徐盛と周泰って本当に仲が悪かったの?二人の微妙な関係を紹介


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

甘寧と凌統と呂蒙

 

同じ主君に仕える武将同士は志を同じくするということで仲が良いものだと思われがちですが、実際はそうでもありません。

功を争うライバルとして敵対心を燃やしたり、主君からの待遇の差に嫉妬したり、大したことのない奴だと見下したり…。

まぁ、あれです。

 

サッカーボールを蹴る劉邦

 

一見爽やかそうに見える野球部やサッカー部の男たちが水面下で女顔負けのドロドロした感情を交錯させているようなものです。

三国志(さんごくし)』にもそのような男同士の争いがチラホラ描かれていますよね。

 

水魚の交わり

 

 

(しょく)関羽(かんう)張飛(ちょうひ)諸葛亮(しょかつりょう)に嫉妬したり、()楽進(がくしん)張遼(ちょうりょう)于禁(うきん)がいがみ合ったり…。

 

実は呉にも「多分仲悪いよね、この人たち」という2人がいます。それは徐盛(じょせい
)
周泰(ふゅうたい
)
です。

今回は、徐盛と周泰の微妙な関係についてご紹介したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「徐盛 周泰」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:徐盛と丁奉は自らの才覚で成り上がった将軍だった?その共通点は?

関連記事:徐盛の武器は何だったの?史実と三國無双を比較してみた

 


 

似たもの同士の2人

徐盛(じょせい)呉の将軍

徐盛(じょせい)呉の将軍

 

徐盛は若いころから勇猛果敢な人物として知られ、その武勇伝は数知れず、周瑜(しゅうゆ)魯粛(ろしゅく)と比べると目立たないものの数々の武功を立ててきました。

 

 

周泰(しゅうたい)

 

一方、周泰の方も並大抵ではない勇気を持つ人物として知られ、体の12か所に傷を負いながらも孫権(そんけん)を守り切ったということで名を馳せています。

両者は並々ならぬ勇気の持ち主として知られている点で似たもの同士の存在だったようです。ところが、似たもの同士だからこそバチバチと火花を散らすこともあったのだとか…。

 


 

徐盛、周泰を軽んじる

双流星を振り回している徐盛

 

徐盛と周泰がバチバチと火花を散らすエピソードは正史『三国志』周泰伝に見えます。

 

曹操

 

曹操(そうそう)濡須口(じゅしゅこう)に攻めてきた頃、徐盛は周泰の指揮下に入っていました。ところが、徐盛は周泰を完全に侮っており、周泰の言うことを聞こうとしませんでした。それどころか、他の将たちも周泰を軽んじる始末。周泰は徐盛とは異なり目立った活躍をしていなかったため、「なぜ自分が周泰の指揮下に入らなければならないのか」と多くの将の不満を集めてしまったのです。

 

多くの将が周泰の指示に従わないという話を聞いた孫権は徐盛をはじめとする諸将を集めて宴席を設けました。そして、周泰に服を脱ぐように指示したのです。

目を丸くする諸将たち。

 

周泰(しゅうたい)の全身の傷を解説する孫権

 

なぜならその体には孫権を守るためにできた多くの生々しい傷跡が残っていたのですから。孫権は周泰にそれぞれの傷ができた所以を語らせ、「私が今生きているのは、周泰のおかげだ」と涙を流しながら言いました。

 

この出来事があってから徐盛も周泰を認めるようになり、周泰の指示に従うようになったのです。それにしても、主君が配下のいざこざを解決すべくわざわざ宴席を開くなんて珍しいことなのではないでしょうか。

 

曹操軍を追い払うには一致団結する必要があると考えて一肌脱いだということも当然考えられますが、孫権にとって周泰の存在が大きいものだったということも大いに関係しているのでしょう。

 

【赤壁を超える!魏呉の直接対決特集】
濡須口の戦い特集バナー


 

周泰、徐盛を叱り飛ばす

水滸伝って何? 書類や本

 

正史では徐盛が周泰に噛みついていましたが、『三国志演義』ではまた違った関係性が築かれています。

 

『三国志演義』においては、周泰は完全に徐盛の上司のような存在で、徐盛が周泰に噛みつく様子は描かれていません。むしろ、徐盛は劉備(りゅうび)を呉に抑留(よくりゅう
)
する命を受けていたのにもかかわらず孫夫人に一喝されて尻尾を巻いたことについて周泰から叱り飛ばされてしまっています。


  

 

周泰に助けられる徐盛

孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 

 

周泰は徐盛を叱責していましたが、徐盛のことを嫌いだったというわけではないようです。なぜなら、徐盛がピンチに陥ったときに助けてくれたのもまた周泰だったからです。

三国志演義_書類

 

三国志演義(さんごくしえんぎ)』に描かれている濡須口の戦いで、徐盛は孫権とともに敵に取り囲まれてしまいます。しかし、そこに周泰が現れて傷だらけになりながらも孫権と徐盛の2人を助けたのです。

 

もしかしたら周泰が徐盛を救ったのは孫権のついででしかなかったのかもしれませんが、単純に徐盛のことが嫌いだったら見放していたと思われますし、周泰にとって徐盛はそれなりに大切な将であったと考えるのが自然でしょう。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライター chopsticks

 

互いに勇気のある人物だと称えられていた徐盛と周泰ですが、正史『三国志』でも『三国志演義』でも互いに憎みあっていたわけではなさそうです。

 

むしろ、お互いのことをよく知るようになってからは心を開き合うことができる関係になっていたのではないでしょうか。『三国志』における他の武将同士の関係性についても深く調べてみると面白いかもしれませんね。

 

関連記事:徐盛の意見に陸遜はどうして賛成しなかったの?劉備を討ち取らなかった理由

関連記事:勇気ある武将・徐盛!そのイケメンぶりを徹底解説

 

【樊城をめぐる劉備・曹操・孫権の軍事衝突】
樊城の戦い特集

 

【動画】三国志が日本で人気な理由

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

関連記事

  1. 馬超の兜にフォーカス
  2. 衆議政治
  3. 蜀の劉備
  4. 亡くなる周瑜
  5. 袁紹VS袁術(犬猿)


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP