいないまま洛陽へと行くことになります。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 黄忠VS夏侯淵 104話:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い
  2. 龐統 劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴
  3. 馬良(眉白) 三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』
  4. 趙雲 趙雲(ちょううん)ってどんな人?蜀の五虎将軍の中で寿命を全うした…
  5. 四龍将04 張嶷 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロであり陳寿も認…
  6. photo credit: Poppy & Sun via photopin (license) 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピ…
  7. 関羽 死 糜芳(びほう)とはどんな人?古参の武将でありながら関羽を裏切り呉…
  8. 劉備主役 なぜ劉備は蜀王ではなく小さい土地である漢中王に就任したの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 韓信vs孔明07
  2. 函谷関
  3. 孔明 軍師
  4. 真田幸村&張遼
  5. photo credit: Ladybird on grass via photopin (license)
  6. 徐庶と出会う劉備
  7. 曹操 健康
  8. 張角 不合格
  9. 司馬懿
  10. 四龍将

おすすめ記事

  1. 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち 軍師
  2. 桓騎軍のDQN集団がヤバ過ぎる・・・何であんなのが配下に集まるの?その驚くべき理由とは? 桓騎
  3. 何で日本人は三国志が好きなの? 劉備 だらしない
  4. 蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの? 劉禅
  5. 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに? 大橋先生&小橋先生
  6. 司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの? 司馬懿

三國志雑学

  1. photo credit: Les Eaux Tremblantes via photopin (license)
  2. 孔明 正史
  3. 曹丕
  4. 趙雲
  5. 七星剣

ピックアップ記事

  1. 馬
  2. photo credit: Vote for me via photopin (license)
  3. 朝まで三国志 劉表
  4. 曹叡
  5. 卑弥呼 f
  6. 孔明過労死
  7. 辮髪
  8. 司馬懿

おすすめ記事

photo credit: Cycle: VIII via photopin (license) 【はじめての孫子】第10回:九変の利に通ずる者は、兵を用うることを知る 居酒屋 なます 炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食事 はじめての三国志週間5月 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【5/8〜5/15】 陶謙 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん) 兵士 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの? 朝まで三国志 袁術 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話 黄権 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物 photo credit: Blue flower 1 via photopin (license) 徐晃(じょこう)ってどんな人?魏において、もっとも功績を挙げた無敗将軍

おすすめ記事

  1. 76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法 孔明 矢
  2. え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の真実! 張飛
  3. 二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説するよ photo credit: Something Glowing and Whirling via photopin (license)
  4. 黄忠(こうちゅう)ってどんな人?華々しさとは真逆、家族に恵まれなかった人生 黄忠
  5. 呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由 周瑜の魅力
  6. 見た目で比較してもいいですか?曹操とナポレオン ナポレオンと曹操
  7. さよなら2015年!年忘れだよ♪三国武将の名言・珍言語録 三国志大学 公孫瓚
  8. 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【前半】 photo credit: Spring colors ... via photopin (license)

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP