ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

太傅・司馬懿と曹爽の権力抗争「正始の政変」とは具体的にどんな争いだったの?

異議ありと叫ぶ司馬懿


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹芳

 

景初3年(239年)に()(220年~265年)の第2代皇帝の曹叡(そうえい)が亡くなりました。後を継いだのは曹芳(そうほう)です。曹芳は幼かったことから、司馬懿しばい)曹爽(そうそう)が後見役となります。

 

雨の中進軍する曹真

 

曹爽司馬懿の同僚だった曹真(そうしん)の息子です。今回は司馬懿曹爽の権力抗争「正始の政変」について解説します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「司馬懿 太傅」
「正始の政変」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:司馬懿が就任していた太尉とは何をするの?太尉はどの程度の権力がある?

関連記事:もしも、曹爽が司馬懿に勝っていたら三国志はどうなった?

 


 

曹爽の部下

曹爽

 

曹爽は早速、権力の中枢を自分の部下で固めることにしました。

 

司馬懿が頭を下げても堂々とする常林

 

司馬懿は「名士(めいし)」・・・・・・いわゆる勢力のある知識人階級を政治的基盤に置いていたので、その現状を打破しようとしたのです。

曹爽は以下の人を集めました。

 

 

何晏

 

何晏(かあん)・・・・・・曹操の養子。母は何進(かしん)の娘。

夏侯玄(かこうげん)・・・・・・夏侯尚(かこうしょう)の息子。

丁謐(ていひつ)・・・・・・曹操の最初の妻(てい)氏の一族。

 

上記の通り、曹爽は権力の中枢を自分の親族で固めたのです。曹爽は彼らを政治の中心である「尚書省」に就けたのです。曹爽が目指したのは法律重視の政治でした。

 


 

司馬懿の失脚にもなる太傅の位

司馬懿と曹爽

 

曹爽は司馬懿に太傅(たいふ)という位を与えました。太傅は今までの功績に対して授与されるものです。ただし、政治的権限は全くありません。これをもらうのは政界引退する時です。司馬懿は露骨に肩たたきをくらったのです。

 


 

人事権をめぐる対立

陳羣 九品官人法の書物

 

曹爽の行っている法律重視策の具体的なものとして、「九品官人法(きゅうひんかんじんほう
)
」の反対がありました。九品中正制度は陳羣(ちんぐん)が提案した制度です。

 

陳羣

 

郡にいる「中正官」という役人が就職希望者に2~9までのランクを付ける方法です。この九品中正制度は中正官が地元の人間と結託して賄賂の横行が激しい難点もありました。

 

夏侯玄

 

そこで曹爽派の夏侯玄(かこうげん)は全ての人事権は中央の尚書省に集めることを提案しました。司馬懿は名士が曹爽や夏侯玄に反発していることを利用して、反対案も出しますが一蹴されました。

 

司馬懿、司馬師、司馬昭

 

司馬懿はそれから、病気になったフリをして屋敷にこもって時を待ちました。

 


  

 

 

司馬懿のクーデター

司馬懿の墓

 

正始10年(249年)に曹爽は曹芳を伴って曹叡の墓参りに出かけました。司馬懿はこの隙を見逃さずに兵を集めてクーデターを起こしました。司馬懿の政治基盤である名士は成功すれば、自分たちの利益に繋がることから当然このクーデターを黙認しています。

 

これが有名な「正始の政変」です。洛陽(らくよう)を占拠すると(かく)皇太后に曹爽たちの解任を要求しました。さらに、洛陽の城門の封鎖・禁軍(近衛兵)の掌握・曹爽を弾劾する上奏文を準備しました。報告を聞いた曹爽は降伏すれば命は助けるという話を聞いて、降伏の準備を始めました。

 

曹魏の3代に仕えた桓範(かんはん)

 

だが、部下の桓範(かんはん)が決戦を主張しました。しかし、命が惜しかった曹爽や彼の兄弟は降伏の道を選びました。がっくりと肩を落とした桓範「父親の曹真は立派な人だったのに、お前たち兄弟は豚か牛のようだ。お前たちのせいで一族が皆殺しにあってしまう」と言ったそうです。

 

桓範の言葉は的中しました。司馬懿は最初から約束を守る気はありませんでした。曹爽・何晏・丁謐・李勝(りしょう)等が死罪にされました。

 

晋の司馬師は玉座に座る

 

夏侯玄はこの時に死罪は免れましたが、後年に司馬懿の息子の司馬師(しばし)により殺されました。こうして魏の権力は完全に司馬氏が握ることになったのです。

 

三国志ライター晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上が、司馬懿と曹爽の権力抗争「正始の政変」でした。

司馬懿は正始の政変から2年後の嘉平3年(251年)にこの世を去ります。

 

司馬昭と司馬師

 

時代は司馬懿の息子の司馬師司馬昭(しばしょう)の時代に移っていき、彼らの死後は孫の司馬炎(しばえん)が魏を滅ぼして、西晋(せいしん)(265年~316年)になっていきます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:『三国志』には色々な武器が出てくるけど、やっぱり鉄でできてたの?

関連記事:三国志の武器はどこが製造していた?武器を製造する考工令とは

 

【もしも三国志が○○だったら特集】
if三国志

 

 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 魏の名将文鴦はダメ親父に足を引っ張られ人生台無し?
  2. 劉邦 【将苑】諸葛亮も認める立派な将軍になろう!
  3. 宴会マナーと酒(古代中国) こんなに厳しい!三国志の時代の宴会のマナーが超複雑
  4. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明 【危篤の孔明そっちのけ!】始まっていた五丈原の権力争い
  5. 二刀流の劉備 劉備は剣術を使うことができたのか正史・演義から調べてみた
  6. 袁術と呂布 呂布をリトマス試験紙にして群雄の性格を鑑定してみた
  7. 山頂に陣を敷いた馬謖 馬謖の逸話を追うほど真実がわからなくなっていく!結局誰の評価が正…
  8. 曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんな…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孫権の娘が大喧嘩 孫魯班、孫魯育
  2. 南蛮一の軍師・孟節(兵士を裏切る)
  3. 痛い目にあう孫権
  4. 織田信長
  5. 司馬徽
  6. 魏と国号を決める曹丕
  7. Breaker podcast 引用
  8. 袁紹にお茶を渡す顔良
  9. 孔明 司馬懿 陸遜
  10. Pocket Casts 引用

おすすめ記事

  1. 張既(ちょうき)とはどんな人?反乱の多かった雍州・涼州の二州を見事に統治した名政治家 張既(大人)
  2. 近藤勇の首の行方は?新選組局長の最期の地をめぐる 近藤勇 新選組
  3. 戦国時代の伊賀・甲賀は明治維新を先取りした先進地域だった!
  4. 孫権はどうして同盟者・関羽を攻撃したの? 関羽に無視される孫権
  5. 【三国志平話】諸葛亮が鬼謀神算じゃなくて親しみやすい 曹操の使者を斬り捨てる武闘派の孔明
  6. 世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか 華陀

三國志雑学

  1. 陳宮
  2. 法正
  3. ホウ徳、馬超


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 李儒と三国志
  2. 伊藤博文
  3. 阿部正弘
  4. 占いをする卑弥呼(鬼道)
  5. 陳宮
  6. 楊奉

おすすめ記事

曹植 もし曹植が魏の初代皇帝になったらどうなったの?【if三国志】 糜竺 糜竺とはどんな人?すべてを捨てて劉備に付き従った忠義者 キングダムネタバレ大予想575話vol2舜水樹は李牧を裏切る!その理由 これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介! 張昭 中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説! 曹操VS孫権 R2 2分で分かる合肥の戦い その1 はじまりの裏側 諸葛靚(しょかつせい)とはどんな人?父(諸葛誕)の敵である司馬家を恨み、晋に仕えなかった硬骨漢 豊臣秀吉 戦国時代 【センゴク】羽柴秀吉はどうやって関白に就任することができたの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP