なぜ夏侯覇は蜀に亡命したの?魏期待の星のナゾに迫る


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操と夏侯惇

 

 

太祖(たいそ)曹操(そうそう)のいとこにあたり、彼の覇業(はぎょう)を両腕として支えてきた、夏侯惇(かこうとん)(えん)を筆頭とする夏侯氏(かこうし)は、魏国(ぎこく)きっての名門です。

 

夏侯覇

 

そして、夏侯淵(かこうえん)の次男である夏侯覇(かこうは)は秀才ぞろいの夏侯一族にあって、特に弓馬の才に恵まれていた期待の貴公子(きこうし)でした。

 

今回は家督(かとく)こそ兄である夏侯衡(かこうとう)が継ぎましたが偏将軍(へんしょうぐん)右将軍(うしょうぐん)を経て、征蜀護軍というVS(しょく)の総司令官の地位まで登り詰めた夏侯覇が、なぜ故郷()を捨て敵である蜀へ亡命したのか、そのナゾを解明したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「夏侯覇 蜀」
「夏侯覇 亡命」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族

関連記事:夏侯覇と姜維の共通点と違いとは?魏からの鞍替え組を紹介

 


 

この恨み晴らさずにおくべきか!蜀に強い憎悪を抱いていた夏侯覇

法正に敗れる夏侯淵

 

そもそも、夏侯覇にとって蜀は219年の定軍山の戦い(ていぐんざんのたたかい
)
において、父と弟・夏侯栄かこうえい)を死に追いやった、憎んでも憎み足りない相手のはず。自身も曹操(そうそう)のおいで大将軍の地位にあった曹真(そうしん)に付き従い、先鋒として蜀と対峙したもののこっぴどくやられ、危うく命を落としかけた苦い経験があります。

 

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

若き夏侯覇が蜀に強い憎悪と討伐への執着心を持っていたことは、想像に難くない…となれば彼がなぜ蜀に亡命したのか、ナゾは深まっていくばかりです。

 


 

夏侯覇が蜀へ亡命した理由その1 「司馬一族のクーデターへの危機感」

袁紹と曹操

 

 

群雄が現れては消え、奸計(かんけい)謀略(ぼうりゃく
)
が渦巻いていたこの時代、暗愚(あんぐ
)
な君主を見限って鞍替えしたり、君主を謀殺(ぼうさつ)して自ら天下に覇を唱えるなんてことは日常茶飯事でした。

 

司馬懿と司馬師

 

順調に出世し蜀への雪辱に燃えていた夏侯覇にとっての転機は、司馬懿(しばい)とともに3代皇帝を補佐してきた曹爽(そうそう)が、249年に司馬父子が起こしたクーデターによって、三族皆殺しに刑の処せられたことでしょう。

 

司馬懿

 

司馬一族による曹爽一派の粛清(しゅくせい)は苛烈を極め、血縁者(けつえんしゃ)はもちろん家臣(かしん)や親しかったものにまで及びます。そして夏侯覇が従っていた曹真は曹爽の父、彼が身の危険を案じるには、十分すぎる理由といえるでしょう。

 

【神怪伝奇の虚構文学】
はじめての列子


 

夏侯覇が蜀へ亡命した理由その2 「このままでは一族皆殺し…、もはやこれまで!」

司馬懿

 

とはいえ、曹爽と直接的な関りがなかった夏侯覇が地位を捨て、残された親族を危険にさらすことになる、敵国への亡命を決意するにはまだ弱い。

 

夏侯玄

 

決定打になったのは夏侯覇の甥にあたる夏侯玄(かこうげん)まで、司馬懿(しばい)から中央に召し出されたことでしょう。「いよいよ邪魔な曹・夏一族を皆殺しにするつもりだな!」司馬一族の野心が、権力独占だけではなく帝位簒奪にあると見た夏侯覇は、征西将軍(せいせいしょうぐん)の地位をはく奪された夏侯玄へ使者を飛ばし、「共に蜀へ亡命しよう!」と誘いの手紙を出しましたが返事はなしのつぶて。

 

野心がありすぎる夏侯玄

 

もはや夏侯玄は殺されているのでは、と彼はこの時点で思ったのかもしれません。

 

逃げる夏侯覇

 

翌日早々に荷物をまとめた彼は蜀の都・成都(せいと)に向け、一目散に逃げていくことになります。

 

さて、夏侯玄はどうなったかといえば降格させられたとはいえ命までは取られず、叔父からの使者を速攻で一刀両断したのち、その首と手紙を司馬懿に引き渡し、何とかその場を乗り切っています。(254年に大逆罪で処刑)


  

 

 

夏侯覇が蜀へ亡命した理由その3 「劉禅の皇后生母が同族だったから」

呉軍を撃退する曹真

 

疑心暗鬼(ぎしんあんき)の頂点に至った夏侯覇が、魏から脱出したところまでは理解できるものの、亡命先としてなぜ呉ではなく、父と弟の仇敵である蜀を選んだのか?という疑問がわいてきます。

 

夏侯覇の妻は誰?

 

理由はいたってシンプル、夏侯覇の従妹夏侯月姫(かこうつきひめ)劉備(りゅうび)の義弟・張飛(ちょうひ)の正妻にして、その娘は2代皇帝劉禅(りゅうぜん)皇后(こうごう)、そう親戚の「コネ」を頼りに蜀へ亡命したというわけ。

 

黄皓

 

宦官(かんがん)黄皓(こうこう)辺りが難色を示しましたが、結果として夏侯覇の選択は見事にはまり、蜀漢で厚遇され車騎将軍(しゃきしょうぐん
)
になった彼は姜維(きょうい)と共に「強敵」として、敢然と司馬一族の前に立ちはだかることになります。

 

三国志ライター酒仙タヌキの独り言

酒仙タヌキ 三国志ライター free

 

夏侯覇の没年は明らかになっていませんが、蜀志によると259年に左右の車騎将軍として、廖化(りょうか
)
張翼(ちょうよく
)
が任じられたとされていることと、260年より前の段階で諡号(しごう)を送られたと記されていることから、おそらくこの周辺にこの世を去ったものとみられます。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯淵・夏侯惇・夏侯覇の夏侯トリオの活躍がマジやべぇ!!

関連記事:夏侯覇は郭淮とチョー仲が悪かったから蜀へ逃げたってホント!?

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

【動画】三国志時代の軍人はどんな私生活をしていたの?


はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

関連記事

  1. 袁紹
  2. 霊感商法で信者を増やす張角
  3. 三国志時代の牢獄
  4. 歳をとっても元気な孔明
  5. 三国志大学 曹操


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP