朝まで三国志軍師
キングダム




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる

この記事の所要時間: 327




李儒と三国志

 

三国志は正史と演義ばかりではありません。

長い歳月の中で、民衆によって語られ続けてきた民話の中にもあります。

日本人が桃太郎や浦島太郎に親しむように、中国人は関羽(かんう)

孔明(こうめい)張飛(ちょうひ)の出てくる民話に親しんできたのです。

その話は荒唐無稽でありながら明瞭で分かりやすくユーモアに満ちています。

今回は、そんな民話から、羅貫中(らかんちゅう)にブチ切れた関羽を紹介しましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




売れっ子、羅貫中、関羽を使ったエロ話を思い付く

羅漢中と関羽

 

三国志演義の作者、羅貫中は、毎日、次に出す原稿に追われていました。

次の舞台は、劉備(りゅうび)の二人の妻を保護して、

やむなく曹操(そうそう)に降った関羽が、

「曹操に降るのではない、漢に降るのだ」という苦しい理屈で、

一時曹操の配下になるという件です。

 

そこで、羅貫中は、素晴らしいアイデアを思い付きます。

 

「そうだ、こうしよう!曹操は関羽を手放したくないから、

わざと関羽と劉備の夫人を同じ部屋に置いて間違いを起させようとする。

そうして、主君の妻に手を出せば、関羽も、おめおめと劉備の下へは

戻れなくなるじゃないか!」

 

羅貫中の筋立ては、こうです、、

 

真っ暗な部屋には、一本の蝋燭が灯っていて、

そこで劉備の夫人二人が静かに針仕事をしている。

 

関羽は、その近くに座って春秋を読んでいるが、

薄幸の夫人の透き通るような肌が視界に入り、

それを見るともなく見ている間に、憐憫の情が湧き

何だか胸中がもやもやし、下半身の青龍偃月刀も落ち着かない。

劉備の夫人達も、空気を察して針仕事の手を止め、

戯れに関羽のヒゲを優しく撫ではじめた




ヒートアップする羅貫中の前へ関羽が出現!

羅漢中と関羽2

 

筆に熱がこもる、ノリノリの羅貫中ですが、

そこにいきなり、

 

「待ってくだされ!羅貫中殿っ!」と男の声が響きます。

 

羅貫中がびっくりして視線を上げると、そこには、

緑色の戦袍に黒いヒゲを腰まで垂らした赤ら顔の豪傑が立っています。

まあ、説明不用ですが早い話が関羽だったのです。

 

羅貫中が驚いて腰を抜かしていると関羽は赤い顔をさらに

赤くして懇願します。

 

「羅先生! どうか、今書いている話だけは止めてくだされ!

拙者は女嫌いで通っている身、主君の妻とそんな仲になるとは

例えフィクションでも、どうしても承服できませぬ」

 

関連記事:【授業に出るかも】正史三国志と三国志演義の違いは何?

関連記事:時空を超える関羽、琉球の民話に登場

 

羅貫中は、関羽を説得しようとしますが・・

羅漢中と関羽3

 

「いやいや、関羽様、誤解で御座います!

そんなウヒョ!な事になどなりません。

あなたは堅物ゆえに、チラッとそう思うだけで思い止まります」

 

羅漢中は、恥ずかしがっている関羽の説得にかかります。

 

「あーもう、無理無理無理!!そんな女なんて汚らわしい

それがしは、忠義一筋、主君劉備一筋で御座ればッ!」

 

長いヒゲを左右にブンブン振って頑なに拒否する関羽

 

「そこを何とか! 堅物のあなたに少し色っぽい話があるだけで

読者はドカーンと受けますし、やらしい話、版元も大儲けなのです」

 

売らんかな精神で関羽を何度も説得する羅貫中に、

とうとう関羽がブチ切れます。

 

「しつこいな貴様っ!ウヒョ!は

書いてはいかんと言ったらいかんのだッ!

うがあああああああっ!!」

 

関羽は担いでいた青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう)を

目の前の蝋燭に振り下ろします。

蝋燭は燭台もろとも真っ二つに裂けました。

 

「よいか!もし、書いたら貴様もこのようになると心得よ!」

 

関羽はぶりぶり怒りながら、消えてきました。

 

関連記事:英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析

関連記事:そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる!

 

途方にくれる羅貫中だが、関羽の斬った蝋燭がヒントに

羅漢中と関羽4

 

羅貫中は、途方にくれてしまいました。

折角のアイデアではありますが、たかだか一回分のネタの為に、

真っ二つにされてしまっては割にあいません。

 

さりとて、何のネタもなくては執筆も進まないのです。

羅貫中は、うんうん唸りながら、関羽が真っ二つに斬った蝋燭を見ていて、

そこで、ぱっ!と閃きます。

 

「そうだ!こうすれば見せ場も作れるじゃないか」

 

羅貫中は、さっそくサラサラと話の筋を書きなおしました。

 

“忠義の人関羽は、青龍偃月刀で、蝋燭を真っ二つに斬り裂いて、

一本を劉備の夫人達に、一本を自分が春秋を読むのに使った。

こうして、一切の間違いが起こる事は無かったのである。“

 

羅貫中は、関羽に斬られる事なく天寿を全うしましたとさ・・

 

三国志民話研究家、kawausoの独り言

kawauso 三国志

 

三国志演義を執筆中の羅貫中に、本物の関羽が現れて、

話の筋に文句をつけるというパラドックスは、現代でも、

普通に使われる普遍性を持っています。

 

少しも色っぽい話がない関羽にエロ要素を入れようとする

羅貫中と、清純キャラを守りたいと必死の関羽の

掛けあいには楽屋オチ的な、三国志ファン受けしそうな

要素が溢れていますね。

 

※こちらは、三国志 中国伝説のなかの英傑という本を

参考にしています。

 

関連記事:【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?

関連記事:え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【曹操の人心掌握術】身内よりも部下を優先せよ
  2. 120話:司馬懿失脚の隙を狙い孔明は北伐に踏み切る
  3. はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選
  4. 中華十弓は実在したの?仁淡兄弟は中華十弓に入れるの?
  5. 出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具
  6. 仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!?
  7. 袁術祭り秘話|袁術をkawausoが取り上げた理由
  8. 項燕(こうえん)とはどんな人?信と蒙恬を撃破する王騎レベルの名将…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた
  2. 【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編
  3. 1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から漢中までの鉄軌道
  4. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第14部
  5. 三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚
  6. 周瑜公瑾の輝かしい功績

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【第1話】戦え!于禁文則ん「鮑信との出会い」 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第20話 「罪と罰」の見どころ紹介 【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた? 張既(ちょうき)とはどんな人?反乱の多かった雍州・涼州の二州を見事に統治した名政治家 孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍 三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの? 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第28話「死の帳面」の見どころ紹介 陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正史三国志の作者

おすすめ記事

  1. 【お正月企画】曹操、劉備、孫権のお酒にまつわる逸話を紹介
  2. 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由
  3. 『とちぎの三国志「山車人形」まつり』が開催。三国志の登場人物を載せた山車を展示
  4. その裏切りはちょっと!!三国志の裏切りベスト10
  5. 【男の嫉妬は怖すぎる】スーパーエリート袁術 VS スター劉繇(りゅうよう)
  6. 三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる
  7. 132話:もうやりたい放題!曹叡の乱心で魏の暗黒時代へ突入
  8. 沢山の人材を発掘した呉の孫権

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP