よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

何で陸遜は呉書の単独伝で記述されているのに蜀書の孔明の単独伝よりも地味なの?

この記事の所要時間: 230




蜀の産まれ 陳寿

 

三国志の「正史」の著者は陳寿(ちんじゅ)です。

陳寿は蜀漢に仕えていましたが、讒言により左遷されて、

蜀漢を追われ、その後は晋に仕えて史書を編纂しています。

よって魏を正統としており、さらに晋に繋がる流れになっています。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




正史・呉書は誰が執筆したのか

陳寿

 

公平な視点で三国志は執筆されているとは云われているものの、

やはり魏や蜀の内容に精通しているために呉に対する内容はやや薄くなっているようです。

陳寿の思い入れの違いなのかもしれません。

ちなみにより内容に迫力と面白さを演出するために、

南北朝時代に裴松之が注をつけて現代に伝わっています。

 

関連記事:裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに!

関連記事:「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より




単独伝とはなにか

五虎大将軍 張飛

 

「魏書」「蜀書」「呉書」にはそれぞれ功績のあった人物の伝がたてられていますが、

似たような時期に活躍した人物たちをひとまとめにしています。

例えば、魏の功臣・荀彧(じゅんいく)荀攸(じゅんゆう)

賈詡(かく)とともにまとめられています。

蜀の関羽(かんう)は他の五虎将とひとまとめです。

そんななかで君主を務めた曹操(そうそう)劉備(りゅうび)

孫権(そんけん)などは単独で伝を設けられています。

これを単独伝とも呼びます。

臣の身分で単独伝があるのは蜀の諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)

呉の陸遜(りくそん)だけと伝わっています。

これは曹操劉備などの英雄に引けを取らない活躍をした証です。

 

陸遜の単独伝

陸遜

 

しかし実際の陸遜の単独伝は、実は諸葛亮孔明とは違い、

息子の陸抗(りくこう)と分け合った内容になっています。

題名は陸遜伝なのですが、厳密にいうと単独伝ではありませんね。

 

陸遜

 

しかし、執筆者の陳寿としてはもともと仕えていた

蜀漢の建国者・劉備を負かした当時無名に近かった

陸遜の活躍ぶりをリスペクトしていたようにも思えます。

陳寿評して曰く「劉備は天下に雄を称えられ、一世の憚るところ、

陸遜は春秋まさに壮にして、威名いまだ著われざるも、嶊きてこれに克ち、志のごとくならざるはなし。

予、すでに遜の謀略を奇とし、また権の才を識るところ、大事を済すゆえんなりと嘆ず。

遜の忠誠懇ろに至り、国を憂えて身を亡ぼすに及びては、社稷の臣に庶幾からん」

 

陸遜 孫権

 

まさに陸遜と孫権のタッグは最強と呼ぶにふさわしく、

忠義の臣たる陸遜の活躍は素晴らしいと絶賛しているのです。

 

関連記事:江東の豪族・陸遜は政治家としては優秀だったの?

関連記事:【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察

 

陸遜伝は地味なのか

陸遜 関羽

 

蜀の関羽を討つシーンでは、巧みな知略を駆使していますし、

蜀の劉備を敗退させるシーンでは、無名ながら総指揮官としての類稀なる力量を発揮しています。

魏領の淮南を攻略するシーンでも夜襲・伏兵と戦略家としての腕前も魅せました。

ライバルである魏・蜀に対して大きな武功をあげたのが陸遜なのです。

充分に派手な活躍ぶりだと思いますし、

 

陸遜

 

どんどん出世もしていき荊州に身を置きながら丞相の地位にまで上りつめています。

三国志のカリスマである諸葛亮孔明と比べると確かに物足りない部分もあるのかもしれませんが、

三国志の英雄のなかでは特筆すべき活躍だと思います。

決して地味ではありません。

呉書がやや簡略化されているのは、呉に関する資料が不足していたからだとも云われていますが、

それでも呉書のなかでは飛び抜けたヒーローぶりを伝えています。

 

関連記事:やり過ぎー!!!元祖、曹操オタクは陸遜の孫だった!?陸雲(りくうん)ってどんな人?

関連記事:陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

それでも尚、やや陸遜に暗い雰囲気がつきまとうのは、

やはり陸遜の最期が悲惨なものだったからでしょう。

 

陸遜

 

孫権の老害の被害者。というイメージが強いですが、

孫権に執拗になじられ、憤死というのはあまりに悲しい幕引きです。

孫権がもう少し早くに隠居し、太子の相談役として陸遜が呉のリーダーシップをとっていたら

呉の衰退は免れられたかもしれませんね。

ただしそこまでは孫権は、玉璽を陸遜に託すほどでしたから、

絶大な信頼をしていたのは間違いありません。

もう少し脚光を浴びてもいい英雄なのではないでしょうか。

 

関連記事:陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

関連記事:三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 諸葛亮が魏延に言った「反骨の相」ってどんな頭の形なの?
  2. これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじ…
  3. 呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選
  4. 甘露寺の十字紋石|劉備の石占い
  5. 曹操の文学サロンが武に代わるソフトパワーを生み出した
  6. 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?
  7. 【三国志刀剣乱舞】三国志武将が持っていた名刀・名剣を紹介するよ
  8. 【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉備は劉安という人物の妻を食べたの?食人文化と明清時代の風習
  2. 劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名士達
  3. 張飛は繊細で優しい人だった?言い伝えから見る張飛像
  4. 原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?
  5. 五虎大将軍 趙雲の死因は何だったの?三国志一の美男子の最期
  6. 「文永の役」を超簡単にわかりやすく説明!アンゴルモア元寇合戦記がさらに楽しめる!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

月刊はじめての三国志2018年1月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけじゃない!! 関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む! 井伊直弼の安政の大獄はいつから始まった?時系列で解説 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース10記事【2/29〜3/6】 蔣欽(しょうきん)とはどんな人?孫権に『国士』と激賞された呉の十二将の一人 え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【7/17〜7/23】

おすすめ記事

  1. 二世だって優秀さ!魏皇帝の妻・甄氏(しんし)の壮絶な人生と向き合って果てた生涯に心が震える
  2. 笮融(さくゆう)とはどんな人?中国初仏教群雄として歴史に名を刻んだ後漢の武将
  3. 【告知】諸葛亮孔明 VS 韓信夢の対決実現!前夜祭の両者インタビュー
  4. 遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは?
  5. 趙儼(ちょうげん)とはどんな人?三国志時代の調整力を備えた魏の文官
  6. 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!
  7. 三国志の時代のお祭りは、どんな様子だったの?
  8. 【李傕・郭汜祭り 5日目】董卓の仇も討てず、気弱な李傕郭汜の上司 牛輔(ぎゅうほ)

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP