広告

江東の虎・孫堅が次世代の息子たちに残したものとは?

2017年1月2日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孫堅

 

江東の虎として恐れられた孫堅(そんけん)

彼は海賊を退治したことがきっかけで自らの名声を上げることに成功し、

黄巾賊討伐戦では中央政府の将軍である朱儁(しゅしゅん)から

黄巾討伐戦に参加するように要請を受けて討伐戦に参加することになります。

彼は黄巾討伐で武功を挙げ長沙(ちょうさ)太守に任命されることになりますが、

劉表討伐戦で優勢であったにも関わらず、

黄祖(こうそ)の伏兵にあって亡くなってしまいます。

その後孫家は孫策(そんさく)孫権(そんけん)と受け継がれていくことになるのですが、

孫堅は彼らに何を残すことができたのでしょうか。

 

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



董卓討伐戦で大手柄を挙げ続ける

孫堅

 

孫堅は長沙太守に任命されるとこの地で反乱を起こしていた区星(くせい)らを討伐して、

民衆の不安を取り除いて統治を行うとともに、

他県で起きていた反乱を撃滅して自らの武力を見せつけておりました。

そんな中後漢王朝を好き放題やりたい放題やっていた董卓を討伐するべく、

袁紹盟主とした連合軍結成の檄文が彼の元にやってきます。

孫堅はこの激文を受け取ると軍勢を率いて袁術軍と合流して董卓がいる洛陽へ

向かって進撃を開始します。

 

名将華雄を討ち果たし、洛陽に一番乗りを果たすが・・・・

孫堅と董卓

 

孫堅は自らが袁術軍の先鋒となって洛陽へ突き進んでいきます。

しかし董卓軍も孫堅軍を遮るために呂布(りょふ)華雄(かゆう)らの武将達に命じて、

孫堅軍を迎撃させることにします。

だが董卓軍を率いていた呂布と彼の上司が仲が悪く、孫堅軍が接近してきているのにも関わらず

いざこざを起こして協力することができていない状態でした。

そんな時に孫堅率いる軍勢が董卓軍へ襲いかかってきてしまいます。

華雄は呂布と上司がいざこざで混乱している董卓軍をうまくまとめて孫堅軍迎撃に出てきますが、

兵数としっかりとした指揮系統を確保できていなかったことが原因で、

孫堅軍に討ち取られてしまいます。

名将華雄を討ち取ることに成功した孫堅軍は

そのままの勢いで董卓の本拠地であった洛陽へ突入。

彼は董卓が燃やしてしまって廃れた漢の都の復興に尽力をしていくことになります。

彼が行った復興は董卓に寄ってあかれていた皇帝のお墓を元通りにしていき、

自らの漢王朝に対する忠義を内外に示します。

 

関連記事:これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)

関連記事:【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?

 

劉表討伐戦で討ち死に

孫堅逝く

 

孫堅は洛陽の復興作業を数ヶ月の間行った後に、

本拠地である長沙へ帰還していくことになります。

彼は長沙に帰還している途中に袁術から劉表を討伐するように依頼されます。

孫堅は袁術からの依頼に応えて、劉表討伐のために彼の本拠地である襄陽へ攻撃を仕掛けます。

孫堅軍の強さは迎撃に出てきた劉表軍を一撃の元に破砕して、

劉表軍を襄陽に篭城させることに成功します。

孫堅は襄陽に帰ることができなかった劉表軍の一部が峴山にいることを知り、

彼らを壊滅させるために軍勢を出陣させますが、

孫堅軍が峴山に入ったことを知った黄祖が伏兵として孫堅軍を急襲。

この時に孫堅は流れ矢に当たって亡くなってしまいます。

 

関連記事:董襲(とうしゅう)とはどんな人?孫家の仇敵・黄祖討伐戦で活躍した武勇の士

関連記事:孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の出世をした漢に迫る!

 

孫堅が遺したものとは?

孫策

 

孫堅は流矢に当たって亡くなってしまいますが、

彼が息子達に残したものとは一体何であったのでしょうか。

孫堅が息子達に残したものは二つ有り、

一つ目は孫堅が行った漢の都であった洛陽を復興するべく作業を行ったことです。

この作業を行ったのは孫堅ただひとりであり、彼の漢への忠義は大いに褒められることになり、

孫策や孫権が江東の豪族達をまとめるための大義名分として掲げられることになります。

そして孫堅が息子達に遺した二つ目は、

孫堅に付き従って戦いを行ってきた譜代家臣達です。

 

程普

 

孫堅の武将として程普(ていふ)韓当(かんとう)黄蓋(こうがい)らの武将達は、

孫策・孫権時代に活躍しております。

孫堅は上記二つを残すことによって孫家の隆盛を築く礎を残していったと考えられます。

 

関連記事:孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説

関連記事:なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?

 

三国志ライター黒田レンのひとりごと

黒田廉

 

孫家は孫堅が残したこれらの遺産によって孫策時代に大きく羽ばたいていくことになります。

父孫堅が残した大義名分と譜代家臣。

兄孫策が残した領土と江東の豪族達を率いて孫権は三国時代を乗り越えていくことになるのです。

 

参考文献 朝倉書店 十八史略で読む 三国志 渡邉義浩著など

 

関連記事:偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?

関連記事:記録が乏しい孫堅の妻たち

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はじめての三国志 プロフィール画像

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-はじめての呉
-, , , , , , , , , ,