魏延
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

62話:徐庶を手に入れたい曹操、程昱の鬼畜な計略を採用し劉備から徐庶を奪うの巻

徐庶をゲットする曹操

曹仁 三国志 ゆるキャラ

 

無残な有様で、許都に戻ってきた曹仁(そうじん)と

李典(りてん)ですが、曹操は(そうそう)は最初から小手調べの

つもりだったので、敗戦を不問にしました。

 

それ以上に曹操が気になるのは、劉備(りゅうび)軍についた軍師の存在です。

 

前回記事:61話:曹仁が繰り出した高度な陣形 八門金鎖の陣を繰り出す。劉備軍はどうやって攻略したのか?

 

 曹操(そうそう)は劉備(りゅうび)の軍師が異常に気になって仕方がない

キレる曹操2

 

曹操:「皆、劉備についている単福(たんぷく)という男を知っているものはおらぬか?」

 

 

幾人かが首を捻る中で、手を上げたのが陰険な策謀では、

曹操軍随一と噂に名高い程昱(ていいく)でした。

 

「単福とは、昔、人を殺した為に名乗っている偽名で、

彼の本名は徐庶と言います、、」

 

 

曹操:「ふうむ、、徐庶(じょしょ)か、相当のキレ者と見たが、

どうにかして、排除する方法はないものか?」

 

 

「ははっ、、徐庶の軍略の才能は、軽く私の10倍はありましょう、

ただ、徐庶には、非常な親孝行という弱点があります。

幸いにして、徐庶の母は許都に近い場所に住んでいますから、

それをこちらで手厚く保護して、曹操様に帰順するように手紙を

書かせれば、徐庶はこちらに降るでしょう、、」

 

 

曹操は、程昱の鬼畜な計略を採用して、徐庶の母を強引に拉致して、

許都で何不自由のない生活をさせました。

 

程昱(ていいく)の計略を採用したが・・・

人材 手紙

 

ところが、いざ程昱が、徐庶に曹操に降るように手紙を書けと言うと、

老母は、激しく反発します。

 

 

「息子は、漢の天下を回復させようとしている

天下の忠義の人である劉備玄徳様に仕えています。

それを、捨てて、あなたがたのような欲まみれの俗人に仕えよなどと

恥知らずな事が書けますか!!」

 

 

程昱は、カチンと来てしまいますが、老母が手紙を書かない限りは、

徐庶をこちらに呼び寄せる事は出来ません。

 

程昱は作戦を変更する

505b55a3c6b5266d88d97606dbaaae9e_m

 

そこで、程昱は、ひとまず手紙の事は忘れたフリをして、

徐庶の母に特別に親切に接するように配下に命令します。

 

仁義に厚い、徐庶の母ですから、いかに拉致されたとはいえ、

他人に親切に扱われるのは嬉しいものです。

 

 

そこで、幾通か曹操に宛てて、お礼の手紙を出すようになりました。

 

程昱は、この手紙を集めると、人の字を真似る事が得意の部下に

命令して、その筆跡を完璧に真似て、母の手紙を偽造します。

 

 

まあー何と汚く、悪知恵が回る男でしょうか、、

人の善意を利用して、それを悪用するとは!!

 

 

ともあれ、程昱が偽造した手紙により、徐庶は母が曹操の世話になり

息子である自分に帰ってきて欲しいと思っている事を知ります。

 

徐庶は劉備軍から離れる事を決意する

徐庶と出会う劉備

 

徐庶:「劉備様、老母は、曹操の庇護を受けているようです。

かなり年老い、心細さが募り、私に曹操に帰順するように勧めています。

誠に名残惜しいのですが、私は母の言いつけに逆らえませぬ、、」

 

徐庶が涙ながらに別れを告げると、劉備も涙を流して言いました。

 

劉備:「それは残念だが、たった一人、君を頼りに思う母の事を思えば

無理に引きとめる事は出来ない、、

私も母一人子一人だった、、どうか、親不孝な私の分も母上に

孝養を尽くしてもらいたい、、」

 

そう言って、盛大な別れの宴を開いて餞別まで与えたのです。

ガッカリされると思って悩んだ徐庶ですが、劉備の人の心を思いやる

懐の深さに、いよいよ、劉備の下を離れる寂しさが募るのでした。

 

曹操軍の手に落ちた軍師・徐庶

徐庶 曹操 下る 三国志

 

こうして、劉備軍の軍師として入った、徐庶は程昱の計略で、

曹操軍の手に落ちてしまうのです。

 

因みに三国志正史では徐庶の母は、徐庶と行動を共にしていて、

長坂の戦いで、曹操軍に捕まったと書かれています。

 

関連記事:文武両道、義侠心に厚い漢 徐庶(じょ しょ)は劉備と出逢う

関連記事:孔明とは頭脳以外全て正反対、龐統士元

関連記事:諸葛孔明の影に隠れる劉備

関連記事:『鳳雛』と呼ばれたブサメン軍師、龐統

関連記事:三国志マイナー?武将列伝・軍師『法正』

 

 耳で聞いて覚える三国志

 

次回記事:63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと?

 

よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 13人の妻達(曹操) 三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!
  2. 陸遜 114話:蜀キラー陸遜、劉備を打ち破るための不気味な沈黙
  3. 袁尚と対立する袁譚 袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてし…
  4. 五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎ…
  5. 11話:パンドラの箱を開けた漢王朝
  6. 大河ドラマ西郷どんをブレなく楽しむ6つのポイント
  7. 三国志時代の牢獄 こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎたR…
  8. 三国志大学 曹操 【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 騙し合う呂布と袁術
  2. 張飛 本 学問 三国志
  3. 法正
  4. 明智光秀 麒麟がくる
  5. キングダム53巻
  6. 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟
  7. 細川ガラシャ
  8. 幕末 魏呉蜀 書物

おすすめ記事

  1. 諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす 軍事面でも才能を発揮する諸葛恪
  2. キングダム537話 休載祭り(2)王翦と王賁の親子を考えよう
  3. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 自己紹介編 【001】
  4. 「男尊女卑」と「疑心暗鬼」の出典は『列子』? 劉備を警戒する王粲
  5. 魏・呉・蜀で分割された荊州!最後に制圧したのはどこの国? 劉備と孫権
  6. 北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ!

三國志雑学

  1. 辮髪(べんぱつ)
  2. 袁術
  3. 司馬徽
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 于禁、曹操、青州兵
  2. 劉備軍 曹操軍
  3. 蒼天航路
  4. 貂蝉
  5. キングダムの王騎

おすすめ記事

王莽 易姓革命!?禅譲か?簒奪か?王莽のはかない夢 双流星を振り回している徐盛 徐盛の武器は何だったの?史実と三國無双を比較してみた これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介! アンゴルモア元寇合戦記 29話の7 最新話ネタバレ 「高麗が高麗である為に」 キングダム 533話 ネタバレ予想:失われた士気 宦官たち  人々の鑑になった良い宦官達 袁術 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】 孫静(そんせい)とはどんな人?兄貴、孫堅とはゼッコーモン!ひたすら故郷を守った孫一族

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP