キングダム
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

五虎大将軍なのに趙雲の扱いが色々雑すぎる気がする件について

この記事の所要時間: 32




趙雲

 

「蜀の武将といえば誰を思い浮かべる?」と聞かれたら皆さんは誰の名前を挙げますか?

おそらく真っ先に義に生きた漢・関羽(かんう)の名が挙がり、

続いて桃園3兄弟の末っ子・張飛(ちょうひ)

そして劉備(りゅうび)の子・阿斗(あと)を救い出した趙雲(ちょううん)あたりが挙がるでしょう。

 

蜀の武将の中でも桃園兄弟に次いで人気の高い趙雲は、

蜀の五虎大将軍にも名を連ねる猛将ですからね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【あわれ趙雲】桃園義兄弟に入れないやむを得ない事情とは?

関連記事:陸遜と趙雲は本当に有能だったの?英雄を徹底分析

 

 

そもそも五虎大将軍って何ぞや?

そもそも五虎大将軍って何ぞや?

 

蜀の五虎大将軍といえば、関羽張飛馬超(ばちょう)黄忠(こうちゅう)趙雲の5人。

ところでこの並び順、とても気になりませんか?

えぇ、なぜか趙雲が最後なのです。

 

劉備と出会った順番でいけば関羽張飛・趙雲・黄忠馬超だろ!

と憤慨なさる方もいるでしょうが、

これは陳寿(ちんじゅ)が著した正史『三国志』に則っているようです。

 

陳寿は『三国志』蜀書において

その将たちの列伝の筆頭に単独でまるまる一巻諸葛亮(しょかつりょう)伝を据え、

その次の巻に関張馬黄趙伝を置いています。

 

この「関張馬黄趙」こそが

関羽・張飛・馬超黄忠・趙雲での5人であり、

後に彼らが五虎大将軍と称される所以となったものなのです。

 

 

正史では全然活躍していない趙雲

正史では全然活躍していない趙雲

 

陳寿が5人の将軍たちを

関羽・張飛・馬超・黄忠・趙雲に並べた基準はその功績の大きさのようです。

 

そう言われるとやっぱり趙雲が末席なのはおかしい!

と思う方も少なくないでしょうが、

実際趙雲が活躍した場面はそんなに無かったようなのです。

 

劉備が生きているうちには阿斗と劉備の夫人を救出したということくらいしか

活躍と呼べるものはありませんし、

劉備の死後に鎮東将軍にまでのぼりつめますが、

北伐の際に箕谷で曹真(そうしん)に敗れて鎮国将軍に降格させられています。

 

このように、正史『三国志』ではほぼいいとこ無しの趙雲。

むしろ関羽や張飛、黄忠、馬超と肩を並べているのがおかしいレベルです…。

私たちが『三国志演義』で見た趙雲の勇ましい姿は一体何だったのでしょうか?

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

裴松之が趙雲を頑張ってフォロー

裴松之が趙雲を頑張ってフォロー

 

趙雲についてあまりにもあっさりと書いている陳寿ですが、

その姿勢を良しとしない者がありました。

 

それこそが正史『三国志』に注を付した裴松之です。

 

裴松之(はいしょうし)は趙雲伝に

『趙雲別伝』なる書物を引いてきて骨と皮しかない陳寿の記述に肉付けしています。

 

陳寿が書いた趙雲伝の本文よりも

圧倒的に裴松之が注として引いている『趙雲別伝』の方が長い上に内容も充実しており

これもう注が本伝なんじゃね?と思ってしまうレベルです。

 

しかし、この裴松之が引っ張ってきた『趙雲別伝』は趙雲の子孫が著したものとされており、

祖先である趙雲をよいしょによいしょしたものだと言われています。

 

それでも、この別伝に描かれているような趙雲の活躍ぶりと人格が無かったら

趙雲が関張馬黄趙伝に名を連ねているのがむしろ不自然な気もしますよね。

 

趙雲が昇進しなかったのは無能だったからではない!

趙雲が昇進しなかったのは無能だったからではない

 

それにしたって実際趙雲は劉備が生きている間にこれといって目覚ましい活躍も見せず、

他の4人の将軍たちのように昇進することもありませんでした。

 

やっぱり趙雲ってちょっとデキの悪い子だったのかな…?

と不安になっている方もいるでしょうがご安心ください。

趙雲はちゃんとデキる子でした。

 

ただ、彼は劉備のお気に入りすぎて

ずっと劉備のそばにいたがために活躍する機会がなかっただけなのです。

 

劉備は公孫瓚(こうそんさん)の元で趙雲に出会ってから趙雲のことを大変気に入っていました。

 

後に袁紹(えんしょう)の元に身を寄せている際に

もう会えないと思っていた趙雲が来てくれたときには

子どものように顔をほころばせて喜んだと言います。

そして、片時も離れたくないと思った劉備は趙雲と同じベッドで眠って過ごしたそうです。

 

そんな趙雲は常に劉備のそばに仕えて劉備を直接守る役目を負うことになったため、

他の将軍たちのように遠征に出かけては

手柄を立てて帰ってくるということもなかったのでした。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

趙雲自身も自分の出世云々よりも

大切な主君・劉備のそばに仕えていた方が幸せだったでしょうし、

何より誇りに思っていたことでしょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:趙雲は本当に英雄?趙雲はイケメンでかっこよかったの?

関連記事: 【投げたらあかん!】阿斗を趙雲がキャッチする三国志ドラマがある

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 三国志の時代にも暗号があった!陰書と陰符
  2. こんなに厳しい!三国志の時代の宴会のマナーが超複雑
  3. 呂布(りょふ)は色白ハンサム?日中女子で違う呂布イメージ
  4. 親族からは嫌われていた?劉備に親族の配下がいない理由とは?
  5. 五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎ…
  6. 三国時代にも「ザ・たっち」は存在した?後漢時代に存在した双子につ…
  7. それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選
  8. 老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹洪(そうこう)ってどんな人?地味で目立たないが、曹操を支え続けた忠臣
  2. 島津久光(しまづ ひさみつ)とはどんな人?西郷隆盛の生涯のライバル?
  3. 村上義清(むらかみよしきよ)とはどんな人?武田家キラーとしてその名を馳せた戦国武将
  4. 若かりし曹操は熱血漢
  5. 三国志一騎打ちの強さベスト10!一騎当千は誰だ!
  6. 【軍師連盟】諸葛孔明の北伐は司馬仲達がいなければ成功していたの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

蜀漢(季漢)後期の歴史をザックリと解説!蜀漢を支えた蒋琬、費禕、姜維が活躍した時代 織田信長にとって最強の敵は武田信玄や上杉謙信でもなく本願寺顕如だった! まだ漢王朝で消耗してるの?第4話:九品官人法 陳羣(ちんぐん) 【三国志演義】は劉備を偽善者前提で見ると面白い 孫呉を滅亡させた晋の将軍は誰だったの?杜預それとも王濬? 徳川慶喜ってどんな人!?評価が定まらない最後の将軍 【真田丸】真田信繁も背水の陣を敷いた?国士無双と謳われた天才武将・韓信との共通点 三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの?

おすすめ記事

  1. 新選組は誤解だらけ!本当はこんな組織だ!
  2. 『史記』のはじまりは三皇本紀?五帝本紀?
  3. 胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じながらすぐに辞職した男
  4. 寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達
  5. 董卓はどうしてデブになったの?真面目に考察してみた
  6. 身内以外の意見は聞かない暴れ者・項羽が少年の意見だけは聞いた?
  7. 曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女とアモーレ・ミ―オ!
  8. 老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP