朱然はどんな性格をしていたの?孫呉の中核を担った忠臣を分かりやすく紹介


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹丕を生む卞夫人と曹操

 

三国志(さんごくし)には色々な性格を持った人物が登場します。例えば曹操(そうそう)は感情豊かで、義理堅い性格です。

 

麋竺と劉備

 

また劉備(りゅうび)正史三国志(せいしさんごくし)の作者・陳寿(ちんじゅ)曰く「礼儀が正しく人を見る目に長けている」性格でした。

 

劉備と孫権

 

孫権(そんけん)は同じく正史三国志の作者・陳寿曰く「疑い深い性格だった」と書かれております。

 

朱然

 

このように三国志に登場する武将も様々な性格を持っていますが、孫呉(そんご)の名将・朱然(しゅぜん
)
はどのような性格だったのでしょうか。

今回は朱然の性格について紹介したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「朱然 性格」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呉のマスオさん朱然、養子で入って呉に尽くした小さな大都督の人生

関連記事:朱然って夷陵の戦いでどんな活躍をしたの?

 


 

人望のある性格をしていた朱然

朱然と陸遜

 

朱然の性格は人望のある性格だったと言えるでしょう。特に朱然は兵士達に人望があった人でした。

朱然の人望の高さを示すエピソードがありますので、紹介したいと思います。朱然は夷陵の戦い(いりょうのたたかい)の後、江陵城(こうりょうじょう)の守備を任されることになります。

 

魏を破る朱然

 

朱然は魏軍が江陵城へ攻撃を仕掛けてくると少ない兵士と共に籠城。魏軍は江陵城を包囲した後、総攻撃を開始。

 

空腹の三国志の兵士

 

江陵城は魏軍の激しい総攻撃を受けたことがきっかけで、籠城している孫呉の兵士達の士気も低下していきます。しかし朱然は魏軍の攻撃を受けても恐れることなく、いつも通りの姿を兵士達に見せ、兵士達が魏軍の攻撃を受けて怖がらないように声をかけて励まします。

 

その結果、朱然らが籠城している江陵城は、六か月魏軍の激しい攻撃を受けても屈することなく、守り抜くことに成功します。

朱然はこのように兵士達から人望がある将軍でした。

 


 

豪華な物にお金を使わない節約家・朱然

張魯

 

朱然の性格は、人望があるところだけではなく、節約家でもありました。朱然は孫呉の重鎮として位が昇進しても、豪華な家に住んだり、GucciやHermèsなどのきらびやかな服装や食事にお金をかける生活をすることなく、質素倹約に努めていたそうです。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

架空戦記


 

真面目でリーダーシップもある性格をしていた朱然

朱然に後を引き継ぐ呂蒙

 

朱然は上記で紹介した性格の他には、どのような人物だったのでしょう。

 

水滸伝って何? 書類や本

 

それは真面目でリーダーシップもある人物でした。朱然は朝起きてから出仕した後、終日仕事に勤しんでいたと正史三国志・朱然伝にあります。このことから、朱然がまじめな性格だったことが伺えると思います。

 

また朱然はリーダーシップ力もある人物でした。朱然のリーダーシップ力が伺えるエピソードがあるので紹介したいと思います。

 

諸葛瑾

 

孫権(そんけん)諸葛亮(しょかつりょう)の兄・諸葛瑾(しょかつきん)の息子の諸葛融(しょかつゆう)や孫呉の丞相(じょうしょう
)
を経験した事のある歩騭(ほしつ)の息子・歩協(ほきょう)らに父親の跡を継がせ、仕事を任せます。しかし孫権は父親の跡を継いだ彼らが、まだ若かった為、朱然に彼らをまとめさせて、いろいろと指示を行うのでした。

このことから朱然にリーダーシップ力があった事がうかがえるのではないでしょうか。


  

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は朱然の性格について紹介しました。

 

陸遜

 

朱然は周瑜(しゅうゆ)魯粛(ろしゅく)陸遜(りくそん)張昭(ちょうしょう)甘寧(かんねい)呂蒙(りょもう)などに比べると知名度の無い人物です。しかし朱然は上記で紹介した人物たちと比較しても遜色なく活躍した人物です。

 

呂蒙

 

その一例として呂蒙は朱然を高く評価していました。彼は亡くなる間際孫権から「君が亡くなった後、誰を後任にすればいいのか教えてくれないか」と問われたことがありました。

 

すると呂蒙は「私が亡くなった後、朱然を私の仕事の後任者として任命するのがいいでしょう。彼は決断力もあり、実行力もある人物なので、私の跡を継ぐにふさわしい人物だと思います」と高い評価を得ています。

 

朱然

 

このことからわかるように朱然はあまり知名度が無いだけで、孫呉の中でも優秀な人物として挙げることができるでしょう。

 

朱桓(しゅかん)

 

この機会に朱然のように孫呉の中ではちょっとマイナーだけど活躍した朱桓(しゅかん)張紘(ちょうこう
)
全琮(ふぜんそう)などの武将達に目を向けてみてはいかがでしょうか。

 

■参考文献 正史三国志呉書・朱然伝など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:徐盛と朱然は名将なのにマイナーな武将だった!?

関連記事:朱然と孫権は劉備三兄弟に負けないくらい固い信頼関係で結ばれていた!?

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

【動画】諸葛一族が蜀と呉で暗躍できた理由

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

関連記事

  1. 三国志 居酒屋

    はじめての変

    【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

    三国志演義は、劉備(りゅうび)、関羽(かんう)、張飛(ちょうひ…

  2. バチバチやりあう孔明と曹真
  3. 劉備に仕える張裔
  4. はじめての変

    三国時代の税金の種類と分類をわかりやすく解説!税制がわかると三国志もよく分かる!

    誰もが必要だとは理解していますが、できれば払いたくないものが税…

  5. 魯粛と袁術
  6. 法正が亡くなり悲しむ劉備




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP