よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第2回】




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・みんなで作戦会議」のコーナーです。

 

 

名門出のスーパーエリート袁術の天下統一のためにみんなで作戦会議をしていこう!!

ということで、第2回になります。

前回は現状の袁術の置かれている状況について再確認いたしました。

周辺には有効関係を結んでいる徐州の陶謙と、幽州の公孫瓚がいます。

しかし敵対する兗州の曹操、冀州の袁紹、荊州の劉表がいます。

ちなみに揚州南部の劉繇も亡くなった兄の劉岱のつながりで曹操とは誼を通じています。

ここも敵対勢力の一つですね。

今回は我が袁術軍の名だたる将や官たちをご紹介し、

彼らをいかに効果的に動かすのかをご検討いただきたいと思います。

ややマニアックなキャラもいますが、これを機会にぜひ名前を覚えてもらえればと思います。

誰か忘れられた存在がいたら教えてください。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

前回記事:袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】




袁術軍の武将たち

 

筆頭は紀霊→三尖刀の使い手で袁術軍の武勇を誇る男です。袁術からの信頼も厚い。

張勲→袁術が寿春に本拠地を移すときに活躍。大軍であっても統率できる将器を持つ。

劉勲→袁術とは旧知の仲で、曹操とも古くからの知り合い。したたかな性格ながら武勇には優れている。

橋蕤→張勲と共に袁術が寿春に本拠地を移すときに活躍。一騎打ちにも自信を持つ猛将。

孫賁→戦死した孫堅の一族。孫堅死後はその軍勢を引き継いだ。

呉景→孫堅の妻は呉景の姉。孫賁と共に孫堅亡き後の軍勢を率いる。

孫香→孫堅の一族。孫堅死後も引き続き袁術に仕えた。

李豊→詳細は不明ながら武勇に優れた将。

梁綱→こちらも詳細は不明ながら忠誠心に厚く、武勇に優れる。

楽就→こちらも詳細は不明。武勇に優れて将として活躍する。

陳紀→こちらも一隊を率いる武将。袁術からの信頼は厚い。

雷薄→将として一隊を率いるが、そこまで袁術への忠誠心はない。

陳蘭→雷薄とコンビを組みことが多い武将。やはり袁術への忠誠心は低い。

孫策→孫堅の長子。徐州に移り住んでいたが、孫賁・呉景を頼って袁術に仕官してきた20歳の若者。

朱治→孫策を補佐していたが、孫策が袁術に仕官したタイミングで共に袁術に仕える。




袁術軍の文官たち

 

閻象→袁術の側近。袁術のためにも諫言することがある。

楊弘→兵を率いることもあるが、何かにつけて袁術に助言する側近。

韓胤→主に外交面を担当。袁術の代官として外交交渉をする。

舒邵→正義感溢れる役人。兄の友人が殺されたときにはその仇を討った。

鄭泰→大将軍・何進の軍師も務めた人物。計略に優れる、長安より逃亡してきた。

 

袁術の一門衆

 

袁耀→袁術の子息。詳細は不明。

袁胤→袁術の一族。戦闘は苦手のようである。

 

以上がだいたいの袁術軍のメンバーとなります。

この後で孫策の人望に惹かれて周瑜魯粛、呂範などの知将が集まってきますし、

都のほうから楊奉や韓暹といった猛将が流れてきたり、

若い袁換や諸葛玄などが立派に育っていくことになります。

なかなかの層の厚さですね。

文官のメンバーが少し足りませんが、張烱などのさらに不明点の多い役人もいます。

長安に密偵として送られる萇奴などもいます。

勢力の大きさを考えるともっともっと人材は豊かだったことでしょう。

これも袁術のアドバンテージの一つかもしれません。

やはり袁氏の名声に惹かれて人は集まります。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

さて、袁術の周辺の状況と、組織の状況も確認が終了しました。

いよいよ天下統一に向けて第一歩を踏み出しましょう。

しかし、どのように動き出せばよろしいでしょうか。この動き始めは重要です。

攻める?守る?外交?人材確保?政治に専念?

選択肢はいろいろありますね。

 

ぜひ皆さんも考えてみてください。

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

次回記事:袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】

関連記事:呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』
  2. 袁術は反董卓連合軍の解散後どこで何をしていたの?
  3. 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】
  4. 袁家をイジメる董卓 【三国志とお金】まともな銭は何処に?消えた良貨の行きつく先
  5. 夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族
  6. 典韋と弁慶の共通点を探してみたら意外な事実が判明!?
  7. 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事…
  8. 痛い目にあう孫権 合肥の戦いで張遼が孫権を討ち取っていたら三国志はどうなった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 五斗米道の教祖・張魯

おすすめ記事

  1. 戦国策【魏策】人の心の裏表を把握せよの巻
  2. はじめての三国志編集長の推薦状『8月の見どころ記事』Part.1 はじめての三国志編集長 kawauso
  3. 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】
  4. 岩崎弥太郎とはどんな人?世界の三菱を築き上げた一代の政商の生涯
  5. はじめてのプロ野球(三国志風)日本のプロ野球は人材の宝庫?
  6. 【素朴な疑問】三国志の時代のお葬式とは、どんなものだった?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男  陸遜の考察は三国志ライターろひもと視点ではこんな感じ 孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう) 【キングダムの登場人物の子孫達】東晋時代の王賁の子孫の政治手腕と軍事手腕がヤバイ! 8話:社会不安を利用し急速に拡大した太平道、当時の人が宗教に頼った理由とは? 【ネタバレ注意】キングダム543話 「主戦場」 レビュー&今後予想 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第30話「潰されざる者」の見どころをご紹介 三国志をテーマとした美少女簡単ストラテジーRPG『三国志炎舞~王様の物語~』8月25日より配信をスタート

おすすめ記事

  1. 忠臣蔵はテロ?知っているようで知らない赤穂事件を解説 赤穂浪士の吉良邸討ち入り
  2. 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた
  3. なぜ関羽は神様になったのか?忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝
  4. 【三国志平話】あの劉備親分がまさかの詩人キャラ
  5. 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない
  6. 【危険】謀略の天才だった陳平の批判がエグすぎる
  7. 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話
  8. 記録が乏しい孫堅の妻たち

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP