ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
姜維特集


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

魏延はどんな性格だったの?実はあの有名人のファンで純粋な漢だった!

魏延


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

蜀の魏延

 

魏延(ぎえん)は蜀(221年~263年)の将軍です。劉備(りゅうび)劉璋(りゅうしょう)から蜀を奪う時期に従軍して活躍しました。

 

魏延

 

劉備からの信頼は厚く、重要拠点である漢中の守備に関しては張飛(ちょうひ)を差し置いて任命されました。

 

魏延からの提案を却下する孔明

 

ところが劉備の死後は、諸葛亮(しょかつりょう)と軍事の政策面で意見が衝突しました。諸葛亮の死後は、楊儀(ようぎ)と対立して魏(220年~265年)に逃亡しようとしますが殺されました。

 

不満が溜まる魏延

 

さて、魏延(ぎえん)とはどんな性格の人だったのでしょうか。

三国志演義』の影響のせいか、彼は性根が腐ったような人物として描かれます。しかし実際はどうだったのですか。

 

今回は魏延の性格について解説します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「魏延 性格」
「魏延 韓信
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魏延の戦績はほぼ無敗?三国志での魏延の輝かしい戦績を紹介

関連記事:魏延の「反骨の相」は権力争いに利用された?魏延を誅殺した真犯人とは?

 


 

面倒見がいいが傲慢な魏延

呉懿と魏延

 

正史『三国志』によると、魏延は兵士をよく養成して、人並み外れた勇猛さを持っており、誇り高い性格だったと記されています。そのため、人々は魏延を恐れてへりくだっていたようです。どうやら、魏延は下っ端の兵士に対しての面倒見はよかったようです。ただし、傲慢な性格でもあるとわかります。

 

蜀の魏延

 

実際に諸葛亮に意見をするも取り入れられないので、自分の力が発揮出来ないと人にブツブツと愚痴をこぼしていました。こういう傲慢な性格は、関羽(かんう)と似ています。

 


 

韓信リスペクトする魏延

韓信

 

実は魏延がリスペクトしていたと思われる人物がいます。韓信(かんしん)です。

 

劉邦

 

韓信は前漢(ぜんかん)(前202年~後8年)の初代皇帝の劉邦(りゅうほう)に仕えた将軍です。全軍の責任者として劉邦を支えましたが、建国後はその力を恐れた劉邦により粛清されました。この韓信も兵士をよく指揮して、人並み外れた勇猛果敢さで知られていました。魏延が漢中の守備を命じられた話は前述しました。この時に劉備は魏延に曹操(そうそう)からの防衛に関する策を尋ねました。

 

項羽

 

尋ねられた魏延はスラスラと答えるのですが、これは劉邦が韓信を軍の責任者に任命した時に項羽(こうう)の対策を尋ねた時の故事と一緒です。また、諸葛亮の第1次北伐の時も諸葛亮と二手に分かれて行動することを進言します。

 

これも韓信が項羽討伐の時に行っていた手法です。相当な韓信リスペクトですね。

 

【劉邦 vs 項羽】
楚漢戦争


 

豹変する『三国志演義』の魏延

楊儀と魏延

 

魏延の性格が豹変するものを簡単に見れるものは、創作物ですが『三国志演義(さんごくしえんぎ)』です。

三国志演義』での魏延は諸葛亮に裏切りそうな顔だと言われます。

 

魏延と孔明

 

顔で決めるなんて『三国志演義』の諸葛亮は最悪ですね。でも、人は見た目が1番ですね。ひどいことは言われましたが、魏延は途中まで諸葛亮に従順な人物として描かれています。魏延の性格が豹変するのは諸葛亮の第4次北伐からです。

 

司馬懿

 

司馬懿(しばい)に作戦を読まれて1回だけ負けるのですが、その時から魏延は人が変わってしまいます。表では言わないのですが、裏では部下に対して諸葛亮の悪口を言うようになります。

 

司馬懿と魏延

 

初期の従順な態度はウソのようです。諸葛亮も最初は無視していたのですが、あまりにも悪口がひどくなったので、司馬懿と一緒に焼き殺そうと計画しました。だが、これは雨が降ったので失敗します。

 

孔明

 

その後もエスカレートしていくので、諸葛亮は死ぬ間際に馬岱(ばたい)を呼んで魏延が反逆したら殺すように命じておきました。

 

「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱

 

諸葛亮の死後、反逆した魏延は馬岱の手により殺されました。


  

 

 

三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上、魏延の性格に関しての記事でした。魏延は蜀に人材がいなかったことから、非常に重宝された将軍の1人です。

 

魏延の謀反を察する孫権

 

しかしそのためなのか、己が出来ると勘違いしてしまい、逆に身を亡ぼすことになってしまいます。この手のタイプは現在の社会にもよくいます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:周泰と魏延ってどっちが強いの!?呉と蜀の英雄を比較してみた

関連記事:魏延を考察!もしも劉備が赤壁の戦いで負けていたらどうなっていた?

 

【劉備と蜀漢に忠誠を誓った闘将・魏延】
魏延特集

 

 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 土安(南蛮族) 土安とはどんな人?兀突骨の右腕としても愛された烏戈国の精鋭
  2. キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?
  3. 曹丕 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い
  4. 解煩督 呉 【呉vs魏】あんまり知られていない芍陂の役ってどんな戦いだったの…
  5. 馬超と韓遂 【衝撃】馬超は漢語が出来なかった?韓遂との不仲の原因を考える
  6. 丁奉(ていほう) 丁奉の能力を数値化してみた(呉書丁奉伝を参考)
  7. 【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だ…
  8. 【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代2
  2. 孔明と魯粛
  3. 歳をとっても元気な孔明
  4. 白馬寺(城)
  5. 曹仁
  6. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)
  7. 孔明君のジャングル探検
  8. 大声を出す張飛

おすすめ記事

  1. キングダムネタバレ予想 壁は大将軍になるのか?
  2. もしも、諸葛亮の後継者が魏延だったら三国志はどうなる? 楊儀と魏延
  3. 孔明は劉備の嫁?「水魚の交わり」にはけっこう深い意味があった!
  4. kawauso編集長のぼやきVol.29「好きだからこそ」
  5. 【元祖妖怪ウォッチ】孫権や諸葛恪、朱桓が目撃した妖怪を徹底分析! 楊儀と魏延
  6. 東京オリンピック開催と日本のWi-Fi事情はどうなっているの? 大学と東京五輪の連携学生の通訳ボランティア いだてん

三國志雑学

  1. 北伐を結構する孔明
  2. 軍事面でも才能を発揮する諸葛恪
  3. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  4. 諸葛瑾と幼い頃の孔明


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 華雄と呂布
  2. 孔明と魯粛
  3. 村田新八
  4. 張飛が使う蛇矛
  5. 蜀の劉琦

おすすめ記事

媧燐(かりん)は実在した?ベトナムの女桀と呉の陸胤の戦いの意外な決着 【初心者向け】kawausoの大三国志 ズボラ戦記 kawauso編集長 はじめての三国志主宰・おとぼけ 三国志偏差値を一気に上昇させる!マニアックなコアファン向け参考文献 王累 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選 【数奇な人生】三国志演義には登場しない臧洪(ぞうこう)と袁術の奇妙なニアミス! キングダム 始皇帝 秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編 岳飛(南宋の軍人) 岳飛とはどんな人?実は和平を邪魔した将軍だった 幕末 魏呉蜀 書物 銭大昕ってどんな人?経学考証の手法を史学に応用した博学の人

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP