帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての変

もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】

この記事の所要時間: 223




ろひもと理穂さん01

 

こんちゃす。どうも、ろひ理穂だよ♪

(最近、ねこてんさんがツボなんで真似してみました)

今回は引き続き「趙雲子龍」について考察していきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】




蜀の五虎将軍

趙雲

 

人材不足が否めない蜀において、猛将・名将として名高い五人の将軍がいます。

関羽を筆頭に、張飛、趙雲、馬超、黄忠の五人です。五虎将軍と呼びます。

五人とも一騎打ちでも素晴らしい武芸の腕前を披露していますが、

兵を率いての戦闘でも数々の武功をあげています。

 

趙雲 長坂の戦い

 

趙雲は、西暦208年の長坂の戦いでは、

主君の子息を抱いて戦場を駆けまわるという神業を披露していますし、

西暦213年の定軍山の戦いでは空城の計で敵をあしらいました。

荊州南部の攻略や益州各郡の攻略にも貢献しています。

蜀の将のなかでも劉備からの信頼がとても厚かった名将です。




趙雲が魏に仕えていたら

五虎大将軍 趙雲

 

趙雲は冀州の常山郡の出身です。

冀州といえば韓馥や袁紹が刺史になった土地であり、

公孫瓚や曹操が攻め込んで戦場となったような群雄割拠の激戦地になります。

趙雲は始め義勇兵を率いて公孫瓚の配下になっています。

何かしらの魅力を公孫瓚に感じたからでしょう。そこで劉備に出会いました。

やがて公孫瓚が滅んだ後、袁紹のもとにいた劉備を訪ねて配下に加わっています。

このように趙雲は勢力の大きさや名声などには左右されず、

志のある人間に協力したいという信念があるようです。

忠義の士として最後まで劉備に従う趙雲の根底はここではないでしょうか。

はたして趙雲が曹操と出会っていたら、趙雲は魅力を感じることができたのでしょうか。

一番興味があるのはこの点ですね。

曹操の方は、冷静沈着で武勇に秀でた趙雲を手ゴマにしたいときっと思ったはずです。

そして活躍の場をきっと趙雲に与えたことでしょう。

 

 

趙雲は魏で活躍できたのか

張遼・楽進・李典

 

夏候惇や夏侯淵、曹仁や曹洪、于禁、徐晃、張遼、張郃、

許褚、楽進、李典など名将揃いの魏において趙雲はどれくらいの働きができたのでしょうか。

なにせ曹操は四方八方を敵に回していました。黄巾賊や董卓、その残党だけでなく、

呂布や袁術、陶謙、劉備、孫策そして袁紹。武功をあげる機会は無数にあるのです。

兎角、当初の曹操は我慢の戦が続いています。大軍相手に寡兵で戦うこともしばしばです。

趙雲のメンタルの強さはきっと活きたのではないでしょうか。

戦場で疲れも見せずに働く趙雲の背中はきっと曹操を励ましたことでしょう。

能力主義の曹操ですからそんな趙雲を重く用いることになったはずです。

 

関羽が認めた名将・張遼、徐晃

顔良と関羽

 

プライドの塊のような関羽は、めったに相手を認めません。

例え官位や権威が上の相手であってもへつらうようなことは絶対にありません。

ただし、その力を認めた相手には心を許す傾向があります。

魏の将軍のなかで関羽に認められたのは、張遼と徐晃です。

ちなみに仲間である蜀の将軍で関羽に認められたのは張飛と趙雲くらいではないでしょうか。

趙雲は関羽から義弟のように可愛がられています。

そう考えると魏に仕えていたとしたら

趙雲は張遼や徐晃と同じくらいの功績を残せたのではないかと思います。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

実は趙雲は生え抜きに近い年月を劉備のもとで働いていましたが、

五虎将軍としての扱いは最下位でした。

あの魏延よりも官位は低かったと云われています。

なぜそうなったのかは謎が多いですが、

それに対して趙雲が不平不満を漏らしたという記録は残ってはいません。

もしかすると出世することを望まないタイプの人間だったかもしれません。

その性格をいいことに劉備は出世を望む他の将を厚遇したのではないでしょうか。

曹操であれば確実に趙雲の力を認め、実績を積ませ、破格の待遇をしたような気がします。

満ち足りている趙雲……何かハングリーさに欠けますね。

そうなると現代の趙雲の人気はここまでなかったかもしれません。

はたしてどちらが良かったのか……。

きっと趙雲は劉備のもとで働くことに満足していたことでしょう。

そこが趙雲の魅力でもありますよね。

みなさんはどうお考えですか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし荊州を趙雲に任せたらどうなったの?【ろひもと理穂if考察】

関連記事:もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編…
  2. 三国志の時代に象兵はいたの?
  3. 【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵…
  4. 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人…
  5. 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり
  6. 荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース27記事【2/13〜2/1…
  8. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 62話:徐庶を手に入れたい曹操、程昱の鬼畜な計略を採用し劉備から徐庶を奪うの巻
  2. 陳泰(ちんたい)ってどんな人?司馬昭の親友でもあり正義感が強く清廉な将
  3. 曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?
  4. 【難問】三国志好きは解きたくなる!なぞなぞ・クイズ集
  5. 58話:水鏡先生曰く、劉備に足りない人物って誰の事?
  6. 孫尚香ってどんな人|孔明に曹操、孫権と並び評された人物

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

出雲の麒麟児・山中鹿之助の青年期に迫る 英雄記から見た河北の覇者を決める公孫瓚VS袁紹 【軍師連盟】魏の名君・曹叡が長生きしたら司馬一族の天下取りは不可能だった? 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介 字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第4部 呉の家臣団の組織関係が孫策時代と孫権時代が全く違い面白い 111話:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース10記事【2/29〜3/6】
  2. 【ネオ三国志】第4話:孫家の跡継ぎ、天下へ向けて出陣
  3. なんじゃこりゃ?とツッコみたくなる三国志時代の職業別ユニフォーム
  4. もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの?
  5. 幻の必殺陣形・八卦の陣とは?三国志演義と諸葛亮孔明の八陣図
  6. 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事
  7. 安保法案ってなに?三国志で理解する安保法案【今さら聞けない】
  8. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画
袁術祭り
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP