春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

はじめての呉

陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力

この記事の所要時間: 229




解煩督 呉

 

三国志の一角を担う「呉」にも名将と呼ばれる男たちがいます。

また、他国の軍師にも匹敵する男たちもいました。

 

 

周瑜の魅力

 

最も有名な名将といえば、やはり周瑜(しゅうゆ)が筆頭でしょう。

他にも魯粛(ろしゅく)呂蒙(りょもう)などがあげられます。

実際に周瑜の後を継いだのが魯粛であり、魯粛の後を継いだのが呂蒙です。

 

陸遜 呂蒙

 

そして呂蒙の後を継ぐことになったのが陸遜(りくそん)でした。

陸遜がその存在感を一番発揮したのが有名な「夷陵の戦い」でしょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:何で陸遜は呉書の単独伝で記述されているのに蜀書の孔明の単独伝よりも地味なの?




夷陵の戦い 初戦

朝まで三国志 劉備

 

西暦222年、蜀の劉備が義弟・関羽(かんう)の仇討ちのために大軍を率いて呉領に攻め寄せます。

劉備は配下に荊州生まれの臣が多く、荊州を失うと組織が瓦解する恐れもあったのです。

まさに荊州は劉備軍の生命線でした。

 

陸遜

 

このとき呉の大都督に任命されたのが陸遜です。

劉備は数多くの砦を作り、さらに多くの屯営を設けています。

初戦ではまず呉班を前線させ、平地に陣を構え、呉軍に揺さぶりをかけます。

呉の将らは攻める好機と動き始めますが、陸遜が止めました。

陸遜の読み通り劉備は谷間に八千の兵を潜ませており、

呉軍が誘いに乗らないと見るや引き上げたのです。

 

関連記事:もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった?

関連記事:【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察




夷陵の戦い 中盤

陸遜

 

陸遜は約半年間、じっと守りを固めて劉備の軍勢の隙をうかがっていました。

その間に約五百から六百里も敵の侵入を許していたといわれています。

劉備は長江の南岸に約四百里に渡り四十もの陣営を設営してこちらも守りを固めています。

 

陸遜

 

我慢に我慢を重ねて耐えていた陸遜でしたが、

谷間に長蛇の陣を敷いている劉備の陣形の弱点を見抜き、火攻めをしました。

一気に呉は総攻撃を仕掛けて名だたる蜀将の首を刎ね、降伏させたのです。呉の大勝でした。

劉備は命からがら白帝城に逃げ込んだのです。

 

夷陵の戦い 終盤

陸遜

 

追撃をして劉備を討ちたい呉の将らは孫権(そんけん)に上奏します。

徐盛(じょせい)潘璋(はんしょう)、宋謙(そうけん)などです。

確かに劉備を生け捕りにするチャンスでもありましたが、陸遜は大局を見つめていました。

孫権に問われた陸遜は、魏が裏で呉の隙をうかがっていることを伝えます。

孫権が陸遜の考え通りに兵を引きあげさせると、

その後すぐに魏は三方向から国境を越えて攻め寄せてきました。

陸遜は局地戦にただ勝つだけの戦術家ではなく、常に冷静に国がどうあるべきかを考えていました。

その深謀のおかげで呉はこの危機的状況から脱することができたのです。

 

関連記事:【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊

関連記事:【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ

 

逸を以て労を待つ

孫武 ゆるキャラ

 

孫子よりも民衆に流通していたとされる「兵法三十六計」。

よく「三十六計、逃げるに如かず」なんてことを云いますが、この「兵法三十六計」は兵法のバイブル的存在です。

その中に、この「以逸待労」という作戦があります。

読んで字のごとく、すぐには戦わず、敵の疲弊と隙を待って攻撃し勝つというものです。

言うは易し行うは難し……弱気で待つばかりの新米の司令官に対し、

孫策以来の古参の宿将や王族らは反抗的で文句たらたらでした。

陸遜はときに剣に手をかけて殺意をもって攻めたがる諸将の意見を止めたと云われています。

しかし、陸遜が基本に忠実なこの「以逸待労」を徹底したことで、

呉は勝利することができたのです。

そこまでの陸遜の心労は計り知れなかったものがあります。

 

関連記事:【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書

関連記事:【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

周瑜、魯粛、呂蒙亡き後、陸遜ほど兵法に精通していたものはいなかったのではないでしょうか。

きっちりとした兵法を確立していたからこそ、

戦の経験が豊富な劉備に大勝したのではないかと思います。

諸葛亮孔明や司馬懿とはまともに戦ったことがない陸遜ですが、

真正面から戦っても十分に勝機を見い出していたのではないでしょうか。

もし、戦っていたら……なんて想像するのも楽しいですね。

ちなみに陸遜の夷陵の戦いの戦略は、その後の中国軍隊の伝統的な戦法になっていったそうです。

 

関連記事:陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

関連記事:陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 呉が好きな皆さんへ!五分でわかる孫呉の逸話を紹介【三国志逸話列伝…
  2. 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代…
  3. 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画
  4. 鄧芝(とうし)ってどんな人?ザ・セルフ釜ゆで 孫権を心服させた名…
  5. 曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?
  6. 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?
  7. 極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの?
  8. 初心者にも分かる!陸遜と諸葛亮孔明の関係性

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてしまった漢
  2. 劉繇(りゅうよう)が凄い!袁術の宿敵?そこそこ頑張った英傑の生涯
  3. 身内以外の意見は聞かない暴れ者・項羽が少年の意見だけは聞いた?
  4. 【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景
  5. 何で姜維の北伐は反発されてたのに孔明の北伐は反対されなかったの?
  6. 【軍師連盟】晩年の司馬懿には欠点はなかったの?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇 【キングダム】呂不韋の一字千金とはどんな名言なの? 老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった 【官渡の戦い前哨戦】文醜はどうして敗北することになったの? 【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁術だった!? 秦国六大将軍、胡傷(こしょう)は王翦の師匠だった!? 劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

おすすめ記事

  1. 【ネオ三国志】第3話:徐州の牧・劉備と兗州の騒乱
  2. 【燕の名将・楽毅の名言】古の君子は交わりを断つとも悪声を出さず
  3. 曹操の機転。濮陽の戦いと定陶の戦い
  4. 【お知らせ】新企画第2弾「はじめての三国志ストア」をリリースします。
  5. 隗より始めよとはいったい何?最強の自薦方法だけど就職活動には使えない?
  6. 【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐
  7. 4話:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる
  8. 【新事実】漢の時代の市場はヤンキーの溜まり場だった!

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP