よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

はじめての漢

馮氏(ふうし)とはどんな人?三国志演義では出番が少ないが正史三国志では重要人物

この記事の所要時間: 320




 

後漢末から三国志の時代では、戦乱の世であったため、

多くの女性や子供は戦争の犠牲者となっていました。

戦火の中では、非力な女性はあっさり亡くなってしまいそうですが、

地位の高い女性は側室として迎えられるケースがあります。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:早すぎた時代の改革者・袁術にヘッドハンティングされた徐璆の逸話




馮氏とはどのような女性?

 

特に美しい女性はこのようなケースにとなる場合があります。

有名な話では、曹丕(そうひ)の妻である甄氏(しんし)がこのケースにあたります。

馮氏(ふうし)もこのような境遇になった高貴で美しい女性でした。

今回は、馮氏(ふうし)について御紹介致します。




馮氏は一言で説明すると

 

さて、馮氏(ふうし)ですが三国志演義しか知らない人は彼女のことを知らないかもしれませんが、

彼女は結構有名な人物です。正史三国志では、

馮氏(ふうし)は袁術(えんじゅつ)の側室として記されています。

演義では出番は少ないですが、正史では袁術(えんじゅつ)の側室ということもあって、

存在感あるポジションです。

馮氏(ふうし)は、司隸の出身です。

司隸は都の周囲を監視する役職である司隸校尉の管掌地域であるので、

彼女の父の馮芳(ふうほう)は司隸校尉であると推測されます。

 

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

馮氏の生きた時代

 

彼女の生きた時代はちょうど、董卓(とうたく)の死後、

李傕(りかく)郭汜(かくし)等のゴロツキが好き放題していたため、

曹操(そうそう)献帝(けんてい)を保護し、都を許昌に移した頃でした。

許昌への遷都は建安1年(196年)でのことですが、

この頃貧富の差がとても激しくかったと伝えられています。

特に城の内外で大きく差がありました。

城の外では人々は飢えと寒さに苦しみ、互いを食い合うという地獄のような光景でした。

 

一方で後宮では女性達は美しく着飾った服を着て、

良質な米と肉があり余るほどあったそうです。

 

関連記事:呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!

関連記事:袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】

 

袁術との出会い

 

さて、世は乱世真っ只中といった状態でした。

馮氏(ふうし)は戦渦に巻き込まれ揚州に非難していました。

その少し前に、袁術(えんじゅつ)は董卓(とうたく)の乱を経て、

諸軍との戦いの中で力を失い、揚州に落ち延びそこで力を蓄えていました。

袁術(えんじゅつ)は、城壁に上って城下を見ていると馮氏(ふうし)を見かけて一目惚れします。

袁術(えんじゅつ)はすぐに彼女を後宮に向かえ、寵愛しました。

 

袁術の下での馮氏

 

戦渦に巻き込まれていた馮氏(ふうし)でしたが、ここで袁術(えんじゅつ)の側室となりました。

前述したように後宮の中と外では凄まじい格差がありますので、

彼女は一転して後宮住まいの勝ち組となりました。

ところが新しく後宮に入った彼女を良く思わないものは多く、

他の女達に妬まれ、殺害されてしまいます。

死後、彼女は方女(ほうじょ)と諱されています。

そのため、現在馮氏(ふうし)は馮 方女(ふう ほうじょ)と呼ばれています。

 

演義での馮氏

 

三国志演義でも袁術(えんじゅつ)の妻として登場します。

袁術(えんじゅつ)が自称皇帝となった時、彼女は皇后に立てられました。

記述から判断して、馮氏(ふうし)は正史では側室であったのに対して、

演義では正室になっているようです。

袁術(えんじゅつ)は、曹操(そうそう)との戦で敗走しました。

兵は、討ち死にするものや逃げ出すものもあってか、最後に残った者は、

袁術(えんじゅつ)の親類がほとんどだったそうです。

袁術(えんじゅつ)は、病死し、その後馮氏(ふうし)は袁術(えんじゅつ)の甥、

袁胤(えんいん)に守られて、慮江郡まで逃れました。

しかし、戦の混乱の中で徐璆(じょきゅう)という男のために、

残った袁の一族は皆殺しにされました。

徐璆(じょきゅう)はこの時玉璽を奪い、都に届けたそうです。

 

三国志ライターFMの独り言

 

馮氏(ふうし)は、袁術(えんじゅつ)が夫(?)であるため、ご存知の方も多いと思います。

正史と演義の両方の彼女の生涯を比べると、

どちらも戦渦に巻き込まれた悲惨な生涯を送っているように見えます。

正史は記録であってそれは仕方が無いですが、

演義では自称皇帝の袁術(えんじゅつ)の妻という罰当たりな人の傍にいたためか、

悲惨な描かれ方ですね。

なお、正史では”馮氏(ふうし)ではない袁術(えんじゅつ)の正妻

は慮江郡の劉勲(りゅうくん)の元に身を寄せた後、

孫策(そんさく)に引き取られたそうです。

こうした話を聞くとなおさら悲惨ですね。

ところで、彼女は皇帝を名乗る袁術(えんじゅつ)をどう思っていたのでしょうか。

 

参考文献

魏志 袁術伝

九州春秋

瀬戸龍哉 著、三国志全人物事典、株式会社G.B.(2007)

渡辺精一 著、三国志人物事典、講談社(1991)

後漢書 第六冊 列伝三十八徐璆伝

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操

関連記事:董卓が狼ならば、孫堅は何?袁術が真に受けた例え話

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

FM

FM

投稿者の記事一覧

三国志は、大昔の出来事ですが、物語をいろいろな視点や切り口で見ていくと、新しくて面白い発見があるのが好きです。

人物像や対人関係、出来事、時代背景、逸話等々、古い話とはいえ、学ぶべきところはたくさんあります。

埃をかぶせておくにはもったいない、賢人たちの誇りがあります。

関連記事

  1. 35話:曹操、陳宮の裏切りで兗州を呂布に奪われる!!
  2. 21話:汜水関の戦いの功労者
  3. 呂布の裏切りについて考察してみた
  4. これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆ…
  5. 強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致
  6. 李儒(りじゅ)とはどんな人?董卓の恐怖政治を参謀として支えた謎の…
  7. 袁譚(えんたん)ってどんな人?めちゃくちゃ三男と仲が悪かった袁家…
  8. 宦官VS外戚の争い 第二ラウンド

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 勝海舟は犬が苦手?犬のせいで命を失いそうになった勝海舟?
  2. 58話:水鏡先生曰く、劉備に足りない人物って誰の事?
  3. 中国四大美女のひとり貂蝉
  4. iOS向けゲームアプリ『みんなの三国志@ボーシム研』が配信開始! 簡単操作の本格シミュレーション
  5. 三国志の時代に活躍した兵士の逸話
  6. 第5話:袁術くん「先延ばしの癖をどうすれば直せるのか」を学ぶ

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

井伊直弼とはどんな人?井伊の赤鬼は泣いた赤鬼だった 劉曄(りゅうよう)の進言に従っていれば魏の曹丕が天下統一をしていた? これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだった! 孫権の妃達は地味な上にあまり幸福ではなかったって本当? 徳川慶喜は「家康の再来」と言われる程すごい人だったの!? 蜀討伐戦の驚きの真実!鄧艾は孫子の兵法書を応用していた! 【ビジネス三国志】曹操、黄蓋、孫権から学ぶ性格を見抜かれない上司になる方法 kawauso編集長のぼやきVol.8「専門家には敬意を持つ」

おすすめ記事

  1. 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になった男【遼東三代記】
  2. 全中が泣いた!益州のボス・劉璋の最後は実に感動的だった!
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第10部
  4. 【真田丸】高速で関ヶ原の戦いは終わったが、どうして三成と家康が戦うことになったの?『黒田廉の考察』
  5. 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!
  6. 87話:劉備、蜀への侵攻を決意
  7. 【はじさん砲】劉備は全然いい人なんかじゃなかった
  8. 2017年はじめてのストライキは、エイプリルフール企画でした!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP