ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

吉川三国志にも劣らない!曹操が関羽を漢寿亭侯に任命した理由が粋すぎる!

玉璽


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

関羽

 

曹操(そうそう)は歴史マニアで霊帝(れいてい)の前で講義を許される程でした。

そんな曹操、一時、関羽(かんう)を配下にしていて白馬延津(はくばえんしん)の戦いで顔良(がんりょう)を斬った

関羽の手柄を讃えて漢寿亭侯(かんじゅていこう)の印を与えた事があります。

こちらの話は古いタイプの三国志演義である李卓吾(りたくご)本や

それを下敷きにした吉川英治()三国志でも取り上げられた逸話ですが)

正史でも負けず劣らずの深い意味があったのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関羽もメロメロ(死語)武神の心を掴んだ杜夫人は人妻!

関連記事:【兄者を尋ねて一千里】五つの関所を破るウォンテッド関羽

 


 

李卓吾本三国志演義の話

三国志演義の話で曹操に愛される関羽

 

李卓吾(りたくご)本版では、関羽顔良文醜(ぶんしゅう)を斬った手柄を讃えた曹操が、

献帝(けんてい)に上奏して寿亭侯の印を関羽に与えます。

しかし、関羽は印字を見ただけで理由も言わずにこれを辞退しました。

この話を張遼(ちょうりょう)から聞いた曹操は即座にピンと来て寿亭侯の印を破棄(はき)して

漢寿亭侯の印に鋳直して再び、関羽に与えます。

 

関羽は曹操の印綬なら受けないが漢からの印なら受けると快諾します。

この話は関羽の義理堅さと曹操の機転を讃えた話なのです。

 


 

実はかなりのド田舎な漢寿

実はかなりのド田舎な漢寿

 

さて、史実の話では、寿亭侯という印はなく最初から漢寿亭侯です。

ところが、この漢寿という土地は荊州武陵郡(ぶりょうぐん)にありました。

春秋戦国の頃には()の領地で、つまり南の方の土地なのです。

 

それだと曹操が関羽を重んじたというのとチグハグな印象です。

中華というのは、同じ役職でもより皇帝に近い場所の方が尊いわけなので

曹操が本当に関羽を重んじているなら、(きょ)の周辺の県の印を求める筈

どうして、ド田舎の漢寿の印を関羽にあげたのでしょう?

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

曹操の粋な配慮、漢寿県には由来があった

曹操の粋な配慮

 

しかし、調べてみると思わぬ事実が判明しました。

漢寿県は、元々索県(さくけん)という名前でしたが、西暦134年に

漢王朝が永久に衰退する事なく栄華が持続しますようにと

願を掛けて改名したと言うのです。

http://www.iobtg.com/Cc.HanShou.htm

 

歴史マニアの曹操がその故事を知らない筈はありません。

だからあえて、漢の忠臣を自任する関羽に漢寿亭侯の印を与えたのです。

 

曹操「漢朝の忠臣、漢寿亭侯関雲長よ、願わくば地名の如く、

永久に本朝の繁栄の為に尽くしたまえ」

 

曹操はそういう粋な意図を込めてあえて、漢寿亭侯に関羽を任命、

関羽も春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)を読むようなインテリですから、これを辞退せずに

「その御意(ぎょい)、必ず全うしてみせます」とニヤリとしたのでしょう。

 

この推測が正しければ、李卓吾本や吉川三国志の美談に負けない

歴史オタク同士の知的なやり取りがなされていた事になります。

しかし曹操は粋な男ですね、洒落(しゃれ)ていて嫌味がないです。


劉備も義弟を偲んで漢寿県を蜀に造った?

切られる関羽

 

漢朝に忠誠を尽くす事を誓った関羽は西暦219年樊城を攻めている時に

呉と魏が軍事密約を結んで挟撃してきた事で戦死します。

その後、武陵郡にあった漢寿は曹魏が興ると魏寿県に改名されます。

 

134年の故事にならい、魏が永遠に繁栄するように願を掛けたのです。

ところが、その後、魏寿県は孫呉の支配下に入り、

皆さんご想像の通りに、呉寿県に改名されました。

その後、晋が天下を統一すると、再び漢寿に戻ったそうです。

劉備

 

さて劉備は西暦221年広漢郡(こうかんぐん)から分割して梓潼郡(しどうぐん)を編成し

梓潼郡に属していた葭萌(ぼうが)を漢寿に改名します。

劉備の蜀獲りはここから始まったので、それを記念しての事で、

もちろん意味は、蜀漢が永遠に繁栄するようにという祈願です。

 

そればかりではなく、以後漢寿は聖地となり暗殺された費禕(ひい)の墓も

この北山にあるなど顕官(けんかん)の墓が多く造営されました。

 

ですが、名前や時期から考えて劉備は漢寿の名前の中に

非業の死を遂げた関羽の記憶を留めたのではないかと思えます。

本来の漢寿が魏寿、あるいは呉寿に改められる中で、

自分こそが漢の正統であるという自負もあったのでしょう。

 

この劉備の漢寿県を晋は危険と思ったのか、

蜀の滅亡後、名前を改名して晋寿県としています。


  

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

あるいは、もう少し妄想すると関羽は劉備の下に戻った時に

曹操に漢寿亭侯に任命された経緯を自慢げに語ったかも知れません。

 

劉備は曹操が前後左右(ぜんごさゆう)将軍を置くと、自分も真似して前後左右将軍を置く等

いいと思った事は割と躊躇(ちゅうちょ)なくパクるので、

(ちきしょー孟徳め、粋な事しやがって・・)と内心悔しくなり、

本当の漢寿県が消滅したのを幸いに新しく漢寿県を置いた・・

なんて考えても見ます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:于禁と共に関羽に降伏した浩周と東里袞のその後とは?

関連記事:周倉(しゅうそう)と関羽はどんな関係だったの?三国志の上司と部下事情

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 孫尚香 劉備の若妻孫尚香はとんでもない爆弾娘だった理由とは?
  2. 九品官人法を作った陳羣 九品官人法(きゅうひんかんじんほう)は悪法?どうして曹丕は採用し…
  3. イケメン孫策と袁術 孫策の評価は袁術政権でガチで最高だった理由とは?
  4. 周瑜の魅力 名将周瑜は政治のセンスもあった?戦に強いだけじゃない周瑜を考察
  5. 顔良と関羽 関羽は味方に嫌われ孤立していた?その驚くべき理由とは?
  6. 呂布のラストウォー 呂布 方天画戟とはどんな武器?呂布が使ったものは12キロもあった!
  7. 呉の勢力を率いる孫策 群雄の名言から知る三国志の世界【小覇王孫策の名言】
  8. これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 馬超の兜にフォーカス
  2. 処刑寸前で止める廬毓(ろいく)
  3. 義理の親子の契りを結ぶ曹豹と呂布
  4. 費禕
  5. 五虎大将軍の趙雲
  6. 藏覇(臧覇)と孫権
  7. 郭嘉を推薦する荀彧
  8. 読者の声バナー(はじめての三国志)

おすすめ記事

  1. 読者の声『出陣した地図や相関図なんかがありますか?』(集計期間:2019年3月3日〜31日) 読者の声バナー(はじめての三国志)
  2. 「真田丸」の明智光秀と「麒麟がくる」の明智光秀の違いとは? 真田丸
  3. 曹操って孫子の兵法書を編集した人だけど兵法を使って戦ったことあるの? 曹操と機密保持
  4. どうして一橋慶喜と島津久光の仲は悪くなった?
  5. もし曹操が献帝を保護できなかったら三国志はどうなったの?
  6. これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう) 華雄と呂布

三國志雑学

  1. 袁術
  2. 魏延の謀反を察する孫権
  3. 魏延と孔明
  4. 田豊


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 斎藤一 新選組
  2. 平野国臣
  3. 玉璽
  4. 郭嘉 vs 法正
  5. 水牛を操る忙牙長(南蛮討伐)
  6. そろばんを叩く関羽
  7. 呂布、黒山賊
  8. 姜維

おすすめ記事

猛暑に苦戦している観客達 いだてん 2020年の東京オリンピックの課題である暑さ対策とは? 朝まで三国志 公孫瓚 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷んでいた! 逢紀 逢紀とはどんな人?袁紹から厚い信頼を得たが曹操が死の原因を作った? 【曹操が慕った偉大な王様】天下の三分の二を所有するも王へ登らなかった周の文王ってどんな人? 董卓 董卓軍の軍事組織はどうなっていたの?暴君の軍隊をミエルカしたよ 馬に乗って戦う若き織田信長 織田信長の桶狭間の勝利は勘違いで起きた! 【ネタバレあり】映画ドラゴンブレイドを三国志ライターkawausoが徹底的に斬る!! 軍会議で的確に作戦指示を出す陳泰 【郭淮と陳泰】姜維の北伐を見事に防いだ最強タッグを考察

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP