編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

何で陸遜は呉書の単独伝で記述されているのに蜀書の孔明の単独伝よりも地味なの?

この記事の所要時間: 230




蜀の産まれ 陳寿

 

三国志の「正史」の著者は陳寿(ちんじゅ)です。

陳寿は蜀漢に仕えていましたが、讒言により左遷されて、

蜀漢を追われ、その後は晋に仕えて史書を編纂しています。

よって魏を正統としており、さらに晋に繋がる流れになっています。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




正史・呉書は誰が執筆したのか

陳寿

 

公平な視点で三国志は執筆されているとは云われているものの、

やはり魏や蜀の内容に精通しているために呉に対する内容はやや薄くなっているようです。

陳寿の思い入れの違いなのかもしれません。

ちなみにより内容に迫力と面白さを演出するために、

南北朝時代に裴松之が注をつけて現代に伝わっています。

 

関連記事:裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに!

関連記事:「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より




単独伝とはなにか

五虎大将軍 張飛

 

「魏書」「蜀書」「呉書」にはそれぞれ功績のあった人物の伝がたてられていますが、

似たような時期に活躍した人物たちをひとまとめにしています。

例えば、魏の功臣・荀彧(じゅんいく)荀攸(じゅんゆう)

賈詡(かく)とともにまとめられています。

蜀の関羽(かんう)は他の五虎将とひとまとめです。

そんななかで君主を務めた曹操(そうそう)劉備(りゅうび)

孫権(そんけん)などは単独で伝を設けられています。

これを単独伝とも呼びます。

臣の身分で単独伝があるのは蜀の諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)

呉の陸遜(りくそん)だけと伝わっています。

これは曹操や劉備などの英雄に引けを取らない活躍をした証です。

 

陸遜の単独伝

陸遜

 

しかし実際の陸遜の単独伝は、実は諸葛亮孔明とは違い、

息子の陸抗(りくこう)と分け合った内容になっています。

題名は陸遜伝なのですが、厳密にいうと単独伝ではありませんね。

 

陸遜

 

しかし、執筆者の陳寿としてはもともと仕えていた

蜀漢の建国者・劉備を負かした当時無名に近かった

陸遜の活躍ぶりをリスペクトしていたようにも思えます。

陳寿評して曰く「劉備は天下に雄を称えられ、一世の憚るところ、

陸遜は春秋まさに壮にして、威名いまだ著われざるも、嶊きてこれに克ち、志のごとくならざるはなし。

予、すでに遜の謀略を奇とし、また権の才を識るところ、大事を済すゆえんなりと嘆ず。

遜の忠誠懇ろに至り、国を憂えて身を亡ぼすに及びては、社稷の臣に庶幾からん」

 

陸遜 孫権

 

まさに陸遜と孫権のタッグは最強と呼ぶにふさわしく、

忠義の臣たる陸遜の活躍は素晴らしいと絶賛しているのです。

 

関連記事:江東の豪族・陸遜は政治家としては優秀だったの?

関連記事:【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察

 

陸遜伝は地味なのか

陸遜 関羽

 

蜀の関羽を討つシーンでは、巧みな知略を駆使していますし、

蜀の劉備を敗退させるシーンでは、無名ながら総指揮官としての類稀なる力量を発揮しています。

魏領の淮南を攻略するシーンでも夜襲・伏兵と戦略家としての腕前も魅せました。

ライバルである魏・蜀に対して大きな武功をあげたのが陸遜なのです。

充分に派手な活躍ぶりだと思いますし、

 

陸遜

 

どんどん出世もしていき荊州に身を置きながら丞相の地位にまで上りつめています。

三国志のカリスマである諸葛亮孔明と比べると確かに物足りない部分もあるのかもしれませんが、

三国志の英雄のなかでは特筆すべき活躍だと思います。

決して地味ではありません。

呉書がやや簡略化されているのは、呉に関する資料が不足していたからだとも云われていますが、

それでも呉書のなかでは飛び抜けたヒーローぶりを伝えています。

 

関連記事:やり過ぎー!!!元祖、曹操オタクは陸遜の孫だった!?陸雲(りくうん)ってどんな人?

関連記事:陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

それでも尚、やや陸遜に暗い雰囲気がつきまとうのは、

やはり陸遜の最期が悲惨なものだったからでしょう。

 

陸遜

 

孫権の老害の被害者。というイメージが強いですが、

孫権に執拗になじられ、憤死というのはあまりに悲しい幕引きです。

孫権がもう少し早くに隠居し、太子の相談役として陸遜が呉のリーダーシップをとっていたら

呉の衰退は免れられたかもしれませんね。

ただしそこまでは孫権は、玉璽を陸遜に託すほどでしたから、

絶大な信頼をしていたのは間違いありません。

もう少し脚光を浴びてもいい英雄なのではないでしょうか。

 

関連記事:陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

関連記事:三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする
  2. 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた
  3. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2
  4. 【大三国志 攻略1】ついに始まった中国韓国で大ヒットしている戦略…
  5. 劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソード…
  6. 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】
  7. 【保存版】カッコいい!三国志の精鋭部隊を一挙紹介
  8. もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる
  2. 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代目丞相へ抜擢された政治家
  3. 諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変えて愛されていた!
  4. 【キングダム】始皇帝に皇后がいない?その理由について考えてみた
  5. 胡烈(これつ)とはどんな人?姜維と鍾会の夢を打ち砕いた晋の将軍【晋の将軍列伝】
  6. 18話:菫卓を守った最強のボディーガード呂布

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース9記事【7/25〜7/31】 兵力なし、金なし、でも奮闘して評価を上げた曹操がスゴイ 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴 あの光武帝がダジャレ大好き!?初陣で早くもギャグをかます劉秀に萌え 魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの? ギョッ!これも薬?華佗も利用した、ちょいグロな漢方薬の話 新制度導入はこんなに大変!胡服騎射を導入するために苦労を重ねた武霊王 桃園三兄弟の別れ 関羽の死から夷陵の戦いまでを辿る

おすすめ記事

  1. 程普(ていふ)ってどんな人?孫家三代に仕え、数々の戦を戦った孫呉の重鎮
  2. 許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー
  3. 【夏休みや旅行の移動時間にいかが】キングダムや三国志よりもすごい!?春秋時代のTOP3と言われた宰相達をご紹介
  4. 【よくわかる】SEALDsは後漢時代にも存在した?党錮の禁とSEALDsの共通点
  5. 千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当なの?
  6. 2分で分かる合肥の戦い その4 張遼の猛攻
  7. 呉が好きな皆さんへ!五分でわかる孫呉の逸話を紹介【三国志逸話列伝】
  8. 「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP