コメント機能リリース
姜維特集


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

兄弟はやっぱり家族?それとも他人?『三国志』兄弟列伝

後継者争いで喧嘩する曹丕と曹植




諸葛瑾と諸葛亮

 

皆さんには兄弟はいますか?

少子化の時代ということで一人っ子の方も少なくないでしょうが、

両親の「一人っ子だと将来不安に思うかも…」との配慮により

兄や弟、姉や妹がいるという人も多いと思います。

 

しかし、この両親の配慮が吉と出るか凶と出るかは運次第。

それはもう仲睦まじい兄弟姉妹だという人もいるでしょうが、

中には同じ腹から生まれたはずなのにあんな忌々(いまいま)しい奴の顔なんて二度と見たくもないわ!

と思っている人もいることでしょう。

 

そんな愛憎渦巻く兄弟関係ですが、

三国志』に登場する兄弟たちの関係はどうでしょうか?

今回は『三国志』に出てくる兄弟模様をさらってみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志に登場する兄弟最強は誰だ!?三国志最強兄弟賞(SSK)

関連記事:義兄弟・張苞と関興はどこまでが三国志演義の創作なの?

 

 

兄弟そろって優秀だった孫策孫権

兄弟そろって優秀だった孫策と孫権

 

『三国志』の兄弟といえば桃園3兄弟を思い浮かべる人が多いと思いますが、

血のつながった兄弟と限定すれば呉の孫策(そんさく)孫権(そんけん)兄弟を

思い浮かべる人がほとんどではないでしょうか。

 

父を早くに亡くしてしまった不幸な2人ですが、

兄・孫策はその境遇に挫けることなく乱世に身を投じます。

そして父の無念を晴らさんと江東で頭角と現し始めた孫策。

この年の離れた兄の雄姿は孫権の青い目にも頼もしく映っていたことでしょう。

孫策

 

しかし、孫策はその強引すぎる性格が災いして恨みを買い、

あくる日刺客の手にかかって命を落としてしまいます。

死の間際、孫策は優秀な弟・孫権を後継ぎにすると言い遺しました。

 

そして兄に負けないくらい優秀だった孫権は、兄の言葉をしかと受け継ぎ、

見事呉国を築き上げて見せたのでした。

 

 

やっぱり自分が一番かわいいに決まってる!…張粛と張松

張粛と張松

 

張粛(ちょうしゅく)張松(ちょうしょう)は兄弟で共に劉璋(りゅうしょう)に仕えていました。

立派で堂々としていたという兄の張粛は劉璋に仕えることに

何の疑問も不満も抱いていなかったようですが、小男で風采の上がらなかった弟の張松

劉璋という主君に不満タラタラだったと言います。

 

しかし、張松の方が間違いなく優秀で先を見通す力がありました。

張松は同じく劉璋に愛想を尽かしていた法正と共に

真の主君たるべき劉備を益州に迎え入れようと画策します。

 

張松の企みを知った張粛は自分に害が及ぶことを恐れて劉璋にすべてバラしてしまいました。

これを聞いた劉璋は張松を直ちに処刑し、その妻や子も皆殺しにしたのでした。

 

兄弟とはいえやはり他人といったところでしょうか…。

自分の身の方が大切だと思うのは仕方のないことですよね。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

弟の不始末は自分の不始末…縻竺と糜芳

縻竺と糜芳

 

劉備(りゅうび)が徐州を手にしてからずっと劉備に付き従ってきた縻竺(びじく)糜芳(びほう)兄弟。

劉備が留守中に呂布(りょふ)によって下邳(かひ)を奪われた際には

彼らはその資産を劉備のために投げ出してその危機を救いました。

 

彼らがいなければ劉備軍は全員野垂れ死にしていたわけですから、

劉備は縻竺・糜芳兄弟に大恩を感じており、

益州を得た際には縻竺を諸葛亮(しょかつりょう)よりも高い位につけたと言います。

 

しかし、弟・糜芳の方は蜀での待遇に不満を持っていたようです。

というのも、共に荊州の防衛を任されていた関羽(かんう)との折り合いがどうにも悪かったのです。

糜芳は自分を軽んじる関羽が樊城に出征しても積極的に助けませんでした。

 

また、自身の不注意で郡の物資を焼失してしまったについて

関羽がお冠だという噂を耳にして恐れを抱き、孫権に寝返ったのでした。

 

このために関羽は呉に敗北し、命を落としてしまいます。

これを聞いた兄・縻竺はすぐに劉備の前に出頭し、

自分を罰するように地面に頭をこすりつけて嘆願しました。

 

これを受けて劉備は弟の罪は弟の罪で兄の罪では無いと諭します。

しかし、それでも罪の意識が拭えなかった縻竺は

心を病んでついには亡くなってしまったのでした…。

 

殺してやりたいくらい憎らしい…曹丕曹植

曹丕と曹植

 

偉大な父・曹操(そうそう)と心優しい母・卞夫人(ていふじん)の元に生まれた曹丕(そうひ)曹植(そうしょく)

曹操の後継ぎなど他の兄弟の役目と思っていた2人でしたが、

ひょんなことから第一・第二候補者となってしまいます。

 

順当にいけば兄の曹丕曹操の正統な後継ぎとされていたのですが、

弟・曹植の側近たちが彼の詩文の才を持ち上げて

やいのやいの言いまわるものだから曹丕の心も穏やかではありませんでした。

 

その後正式に太子となった曹丕は曹植の側近たちを次々に排除しました。

そしていよいよ曹丕が献帝(けんてい)から禅譲を受けて皇帝を名乗ると

曹植は大声を上げて泣いたと言います。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

説話集『世説新語』によれば、それを聞いた曹丕は曹植に対して

「自分が七歩歩く間に詩を作れ。できなければ死を賜う。」

と迫りました。

 

しかし曹植はすらすらと詩を詠んで見せたのです。

 

その内容は自分と曹丕の仲を憂いたもので、

流石の曹丕もこれには思うところがあったらしく死を免じます。

それでも曹植は遠く辺境の地に追いやられ、一生を寂しく終えたのでした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【権力を巡る兄弟の確執】曹丕&曹植 VS 後白河天皇&崇徳天皇

関連記事:【保存版】三国志に登場する兄弟をドーンと紹介!!【三國志兄弟物語】

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 昌豨 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒…
  2. 水面に弱気な自分が映る周瑜 周瑜はどのような病気で亡くなったのか考えてみた
  3. 兵戸制 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」
  4. 皇帝に就任した曹丕 【第三次濡須口の戦い】曹丕の火事場泥棒から起きた最期の激戦
  5. 曹丕 曹丕のグルメエピソードがまたひとつ鍾繇が送った五熟鍋とは?
  6. 炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食…
  7. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編
  8. 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士 【三国志とお金】公共事業にたかる豪族勢力

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. チェストと叫ぶ西郷隆盛
  2. 魯粛、孫権、張昭
  3. 武田信玄と徳川家康
  4. 黒船(ミシシッピ号)
  5. 項羽
  6. 曹操と夏侯惇

おすすめ記事

  1. キングダムネタバレ574話「解放者」レビュー紹介
  2. 趙雲の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行 趙雲
  3. 超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表 李儒と三国志
  4. 劉禅は父親に似ず暗愚であるって本当? 君たちはどう生きるか?劉禅
  5. 闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝闕宣のイケイケ人生
  6. 山岡鉄舟、勝海舟の影に隠れた江戸無血開城功労者の凄い人生

三國志雑学

  1. 曹植は軟弱ではなかった曹植
  2. 周倉
  3. 呂布に従う陳宮


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 梅干しと酒を楽しむ上杉謙信
  2. 兵士と禰衡
  3. 熱血曹操
  4. 劉寵と袁術
  5. 明智光秀 麒麟がくる
  6. 特集バナー コミュニティのお知らせ 300×250
  7. 賈詡

おすすめ記事

周泰(しゅうたい)の全身の傷を解説する孫権 周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけの男 異議ありと叫ぶ司馬懿 司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル 戦え于禁 于禁はチキン?その評価の妥当性について考えてみた 【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負 武田信玄 徳川家康との対決と信長包囲網構築へ 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 張遼の武器は本当に双鉞だったの?遼来来に迫る! 【ネタバレ注意】キングダム546話「大炎の地」ネタバレ&レビュー 酒乱の徳川慶喜 徳川慶喜は会津藩をポイ捨てにした?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP