広告募集
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての呉

陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力

この記事の所要時間: 229




解煩督 呉

 

三国志の一角を担う「呉」にも名将と呼ばれる男たちがいます。

また、他国の軍師にも匹敵する男たちもいました。

 

 

周瑜の魅力

 

最も有名な名将といえば、やはり周瑜(しゅうゆ)が筆頭でしょう。

他にも魯粛(ろしゅく)呂蒙(りょもう)などがあげられます。

実際に周瑜の後を継いだのが魯粛であり、魯粛の後を継いだのが呂蒙です。

 

陸遜 呂蒙

 

そして呂蒙の後を継ぐことになったのが陸遜(りくそん)でした。

陸遜がその存在感を一番発揮したのが有名な「夷陵の戦い」でしょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:何で陸遜は呉書の単独伝で記述されているのに蜀書の孔明の単独伝よりも地味なの?




夷陵の戦い 初戦

朝まで三国志 劉備

 

西暦222年、蜀の劉備が義弟・関羽(かんう)の仇討ちのために大軍を率いて呉領に攻め寄せます。

劉備は配下に荊州生まれの臣が多く、荊州を失うと組織が瓦解する恐れもあったのです。

まさに荊州は劉備軍の生命線でした。

 

陸遜

 

このとき呉の大都督に任命されたのが陸遜です。

劉備は数多くの砦を作り、さらに多くの屯営を設けています。

初戦ではまず呉班を前線させ、平地に陣を構え、呉軍に揺さぶりをかけます。

呉の将らは攻める好機と動き始めますが、陸遜が止めました。

陸遜の読み通り劉備は谷間に八千の兵を潜ませており、

呉軍が誘いに乗らないと見るや引き上げたのです。

 

関連記事:もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった?

関連記事:【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察




夷陵の戦い 中盤

陸遜

 

陸遜は約半年間、じっと守りを固めて劉備の軍勢の隙をうかがっていました。

その間に約五百から六百里も敵の侵入を許していたといわれています。

劉備は長江の南岸に約四百里に渡り四十もの陣営を設営してこちらも守りを固めています。

 

陸遜

 

我慢に我慢を重ねて耐えていた陸遜でしたが、

谷間に長蛇の陣を敷いている劉備の陣形の弱点を見抜き、火攻めをしました。

一気に呉は総攻撃を仕掛けて名だたる蜀将の首を刎ね、降伏させたのです。呉の大勝でした。

劉備は命からがら白帝城に逃げ込んだのです。

 

夷陵の戦い 終盤

陸遜

 

追撃をして劉備を討ちたい呉の将らは孫権(そんけん)に上奏します。

徐盛(じょせい)潘璋(はんしょう)、宋謙(そうけん)などです。

確かに劉備を生け捕りにするチャンスでもありましたが、陸遜は大局を見つめていました。

孫権に問われた陸遜は、魏が裏で呉の隙をうかがっていることを伝えます。

孫権が陸遜の考え通りに兵を引きあげさせると、

その後すぐに魏は三方向から国境を越えて攻め寄せてきました。

陸遜は局地戦にただ勝つだけの戦術家ではなく、常に冷静に国がどうあるべきかを考えていました。

その深謀のおかげで呉はこの危機的状況から脱することができたのです。

 

関連記事:【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊

関連記事:【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ

 

逸を以て労を待つ

孫武 ゆるキャラ

 

孫子よりも民衆に流通していたとされる「兵法三十六計」。

よく「三十六計、逃げるに如かず」なんてことを云いますが、この「兵法三十六計」は兵法のバイブル的存在です。

その中に、この「以逸待労」という作戦があります。

読んで字のごとく、すぐには戦わず、敵の疲弊と隙を待って攻撃し勝つというものです。

言うは易し行うは難し……弱気で待つばかりの新米の司令官に対し、

孫策以来の古参の宿将や王族らは反抗的で文句たらたらでした。

陸遜はときに剣に手をかけて殺意をもって攻めたがる諸将の意見を止めたと云われています。

しかし、陸遜が基本に忠実なこの「以逸待労」を徹底したことで、

呉は勝利することができたのです。

そこまでの陸遜の心労は計り知れなかったものがあります。

 

関連記事:【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書

関連記事:【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

周瑜、魯粛、呂蒙亡き後、陸遜ほど兵法に精通していたものはいなかったのではないでしょうか。

きっちりとした兵法を確立していたからこそ、

戦の経験が豊富な劉備に大勝したのではないかと思います。

諸葛亮孔明や司馬懿とはまともに戦ったことがない陸遜ですが、

真正面から戦っても十分に勝機を見い出していたのではないでしょうか。

もし、戦っていたら……なんて想像するのも楽しいですね。

ちなみに陸遜の夷陵の戦いの戦略は、その後の中国軍隊の伝統的な戦法になっていったそうです。

 

関連記事:陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

関連記事:陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?
  2. 陳寿が語る孫権像
  3. もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察…
  4. 孫権は名君?それとも暴君だったの?5分で分かる君主の評価
  5. 周瑜(しゅうゆ)ってどんな人?赤壁の戦いで曹操軍を破った智将軍
  6. 司馬懿は何で諸葛亮宛に黄権を好評した手紙を送ったの?
  7. 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる
  8. もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 90話:張任によって龐統討たれる
  2. 【曹髦編】三国最強の魏はなぜ滅びることになったの?
  3. 張飛の男気人生に痺れる!これぞ三国一!一騎当万の豪傑
  4. あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選
  5. 【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ
  6. 3分で分かるアンティキティラ島の機械の技術力の高さ!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

132話:もうやりたい放題!曹叡の乱心で魏の暗黒時代へ突入 三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将 三国志フェス2015に「はじめての三国志」のおとぼけも主演します! 三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情 3話:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから? 【衝撃の事実】夏侯淵の一族にはなんと皇帝がいた!?

おすすめ記事

  1. 【センゴク】西の覇者毛利水軍vs織田水軍の戦い「木津川口の戦い」
  2. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?苦難に耐えて皇帝になる Part.2
  3. 6/14 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネル」生配信決定
  4. 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!
  5. 三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww
  6. 張緝(ちょうしゅう)とはどんな人?ドケチで自らの権力を誇っていたけど才能はピカイチな張既の息子
  7. 劉曄(りゅうよう)の進言に従っていれば魏の曹丕が天下統一をしていた?
  8. 何でこんなに孫権は地味なの?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP