記録が乏しい孫堅の妻たち

孫堅 ゆるキャラ 三国志

孫権の父親、孫堅(そんけん)は、

物語の序盤で亡くなってしまうために、

三国志の武将の中では、それほど目立つ存在ではありません。

 

とはいえ孫堅は、孫呉の初代君主です。

曹操の13人の妻、劉備の4人の妻、そして孫権の10人の妻を

紹介してきましたので、

これまで全く注目されてこなかった孫堅の妻についても

調べてみました。

 

 

[adsense]
 

呉夫人(ごふじん)

孫堅の妻

呉夫人は、呉国の夫人だから呉夫人というわけではありません。

紛らわしくてすみません。

 

揚州呉郡呉県の出身で、呉煇(ごき)の娘で呉景(ごけい)の姉です。

才色兼備で、孫堅から熱心にアプローチをされて結婚したそうです。

 

呉夫人は、孫堅の第一夫人で、数多くの子供を生みます。

孫策、孫権、孫翊、孫匡はみな、呉夫人の息子です。

そのほかにも娘がいます。

 

夫が子供たちを残して亡くなってしまったため、

息子の補佐に尽力します。

 

孫策が死に、孫権が跡を継いで2年後、

呉夫人は、張昭に孫権の後見を頼んでから亡くなります。

最後まで息子たちの心配をしていました。

 

孫権が皇帝になってから、武烈皇后と追号されます。

 

 

呉国太(ごこくたい)

三国志 光

 

呉国太は、孫堅の第二夫人で、孫尚香(劉備の妻)の母とされますが、

実は『三国志演義』のオリジナルキャラです。

『正史』には登場しません。

 

ただ、「呉国太は架空の人物」とまでは言い切れません。

それほど、孫堅の妻に関する記述が少ないからです。

 

『三国志演義』によると、

呉国太は孫堅の第一夫人、呉夫人の妹です。

 

「呉家の美人姉妹を、二人とも娶っちゃおう! みゃは♪」

ということで、二人とも孫堅の妻となりました。

どうせなら大呉、小呉と呼べばよかったのに……。

 

呉夫人の死後、孫権の母代りとなります。

 

周瑜が劉備を暗殺しようとたくらみ、孫尚香との婚姻を持ちかけたとき、

呉国太は(あっさりと孔明の計略にひっかかり)

劉備を気に入って、娘との結婚を認めてしまいます。

このため、周瑜の計画はつぶれてしまいました。

 

 

孫朗(そんろう)の母

三国志 川

 

孫堅には、庶子とだけしかわからない息子が一人います。

それが孫朗(そんろう)です。

字はわからず、孫仁(そんじん)、早安(そうあん)とも呼ばれています。

 

庶子扱いですので、

呉夫人並びに呉国太の子供ではないのでしょう。

孫朗の母については、詳しいことがまったくわかりません。

 

孫朗はのちに、孫権の不興を買い、孫姓をはく奪されて

丁という姓を名乗らされます。

また、投獄されて、獄中で死亡します。

 

[adsense]
 

こちらの記事もよく読まれています

謝夫人 孫権の妻

 

よく読まれてる記事:孫権の妻たちは意外と知られてない?

 

劉備妻つかまる

 

よく読まれてる記事:妻子を人質に取られすぎな劉備

 

13人の妻達(曹操)

 

よく読まれてる記事:三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!

 

黄月英

 

よく読まれてる記事:黄夫人のことを知ると、三顧の礼の真相が分かる?

 

 

はじめての三国志 アンケートのお願い

曹操 ゆるキャラ

 

サイトが見づらい、この武将をもっと取り扱ってほしいなど要望がありましたらこちら

 

[adsense]
 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

 

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

■好きなこと(趣味):

本屋さんをはしごすること

 

■好きな三国志の人物:

孫策と周瑜

 

■幸せを感じる瞬間

自分の書いた文章に素敵なイラストを描いてもらったとき

 

■出没場所

動物園

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 宦官たち 
  2. 鄧芝が孫権を説得
  3. 華佗(華陀)
  4. ホウ徳(龐徳)
  5. 魏延の謀反を察する孫権
  6. 呂布のラストウォー 呂布

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP