呂布特集
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

匡亭の戦いを図解で解説!袁術の華麗なる転落のプレリュード




袁術

 

輝ける四世三公の名門に生まれ、反董卓連合軍結成の頃は、

従兄弟の袁紹(えんしょう)と共に、天下を二分するような勢力を

保有していたスーパーエリート袁術

しかし、そんな袁術は、西暦199年の真夏、「はちみつ水飲みたい」という

不朽の名言を残して、壮烈な人生の幕を閉じます。

その華麗なる転落のプレリュードこそが匡亭(きょてい)の戦いでした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




従兄弟、袁紹と天下を争った匡亭の戦い

呂布 バックブリーカー

 

董卓(とうたく)呂布(りょふ)に殺され、あっけない最期を遂げ、

その呂布が、董卓の残党、李傕(りかく)郭汜(かくし)に長安を追い落とされた

西暦192年、天下は、公孫瓚(こうそんさん)陶謙(とうけん)袁術連合軍と、

袁紹劉表(りゅうひょう)曹操(そうそう)連合軍に二分されます。

 

当時の公孫瓚は、幽州、冀州、青州、并(へい)州を持つ有力諸侯でした。

その公孫瓚と同盟を結んだ袁術は、これまた肥沃な南陽郡の100万の

人口に胡坐をかいた有力な勢力だったのです。

 

孫堅逝く

 

手足として働いてくれた名将、孫堅(そんけん)劉表との抗争の最中に

戦死してしまっているという、戦争下手の袁術にとっては、

ちょっぴり不安要素はあるものの、ここで憎っくき袁紹曹操勢力を

撃破すれば、天下は袁術の元にぐっと近づくというものでした。

 

関連記事:偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?

関連記事:江東の虎・孫堅が次世代の息子たちに残したものとは?




袁術の美学1 兵站はテキトー位でよい!

袁術

 

西暦193年、正月、袁術は大軍を起こして、南陽郡を出発します。

そういえば、皇帝即位も正月でした、袁術は正月が好きなのかも知れません。

標的に定めたのは、もちろん、憎っくき袁紹、、ではなく、

その使い走りのような曹操でした。

 

ようやく、兗州(えんしゅう)を得たばかりという曹操は、

袁術には倒しやすい格好の獲物に見えていたのです。

 

「まっはっは!ようやく兗州を抑えた曹操では、

とても我が精鋭の矛先をかわす事は出来まい、

この戦はワシがもらったわい」

 

 

匡亭の戦い1

 

袁術の段取りは万全でした、公孫瓚には袁紹を攻めさせ、さらに、

兗州の背後にいる黒山賊(こくざんぞく)にも使いを出して、

戦争への協力を取り付けていたのです。

 

しかし、南陽を出発して、しばらくすると早くも大ピンチが起きます。

 

袁紹と結んでいる、劉表が兵を出して袁術の補給線を切断してしまったのです。

これは、痛恨のミス、この状態で敗北しようものなら、

もはや、南陽郡に戻ってくる事は出来ません。

 

ですが、袁術は、少しも動じようとはしませんでした。

 

「ふん、補給線がなんじゃい、物資は兗州で手に入れるもんねー」

 

でました袁術、掟破りの兵站軽視です、これぞスーパーエリート、

食糧の事は下々の部下が考える事と動じないのです。

だから、最期は飢えと渇きで死んじゃうんですけどね・・

 

関連記事:地味だけど超大事!三国志の時代の食糧貯蔵庫とはどんなもの?

関連記事:甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)

 

袁術の美学2 兵を分けて曹操を囮(おとり)に咬みつかせる

 

帰還できない戦争を進める袁術は、無事に兗州のエリアに入ると、

まず、封丘(ふうきゅう)に布陣して、そこから劉詳(りゅうしょう)という

将軍を匡亭に配置します。

 

匡亭の戦い2

 

「曹操は、まず要衝の匡亭の劉詳を撃破しようと兵を進めるに違いない、、

こうして、曹操と劉詳が戦い、曹操の軍勢が疲労した所で、わしの本隊が、

匡亭に入り、弱った曹操を叩き潰す、、完璧じゃ、まっはっは!!」

 

曹操は、袁術の目論見通りに、匡亭の劉詳軍に襲い掛かります。

袁術は、作戦が当たって狂気乱舞し、さっそく弱った曹操の側面を突こうと

封丘から匡亭に向かって進撃します。

 

袁術の美学3 青州兵が曹操についた事はご存じない!

曹操 黄巾党が仲間に!

 

袁術の戦術は、半年前までなら、充分に有効でした。

しかし、この半年で曹操は、三国志最強の青州黄巾賊30万を、

自軍に編成してしまっていたのです。

劉詳との戦いに兵を割きながら、曹操は、最強の青州兵を率いて

封丘から進軍してくる袁術の大軍に襲い掛かります。

 

匡亭の戦い3

 

それが強いのなんの、楽勝だと高をくくっていた袁術軍は、

舜殺されてしまい、袁術は、さっきまでの勢いも消し飛んで、

すぐに、封丘に退却してしまいます。

 

「逃がすか!袁術、てめえに引導を渡してやるぜ!」

 

曹操軍は、封丘を包囲して兵糧攻めに入りますが、

逃げる事には定評がある袁術は包囲が終わる前に、

夜中に紛れて城を抜けだし封丘はもぬけの空でした。

 

曹操は、袁術を追い、襄邑(じょうゆう)に向かいますが、

袁術は、さらに襄邑から太寿(たいじゅ)に逃げ延びてここで籠城します。

 

曹操は、今度は、堤防を決壊させて太寿を水攻めにします。

それに驚いた袁術は、さらに寧陵(ねいりょう)まで逃げていきます。

 

関連記事:黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】

関連記事:【匡亭の戦い】曹操が黄巾百万を降した奇跡が袁術の関東統一のチャンスを失ってしまう

 

袁術の美学4 曹操はしつこい!

袁術

 

寧陵は、すでに兗州のエリアを抜けて、豫州(よしゅう)でした。

さすがに、これで曹操は追ってこないだろうと一安心した袁術ですが、

曹操は諦めず、国境を越えて、袁術軍を追います。

 

匡亭の戦い4

 

「しつこいのぉ!曹操のヤツ、もうほっといてくれ!」

 

呆れた袁術は、さらに寧陵から睢水(いすい)の流れに乗り、

遥か南の九江(きゅうこう)郡に向かって落ち延びていきました。

さすがの曹操も、船を仕立ててまでは追撃できず、

袁術を捕まえるのを諦めてしまいます。

 

関連記事:【袁術の戦いを振り返る】徐州・豫州の戦いには人間ドラマが盛り沢山

関連記事:袁術は反董卓連合軍の解散後どこで何をしていたの?

 

袁術の美学5 色々あっても結果オーライでOK

袁術くやしいいい

 

袁術は、闇雲に九江に逃げたのではありません。

ここには、かつて袁術が揚州刺史に(勝手に)任命した陳瑀(ちんう)がいたのです。

袁術は昔の恩義を使い、陳禹に自分を匿うように使者を出しました。

 

しかし陳瑀は、周辺の豪族が袁術に従う中で自分だけが呼応しないという

分かりやすい拒否り方をしたので、怒った袁術は謙(へりくだ)った態度をして、

陳瑀を油断させて兵を集め、陳瑀を撃破して城を乗っ取ります。

 

まあ、南陽は兵站軽視から劉表に取られましたが、寿春を得たので、

袁術の中では、結果オーライなのです。

 

関連記事:楊奉が袁術から離反しなければ官渡の戦いは袁術vs袁紹になっていた!?

関連記事:マイナーですまん!袁術に滅ぼされた陳王 劉寵(りゅうちょう)

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

匡亭の戦いの失敗は、曹操、袁紹、劉表を強化させる結果を招きます。

天下のツートップだった袁術は、脱落して二流の群雄になり、

覇権は、袁紹と公孫瓚により争われ、公孫瓚が没落すると、

曹操と袁紹による天下分け目の官渡の戦いへと突き進みます。

 

その後も、しぶとく生き残り、呂布劉備と虚々実々の戦いを続けた

袁術ですが、ついに匡亭の戦い以前の威信を取り戻す事は出来ず、

南の方のモブ群雄として没落の道を辿るのです。

 

関連記事:袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめてみた

関連記事:袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第5部
  2. 張飛と劉備 張飛は繊細で優しい人だった?言い伝えから見る張飛像
  3. 騎射の術に長けた騎馬兵士 羽林騎(うりんき)とは何?董卓を輩出した近衛部隊を分かりやすく解…
  4. 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?
  5. 最弱武将と対峙する張飛 張飛が長坂橋を落とした時、曹操はどうして攻撃しなかったの?
  6. 強くなる関羽 樊城の戦いで関羽は○○をすれば死なずに勝利できた【if三国志】
  7. 曹操と鶏肋 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり
  8. ブチ切れる曹操 衝撃!徐州大虐殺には袁紹が参加?父を見殺しにした曹操

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. スピリチュアルにハマる光武帝
  2. 白石正一郎
  3. はじめての三国志
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 旅 バイク
  6. バナー はじめての三国志コミュニティ300×250
  7. 劉禅と董允
  8. 織田信長

おすすめ記事

  1. 正史の公孫瓚は鬼畜外道?三国志最大のギャップ群雄 公孫サン(公孫瓚)
  2. 100話:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める 張遼 カカロットーーーー!
  3. 司馬朗(しばろう)とはどんな人?司馬懿でさえ頭が上がらない偉大な兄の生涯
  4. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第2回 三国志マニアも喜ぶ豊富なキャラ!
  5. 揚州の問題児?山越族とはどんな民族だったのか 暴れまわる異民族に困る梁習
  6. 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最後 豊臣秀吉 戦国時代

三國志雑学

  1. 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操
  2. 孫子の兵法 曹操
  3. 蜀の馬超
  4. 関羽に無視される孫権
  5. 三国志時代の牢獄
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 何晏
  2. 法正
  3. 趙の旗
  4. 薩長同盟が結ばれるシーン 坂本龍馬と西郷隆盛と桂小五郎

おすすめ記事

中二病韓信 ヤクザ劉邦を大説得、神分析に漢軍大フィーバー 曹植 神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介 法正と張松 日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10 羅憲 劉備は何で蜀を建国しようと思ったの?三国志演義で人気を占める蜀の秘密に迫る 霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠れた名将 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!? 幻の1940年の東京五輪 いだてん 2020年東京五輪開催に向けてタクシーはどう変わる?補助金も出るらしい? 于禁を虐める曹丕 于禁と共に関羽に降伏した浩周と東里袞のその後とは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP