架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志の時代に実際にあった計略について徹底紹介

この記事の所要時間: 357




※こちらの記事は「大戦乱!!三国志バトル」専用オリジナルコンテンツです。

 

三国志演義には、駆虎呑狼(くこどんろう)、十面埋伏(じゅうめんまいふく)、

苦肉(くにく)の計など、沢山の計略の名前が出てきます。

しかし、それらの計略は物語を面白くする為のフィクションである事も多いのです。

では、実際の三国志の世界では、どんな計略が使われたのでしょうか?

今回は、史実でも確認できる計略について紹介しましょう。




人の猜疑心に付け込んだ背筋も凍る賈詡の計略・・

 

一番手は、武帝紀に記された、曹操(そうそう)に仕えた策士、賈詡(かく)

編み出した計略です、西暦211年、関中の馬超(ばちょう)韓遂(かんすい)

同盟を結んで曹操に叛きます、世に言う潼関(どうかん)の戦いです。

曹操は、優秀な騎馬兵を率いた馬超と韓遂に手を焼き賈詡に計略を求めました。

すると賈詡は、わざと講和に応じる振りをして、韓遂と逢うように曹操に求めます。

そして、戦争の話はせずに、昔の思い出話をして欲しいと要求しました。

 

曹操は言われた通り、馬で韓遂と会見して昔話を開始します。

ちなみに馬上で敵同士が会話をするのは当時よくあり交馬語(こうばご)と呼ばれます。

 

韓遂と曹操は若い頃からの知り合いで、共にバカをやった昔を懐かしみ

話は盛り上がり、お互いに手を叩いて笑ったと記録にあります。

 

馬超は、それを離れた場所から見て、不信感を持ちました。

何を話しているか分らないから、余計に疑惑が募ります。

戻ってきた韓遂に馬超は「曹操と何を話した?」と聞きますが韓遂は、

「いや、昔話に花を咲かせただけだ」と素っ気なく答えます。




曹操から届いた黒塗りの手紙に馬超の疑惑が爆発する

 

しばらくすると、韓遂に曹操から手紙が届きました。

ところが、手紙を開封してびっくり、そこには何か文字が書かれた上から、

墨で塗りつぶしが行われており、全く読めないのです。

そこへ、馬超がやってきました、咄嗟(とっさ)に韓遂は手紙を隠します。

 

「今、何を隠した?曹操からの手紙だろう、見せろ!」

 

言い逃れ出来なくなり、韓遂が手紙を見せると馬超の不信は増大します。

 

「どうして手紙を塗り潰した?ここには何と書いてあったのだ!」

 

「ち、違う!この手紙は最初から塗り潰されて、読めなかったのだ・・」

 

馬超は、せせら笑いました、そんな嘘に騙されると思うのか?という態度です。

韓遂が弁解すればするほど、馬超の疑惑は確信に変わり、とうとう両者は仲違いし

連合軍は分裂、その隙を突いて曹操は出撃し撃破してしまうのです。

 

原文:他日 公又與遂書 多所點竄 如遂改定者 超等愈疑遂

 

それにしても賈詡、恐ろしいヤツです、人の猜疑心を利用して黒塗りの手紙を与え

韓遂がそれを否定すればするほど、猜疑心のスパイラルに嵌りました。

相当に性格が悪くないと、こんな計略は思いつかないでしょう。

 

ポピュラーな計略の道具、鴆毒

 

三国志の世界でも使用された毒と言えば鴆毒(ちんどく)が挙げられます。

鴆とは鳥の名で羽根に猛毒を持っているとされ、羽根を水に浸し毒を取るとされますが、

架空の鳥であるようで、実際には自然界の鉱物に微量含まれているものを採取し

それを集めて毒として使っていたようです。

 

現在では、鴆毒は、三酸化二ヒ素として知られ、水に溶けると亜ヒ酸に変化しますが、

恐ろしい事に無味無臭であり、5ミリグラム以上を摂取すると、嘔吐、下痢、

血圧低下から頭痛を引き起こし死に至ります。

 

また、鴆毒は微量だと死にませんが、中毒性がありどんどん体に蓄積していき、

胃腸障害、腎障害、肝障害、そして神経障害を引き起こし皮膚が黄色くなって死にます。

病気に見せ掛けて殺すには、うってつけの毒と言えるのです。

 

酒や水、食物に混ぜて使いますが、摂取してしまった場合には、

助かる方法は、体に吸収される前に吐き出すしかありません。

三国志においては、霊帝(れいてい)の跡を継いで帝になった劉弁(りゅうべん)こと

少帝(しょうてい)が、董卓(とうたく)により毒を飲む事を強要されますが、

少帝の飲んだ毒が鴆毒であると言われています。

 

トリカブトを使った毒矢による計略

 

毒を飲ませられる程、親密でも弱くもない相手を倒す計略としては毒矢があります。

鴆毒とは違い、皮膚の内部に入る事で浸透する毒であり、烏頭(うとう)とよばれます。

読んで字の如く、トリカブトの事で日本では古来、附子(ブス)とも言います。

 

このトリカブトは、致死量、3~4ミリグラムで、唇や腹部の皮膚に痺れを感じ、

やがて呼吸困難を起こして意識が混濁し死に至ります。

三国志では、矢じりに塗りつけて使い、主に弱い兵が敵将を殺すのに使われました。

江東の小覇王、孫策(そんさく)は西暦200年、許貢(きょこう)の食客に襲われ

トリカブトの毒を塗った矢が頬に刺さり、即死はしませんでしたが、衰弱していき

後の事を部下に託して、間も無く亡くなりました。

 

もう一人、トリカブトの毒を受けたのは、軍神、関羽(かんう)です。

いつの頃か分りませんが、敵の矢を肘に受けてから治らず、梅雨の時期には、

嫌な痛みが起きたので、医師を呼んで見せると、矢じりにはトリカブトの毒が塗ってあり

その毒が肘の骨を腐食させて膿み、熱と痛みを発していると診断されます。

放置しておくと、腕は使えなくなると言うので、関羽は医師に切開手術をさせ、

腐食した骨を削り取って全快する事が出来ました。

 

関羽は手術の間、平然と炙り肉を裂いて、酒を体に近づけて飲み食いしていたと

記録されていますが、痛くなかったのでしょうか?

 

関連記事:スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・

関連記事:華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?

 

ゲームでもお馴染みの計略 埋伏の毒

 

埋伏の毒とは、甘い食べ物の中に苦い毒を埋め込むという意味で、

味方だと信用している人間が実は敵のスパイというようなケースを言います。

史実の三国志では、呂布(りょふ)の配下として仕えた陳珪(ちんけい)と

陳登(ちんとう)の親子が有名です。

 

両者は曹操の指示を受けつつ、呂布と袁術(えんじゅつ)が同盟を結ばないように、

陰に陽に呂布に袁術の悪口を吹き込み、曹操を持ちあげる進言を繰り返します。

それにより、呂布と袁術は仲違いし、戦争まで行うようになりました。

呂布は勢いが衰えると、再度、袁術と同盟を結ぼうとしますが、その頃には、

呂布は曹操の攻撃を受けており、袁術も敗戦と飢饉のWパンチで国力がガタ落ちし

とても力を合せるような状態ではありませんでした。

 

元手入らずで当たれば決定打、火計

 

火計(かけい)は、説明不用な程にポピュラーな計略で、要は火を放って、

敵の兵糧、軍船、あるいは兵士そのものを焼き払ってしまう事です。

 

火計は、三国志演義のみならず、正史にも枚挙のいとまがない程に出てきます。

西暦190年、董卓が反董卓連合軍の追撃を回避する為に洛陽に火を放っていますし、

200年の官渡の戦いで曹操が袁紹(えんしょう)を破った決定打は袁紹軍の

食糧集積所であった烏巣(うそう)の焼き討ちでした。

西暦208年、赤壁の戦いでは、黄蓋(こうがい)が偽りの降伏を装い、薪を満載して

魚油を染み込ませ、火を掛けた小船を曹操の水軍に突撃させて焼き払っています。

 

 

 

三国志の時代に実際にあった計略について徹底紹介

の続きは、「大戦乱!!三国志バトル」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「大戦乱!!三国志バトル」を登録しよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. マンガ『キングダム』に学ぶ、本心を隠し部下の本音を探れ
  2. 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?
  3. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編
  4. 46話:袁紹軍の審配、石弓隊で曹操軍を撃破
  5. 97話:蜀を得た事で呉と荊州の支配問題が再燃する
  6. 孫権と同じ三代目で地味な北条氏康
  7. 【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?
  8. 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国天武とはどんなアプリゲーム?
  2. 月刊はじめての三国志2017年8月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  3. 朱儁(しゅしゅん)とはどんな人?董卓を恐れずに反対意見を述べた人物
  4. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2
  5. 【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ!
  6. 【劉邦暗殺計画】劉邦の態度のでかさに激怒した家臣達

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹昴の伝説 | 武将アンケート裏1位獲得 【袁家ファン必見】袁家はどうやって名門になったの?汝南袁氏の基礎を築いた袁安(えんあん)が超苦労人だった 宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を分かりやすく解説! 狸(徳川家康)とお猿(豊臣秀吉)の外交合戦が面白い! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/24〜7/31】 周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち 102話:成長した張飛、計略で張郃を撃ち破る

おすすめ記事

  1. 劉備は劉安という人物の妻を食べたの?食人文化と明清時代の風習
  2. これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話
  3. 秦の身分制はどうなっていたの?夏子、真って何?
  4. 諸葛靚(しょかつせい)とはどんな人?父(諸葛誕)の敵である司馬家を恨み、晋に仕えなかった硬骨漢
  5. 夏侯惇は本当に自分の目玉を食べたの?
  6. 人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは?
  7. 【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何?
  8. 昌文君(しょうぶんくん)はどんな人?実は昌平君と共に楚からやってきた人質?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP