吉川三国志にも劣らない!曹操が関羽を漢寿亭侯に任命した理由が粋すぎる!


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

関羽

 

曹操(そうそう)は歴史マニアで霊帝(れいてい)の前で講義を許される程でした。

そんな曹操、一時、関羽(かんう)を配下にしていて白馬延津(はくばえんしん)の戦いで顔良(がんりょう)を斬った

関羽の手柄を讃えて漢寿亭侯(かんじゅていこう)の印を与えた事があります。

こちらの話は古いタイプの三国志演義である李卓吾(りたくご)本や

それを下敷きにした吉川英治()三国志でも取り上げられた逸話ですが)

正史でも負けず劣らずの深い意味があったのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:関羽もメロメロ(死語)武神の心を掴んだ杜夫人は人妻!

関連記事:【兄者を尋ねて一千里】五つの関所を破るウォンテッド関羽

 


 

李卓吾本三国志演義の話

三国志演義の話で曹操に愛される関羽

 

李卓吾(りたくご)本版では、関羽が顔良と文醜(ぶんしゅう)を斬った手柄を讃えた曹操が、

献帝(けんてい)に上奏して寿亭侯の印を関羽に与えます。

しかし、関羽は印字を見ただけで理由も言わずにこれを辞退しました。

この話を張遼(ちょうりょう)から聞いた曹操は即座にピンと来て寿亭侯の印を破棄(はき)して

漢寿亭侯の印に鋳直して再び、関羽に与えます。

 

関羽は曹操の印綬なら受けないが漢からの印なら受けると快諾します。

この話は関羽の義理堅さと曹操の機転を讃えた話なのです。

 


 

実はかなりのド田舎な漢寿

実はかなりのド田舎な漢寿

 

さて、史実の話では、寿亭侯という印はなく最初から漢寿亭侯です。

ところが、この漢寿という土地は荊州武陵郡(ぶりょうぐん)にありました。

春秋戦国の頃には()の領地で、つまり南の方の土地なのです。

 

それだと曹操が関羽を重んじたというのとチグハグな印象です。

中華というのは、同じ役職でもより皇帝に近い場所の方が尊いわけなので

曹操が本当に関羽を重んじているなら、(きょ)の周辺の県の印を求める筈

どうして、ド田舎の漢寿の印を関羽にあげたのでしょう?

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

曹操の粋な配慮、漢寿県には由来があった

曹操の粋な配慮

 

しかし、調べてみると思わぬ事実が判明しました。

漢寿県は、元々索県(さくけん)という名前でしたが、西暦134年に

漢王朝が永久に衰退する事なく栄華が持続しますようにと

願を掛けて改名したと言うのです。

http://www.iobtg.com/Cc.HanShou.htm

 

歴史マニアの曹操がその故事を知らない筈はありません。

だからあえて、漢の忠臣を自任する関羽に漢寿亭侯の印を与えたのです。

 

曹操「漢朝の忠臣、漢寿亭侯関雲長よ、願わくば地名の如く、

永久に本朝の繁栄の為に尽くしたまえ」

 

曹操はそういう粋な意図を込めてあえて、漢寿亭侯に関羽を任命、

関羽も春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)を読むようなインテリですから、これを辞退せずに

「その御意(ぎょい)、必ず全うしてみせます」とニヤリとしたのでしょう。

 

この推測が正しければ、李卓吾本や吉川三国志の美談に負けない

歴史オタク同士の知的なやり取りがなされていた事になります。

しかし曹操は粋な男ですね、洒落(しゃれ)ていて嫌味がないです。


劉備も義弟を偲んで漢寿県を蜀に造った?

切られる関羽

 

漢朝に忠誠を尽くす事を誓った関羽は西暦219年樊城を攻めている時に

呉と魏が軍事密約を結んで挟撃してきた事で戦死します。

その後、武陵郡にあった漢寿は曹魏が興ると魏寿県に改名されます。

 

134年の故事にならい、魏が永遠に繁栄するように願を掛けたのです。

ところが、その後、魏寿県は孫呉の支配下に入り、

皆さんご想像の通りに、呉寿県に改名されました。

その後、晋が天下を統一すると、再び漢寿に戻ったそうです。

劉備

 

さて劉備は西暦221年広漢郡(こうかんぐん)から分割して梓潼郡(しどうぐん)を編成し

梓潼郡に属していた葭萌(ぼうが)を漢寿に改名します。

劉備の蜀獲りはここから始まったので、それを記念しての事で、

もちろん意味は、蜀漢が永遠に繁栄するようにという祈願です。

 

そればかりではなく、以後漢寿は聖地となり暗殺された費禕(ひい)の墓も

この北山にあるなど顕官(けんかん)の墓が多く造営されました。

 

ですが、名前や時期から考えて劉備は漢寿の名前の中に

非業の死を遂げた関羽の記憶を留めたのではないかと思えます。

本来の漢寿が魏寿、あるいは呉寿に改められる中で、

自分こそが漢の正統であるという自負もあったのでしょう。

 

この劉備の漢寿県を晋は危険と思ったのか、

蜀の滅亡後、名前を改名して晋寿県としています。


  

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

あるいは、もう少し妄想すると関羽は劉備の下に戻った時に

曹操に漢寿亭侯に任命された経緯を自慢げに語ったかも知れません。

 

劉備は曹操が前後左右(ぜんごさゆう)将軍を置くと、自分も真似して前後左右将軍を置く等

いいと思った事は割と躊躇(ちゅうちょ)なくパクるので、

(ちきしょー孟徳め、粋な事しやがって・・)と内心悔しくなり、

本当の漢寿県が消滅したのを幸いに新しく漢寿県を置いた・・

なんて考えても見ます。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:于禁と共に関羽に降伏した浩周と東里袞のその後とは?

関連記事:周倉(しゅうそう)と関羽はどんな関係だったの?三国志の上司と部下事情

 

関連記事

  1. キレる劉備になだめる黄権
  2. 董卓
  3. 亡くなる周瑜
  4. 孫権
  5. 庶民、村人の家
  6. 劉備の黒歴史

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 島悟
    • 2020年 4月 16日

    関羽どのはいつ春秋を読んだのでしょうか?


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP