ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
姜維特集


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

魏延と楊儀は火と水!相性最悪な二人の末路

仲の悪い魏延と楊儀




魏延と楊儀

 

(しょく)丞相(じょうしょう)諸葛亮(しょかつりょう)が北伐の前線・五丈原で亡くなった時、

丞相長史の職にあった楊儀(ようぎ)撤退(てったい)の総指揮をとりました。

 

将軍・魏延(ぎえん)楊儀の指示通りに撤退することに難色を示したため、

楊儀魏延を置き去りにして先に撤退を開始しました。

これに怒った魏延は楊儀の先回りをして撤退の通路を焼き、

楊儀との対立姿勢をあらわにしました。

 

こうしてプチ内戦状態となり、魏延が討ち取られて事態は終息しました。

三国志演義(さんごくしえんぎ)にもあるこの話。

演義の中では二人の不仲な様子は描かれていませんが、

正史三国志を見ると、魏延と楊儀がかねてから険悪な間柄であったことが分かります。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀

関連記事:どうして蜀は人材難に陥ったのか?

 

 

水と火のような間柄

水と火のような間柄の魏延と楊儀

 

正史三国志魏延伝には次のような記述があります。

 

魏延は士卒をよく養い、勇猛人に過ぎるものがあるうえ、性格も誇り高く、

当時の人々はみな魏延にへりくだり敬遠していた。

楊儀だけは魏延に対して容赦がなかったため、魏延も楊儀に対してムカついており、

二人の間柄は水と火のようであった。

 

また、費禕伝には次のような記述があります。

 

軍師の魏延と長史の楊儀は互いに憎悪しており、同席して言い争いになるたびに

魏延は楊儀に刀をさしつけ、楊儀は涙を流すようなありさまであった。

 

二人の最悪に仲が悪い様子が見てとれます。

魏延は傲慢なところがあり、楊儀は諸葛亮によれば狷狭(けんきょう)な性格であったそうで(楊儀伝)、

互いに譲らない二人。

ほんの些細なことでいったん食い違ったが最後、

未来永劫(みらいえいごう)うまくいく見込みがない相性最悪な二人だったのではないでしょうか。

 

 

魏延の暴走

魏延の暴走

 

五丈原で諸葛亮が亡くなり、楊儀が撤退の総指揮をとることになったと知ると、

魏延はこう言って反発します。

 

丞相が亡くなられたとはいえ、まだこの私がいる。

丞相府の役人たちは帰還して葬式を行えばいい。

私は残って軍勢を率いて賊を伐つ。

一人の人間の死によって天下の大事を廃していいものか。

それに、この魏延ともあろう者が、楊儀ごときの使いっ走りとなり

しんがりを請け負うことなどできようか。(魏延伝)

 

楊儀に命令されるのが嫌だったようですね。

これを受け、楊儀は魏延を前線に置き去りにして、自分たちだけで撤退を開始しました。

これに怒った魏延は楊儀の先回りをし、楊儀の撤退の通路を焼いて、

楊儀との対立姿勢をあらわにしました。

 

楊儀と魏延は互いに相手が反逆を起こしたのだと言い立てる檄文を飛ばしました。

皇帝・劉禅(りゅうぜん)董允(とういん)蒋琬(しょうえん)に意見を求めたところ、

彼らは楊儀については保証できるが魏延は疑わしいと答えました。(魏延伝)

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

楊儀のエキセントリックな復讐劇

楊儀のエキセントリックな復讐劇

 

蜀軍の根拠地・漢中をめざして撤退した両陣営は、漢中盆地の入口である南谷口で対峙します。

楊儀の指示をうけた王平が魏延の陣営に向かって

「丞相が亡くなられて亡骸も冷め切らないうちからどうしてこのような狼藉(ろうぜき)をはたらくのか」

と叱りつけると、魏延の軍勢は逃げ散ってしまいました。

 

魏延は息子達とともに漢中をめざして落ち延びて行きました。

楊儀は馬岱(ばたい)に追撃させ、馬岱は魏延を斬ってその首を楊儀に届けました。

首を受け取った楊儀は、立ちあがって魏延の首を踏みつけて、こう言いました。

「ばかめが。もういちど悪さをできるものならやってみろ!」

そして、魏延の三族を皆殺しにしました。(魏延伝)

 

とっくに決着がついているのに、敗れて死んだ相手の首を踏みつけるとは、

ずいぶんエキセントリックなふるまいですね。

こういうところが諸葛亮に狷狭と言われるゆえんでしょうか。

 

冷や飯を食わされた楊儀

孔明の後継者の蒋琬

 

諸葛亮は自分の後継者について、楊儀は性格が狷狭であるから

蒋琬に任せたいと密かに考えていました。

諸葛亮の没後、蒋琬尚書令(しょうしょれい)・益州刺史になりましたが、

楊儀は閑職の中軍師になっただけでした。これには楊儀は不満でした。

 

撤退の総指揮をとり、魏延を討ち、功績がきわめて大きいと考えていた楊儀は、

自分が諸葛亮の後継者になるべきだと考えていました。

蒋琬はかつて楊儀が尚書だった頃の後輩であり、のちにともに丞相参軍長史となったものの、

蒋琬が都にいたのに対し、楊儀はいつも諸葛亮と一緒に従軍して激務をになっていました。

楊儀は年齢・官位ともに蒋琬より上であり、また、才能も蒋琬より勝っていると自分で思っていました。

 

このため、蒋琬が後継者になったことに対して楊儀はあからさまに不満げな態度をとり、

発言にも節度がなかったため、誰も彼も楊儀のことをシカトしました。(楊儀伝)

 

楊儀の末路

費禕

 

いつもイラついていた孤独な楊儀を慰めてくれる人が一人だけいました。それは費禕です。

費禕に愚痴を聞いてもらいながら、楊儀はぽろりとこんなことを言いました。

 

「丞相が亡くなった時、軍を挙げて魏延に味方していれば、こんな落ち目にはならなかったものを」

友だちづらしてお悩み相談を受けていた費禕は、この発言を皇帝・劉禅に告げ口しました。

 

楊儀はまもなく官位を剥奪され平民に落とされ、漢嘉郡(かんかぐん)に流刑にされました。

楊儀は流刑地から皇帝に誹謗文書を送りつけ、その文言が過激だったため、

楊儀は逮捕されました。

ここにいたって楊儀は自殺し、妻と子供は流刑地を離れ蜀に帰りました。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

撤退の命令に従えず最期は首を踏みつけにされた魏延と、

エキセントリックな言動がたたって自殺に追い込まれた楊儀。

生前、最悪に仲の悪かったこの二人は、

正史三国志蜀書第十の劉彭寥李劉魏楊伝(りゅうほうりょうりりゅうぎようでん)

二人仲良く並んで伝が記載されています。

劉彭寥李劉魏楊伝は、名声や功績があったものの最期は残念なことになった人の列伝です。

魏延も楊儀も、まわりの人たちが上手にご機嫌をとりながら操縦すれば

ものすごくよく働く人だったと思うのですが、その所を得なかったようですね。

残念です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:裏切りイメージが悪影響か?魏延の墓は破壊されてしまった?

関連記事:諸葛亮が魏延に言った「反骨の相」ってどんな頭の形なの?

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 山頂に陣を敷いた馬謖 五分でわかる蜀の名将達の現代にまで残る名言・逸話【三国志逸話列伝…
  2. 郭嘉 司馬懿は仮病!もしも郭嘉が赤壁の戦いまで生きていたら?
  3. 朝まで三国志 劉備 【三顧の礼】演義の劉備は誰でも口説くあわてんぼう!
  4. 法正と劉備 劉備を唯一なだめられた、法正(ほうせい)ってどんな軍師?
  5. 曹操のガラス 曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女と…
  6. 三国志ライター よかミカンさん 三国志演義の「卵」登場シーンとピータン豆腐の作り方
  7. 孔明 【諸葛亮のノアの方舟計画】長坂での別行動は劉備軍温存?
  8. 曹真を憤死させた演義の孔明の悪口ってどんだけ~

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ste3643kgr4/hajimete-sangokushi.com/public_html/wp-content/themes/core_tcd027/comments.php on line 41
    (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 呂布
  2. 三国志 人気武将ランキング
  3. 呂不韋
  4. 曹植
  5. 三国志 象兵
  6. 宦官たち 
  7. ホウ徳(龐徳)

おすすめ記事

  1. 江戸期は『三国志』の二次創作が大ブームを巻き起こしていた!?
  2. 三国志でイラク戦争を考えてみようじゃないか 孫権 弔い出陣
  3. 朝三暮四の出典は「荘子」と「列子」でも意味は微妙に違う
  4. 【超簡単解説】危急存亡の秋とはどういう意味?はじさん故事成語
  5. 曹丕と曹植は後継者争いなんてしていない?曹丕の功績から後継者争いを考察 曹丕に喧嘩を売る曹植と楊脩
  6. 馬超はメンタルが弱い?馬超孟起のメンタルが弱かった理由 ボロボロになった馬超

三國志雑学

  1. 騎兵を率いる夏侯尚
  2. 朝まで三国志の公孫瓚
  3. 劉備の臨終に立ち会う孔明
  4. ロボ関羽
  5. 孔明による出師の表


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 榎本武揚
  2. キングダム
  3. 龐統
  4. 織田信長
  5. 曹休
  6. 武田信玄
  7. 蜀 武運を誇る馬超
  8. 残忍な曹丕

おすすめ記事

五代友厚 幕末 五代友厚と大久保利通、互いを認め合った2人の逸話 蜀の劉備 え?劉備は意外にも経済に明るい人物だった?孔明の北伐が継続できたのは劉備のおかげ!? 孫権 劉備 対立 狼中年劉備、もっともらしい事を言って孫権を欺く 株式会社三国志で働く劉備と孔明 【シミルボン】びっくり!三国志の時代の役人は役所に五日間缶詰だった? 【はじ三グッズ】「可愛い趙雲のマグカップ」発売開始 三国志ライター黒田レン 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見どころ はじめての三国志Kindle Unlimited読み放題サービスを紹介するよ! 王粲(おうさん)とはどんな人?建安の七子であるが容貌の貧弱さでは龐統や張松より上

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP