ログイン | 無料ユーザー登録


麒麟がきた
ぐっすり眠れるながら三国志


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

釣った人材が次々逃げる!ダメ釣り人袁術


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

袁術

 

三国志』を読めば読むほど、

人材の大切さが身に染みてわかりますよね。

人材にこだわり抜いた曹操(そうそう)が最終的に

三国中で最強とされる魏を築き上げましたから

その重要性は十分に裏打ちされているといえるでしょう。

 

しかし、あの袁術(えんじゅつ)だって曹操に負けず劣らず人材に

強いこだわりを持っていたのだとか。

 

ただ、曹操と違うのはその人材を捕まえ損ねることが多かったということ…。

今回は、袁術が逃がした大きなお魚たちを紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:袁術は異常気象のせいで天下を握り損ねたってホント?

関連記事:まだ漢王朝で消耗してるの?第2話:早すぎた改革者 袁術


息子とまで思っていたのに…孫策

息子とまで思っていたのに逃げる孫策

 

袁術軍で一際異彩を放っていたのは言わずと知れた呉の孫策(そんさく)です

彼は父・孫堅(そんけん)が遺した軍勢を巧みに操り袁術のために尽くしていました。

 

ところが袁術はその働きに見合った恩賞を与えません。

孫策が得たものは何やかんやと理由をつけて

自身の身内やら側近やらにプレゼント。

 

孫策に対して「お前は息子のようなものだ」と言っていながら

結局は赤の他人のように扱う自己矛盾者・袁術に対し

孫策もいよいよ不満を募らせます。

 

最終的に自ら皇帝を名乗りだした袁術に

愛想を尽かして袂を分かった孫策は、

江東に呉の礎を築き上げるに至ったのでした。


その行く末を見透かした周瑜

その行く末を見透かした周瑜

 

後に赤壁の戦いでその手腕を振るう呉の重臣・周瑜(しゅうゆ)

実は袁術からスカウトを受けていました。

ところが、そのスカウトを受けていたときには

周瑜は既に孫策の独立の野望の片棒を担いでいたのです

 

袁術に将来性無し!と見切りをつけていた周瑜は、

「居巣県の長になりたいので」

と言って袁術のもとからササっと去っていったのでした。

 

時空を越えた最強の将軍対決
呂布対項羽

 

お人好しの魯粛さえ…

お人好しの魯粛さえ逃げた

 

周瑜が孫策のもとに帰ろうと思い立つも食料不足で悩んでいた際、

2つの食糧庫のうち1つを丸ごとドーンと差し出したという

あのお人好しの魯粛(ろしゅく)も実は袁術に仕えていたことがありました。

 

しかし、袁術は身内びいきが過ぎる上にやることなすこと滅茶苦茶…。

こんな人にはついていけない…と思った魯粛

周瑜を頼って一緒に長江を渡っていったのでした。

 

魯粛の弁舌にすっかり酔いしれた孫策は

魯粛のことをそれはもう大切に扱ったのだそうです。

 

袁術はなんかよくわかんないけど絶対嫌…!何夔

孔明の空城の計

 

宦官に疎まれて没落した家に生まれた何夔(かき)は、

父を早くに亡くしたために母と兄と慎ましく暮らしていました。

そんな彼らは戦乱に巻き込まれることを恐れて揚州に移住します。

 

ところがその揚州に争いの台風の目ともいえる人物・袁術が上陸。

袁術は遠縁でもある何夔を登用しようと何夔に誘いを掛けます。

しかし、何夔はこれを突っぱねました。

 

その数年後、袁術が曹操の立て籠もる蘄陽を攻め落とそうとした際に、

袁術はその蘄陽出身である何夔を使って城門を空けさせようと考えます。

 

袁術は何夔を強く脅しますが、何夔はそれでも首を縦に振りません。

袁術は怒り狂ったものの遠縁ということで殺すことはせず、

味方につけることを諦めます。

 

その間に何夔は抜け道を通って

ちゃっかり袁術と敵対する曹操陣営に入ったのでした。

どんだけ袁術が嫌いなの、何夔…

 

呂布に奪われ、曹操にとられた袁渙

曹操にとられた袁渙

 

真っ直ぐな人柄で袁術に愛された袁渙(えんかん)ですが、

呂布(りょふ)との戦いに敗れて捕まってしまいました。

その後は呂布に仕えましたが、今度はその呂布が曹操に敗れてしまいます。

 

降伏した将たちが曹操に対して土下座さながらの挨拶をする中、

袁渙だけは普通に挨拶をし、曹操が降伏者に物資を与えた際には、

他の降伏者たちがこぞって物資を奪い合う中で

袁渙だけは書物とわずかの食料を手に取って満足げにしていました。

 

その姿を見ていた曹操は

袁渙がただならぬ人物であるとすぐに見抜いて重宝したといいます

袁術は本当に惜しい人を失いましたね。

 

まさかの急死…鄭泰

号泣する袁術

 

何進(かしん)に仕えていた際に董卓(とうたく)の野心に気づいていたという鄭泰(ていたい)

何進宦官暗殺に失敗して返り討ちの憂き目に遭ってしまった後、

鄭泰は表向きには董卓に仕えながらもその暗殺を企てていました。

 

しかし、暗殺計画は失敗に終わり袁術のもとに落ち延びます。

袁術はこれを喜んで迎え入れて揚州刺史に任命しますが、

何と揚州に向かう途中で病により急死…。

 

ではその弟を…と袁術が鄭渾(ていこん)に声をかけるものの、

鄭渾は「袁術はちょっと…」と

さっさと曹操のもとに行ってしまったのでした。

袁術も何だか狐につままれた思いがしたことでしょう…。


味方になるどころか…陳珪

陳珪

 

揚州を支配した袁術は何夔だけではなく

陳珪(ちんけい)にもラブコールを送っていました。

しかし、天は曹操に味方していると考えていた陳珪は

袁術に仕えることを拒みます

 

その後は呂布に仕えますが、

袁術が呂布に縁談を持ってきたのを見て

破談になるように画策。

みかんを投げる袁術

 

怒った袁術は呂布を攻めますが、

陳珪の計略によって大いに破られます。

その後も陳珪は曹操が勝つようにうまく立ち回って

間接的に呂布や袁術をボコボコにしたのでした。


  

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

次々と人材が逃げたり捕まったり、不慮の死を遂げる袁術

何かに祟られていたのかも知れません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:袁術へ強制的に仕えることになった華歆がマッハで彼に見切りをつけた理由ってなに?

関連記事: 袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い


 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 郭嘉 郭嘉の性格の悪さは土地柄にあり?性格や品行で訴えられた郭嘉を考察…
  2. 強くなる関羽 樊城の戦いで関羽は○○をすれば死なずに勝利できた【if三国志】
  3. 張昭 中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説!
  4. 十常侍(宦官) 我ら十常侍!でも、なぜか12人います!その理由とは?
  5. 北伐を結構する孔明 孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?
  6. 鍾会を説得する姜維 蜀の勇将・姜維は司馬昭に嵌められ無念の最期を遂げる?
  7. 陸遜 呉の名将・陸遜の栄光と悲劇の生涯がドラマチックすぎる件
  8. 四書五経とはぶっちゃけ何?読んだら何になるの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 関羽が殺されキレる劉備
  2. 千利休
  3. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  4. 戦で活躍する凌統
  5. 後継者争いで喧嘩する曹丕と曹植
  6. 李典
  7. 西遊記はどうやって誕生したの
  8. 赤眉軍
  9. 徐晃と許チョ

おすすめ記事

  1. 95話:馬超と張飛の一騎打ち 張飛VS馬超
  2. コメント欄・不具合発生のお詫びと復旧のお知らせ はじめての三国志からのお知らせ バナー
  3. 全28代!漢王朝の系図をあっさり紹介するよ! 献帝
  4. 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【前半】 降参する姜維
  5. 賈南風(かなんぷう)とはどんな人?司馬衷の妃となって晋王朝を滅亡の淵に叩き込んだ悪女 賈南風
  6. 董太后、王族ボンビーから一転セレブ 献帝の祖母の波瀾人生

三國志雑学

  1. 七星剣
  2. 三国志に出てくる海賊達と甘寧
  3. 司馬懿
  4. 陸遜
  5. 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志企画特集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. 孔明
  3. 真田丸 武田信玄
  4. 周瑜逝く
  5. 黒船(ミシシッピ号)
  6. 山頂に陣を敷いた馬謖
  7. 読者の声バナー(はじめての三国志)
“夜のひとときながら三国志ver3"

おすすめ記事

幕末 魏呉蜀 書物 科挙をカンニングで乗り切れ!あの手この手を紹介 キングダム キングダム539話 ネタバレ予想「亜花錦は飛信隊と合流する?」 顔良と文醜 顔良と文醜の裏話、顔良って実はいい奴? はじめての三国志 画像準備中 安保法案ってなに?三国志で理解する安保法案【今さら聞けない】 張遼 月刊はじめての三国志2020年1月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 郭嘉の本 武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物 皇帝いっぱい ひとりしかいない筈なのにたくさんいた? 『皇帝』のお話 劉備の黒歴史 隗より始めよとはいったい何?最強の自薦方法だけど就職活動には使えない?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver3"
PAGE TOP