趙雲と劉備は固い絆で結ばれていた?義兄弟も嫉妬するほどの二人の絆を紹介


趙雲子龍

 

趙雲(ちょううん)は蜀(221年~263年)の将軍です。

 

劉備に褒められる趙雲

 

最初は公孫瓚(こうそんさん)の配下でしたが、彼の命令で劉備(りゅうび)の軍に救援に赴いた時に劉備と知り合い以降は劉備の配下となります。劉備とは死ぬまで信頼関係で結ばれていました。

 

今回は正史『三国志』をもとに、劉備と趙雲の信頼関係を執筆します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「趙雲 劉備」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:趙雲は本当に英雄?趙雲はイケメンでかっこよかったの?

関連記事:五虎将軍の中で長生きの趙雲!没年をマジメに計算すると膨大な矛盾が?

 


 

ひょんなことから出会った2人

公孫サンに味方をする趙雲

 

先述したように趙雲は公孫瓚の配下でした。趙雲は天下統一して民に安らぎを行う主を求めていたので、公孫瓚がそれに値しない人物と見た時は見限る気でいました。ある日のこと、公孫瓚の命令で趙雲は青州刺史の田階(でんかい)の援軍に行きます。

 

袁紹

 

田階は公孫瓚の命令により袁紹(えんしょう)と戦っていましたが苦戦していました。この時に田階のもとにいたのが劉備でした。劉備と話し合った趙雲はすっかり意気投合しました。

 

一緒にベッドを共にする仲になりました。あっ、勘違いしないでください。

 

趙雲と劉備が初めて出会うシーン

 

劉備と趙雲は変な関係じゃありません。それぐらい仲が良い表現という史料の表現です。

 

「誰も思わないよ。そんなことを考えるのは晃ぐらいだろう」

 

そんなこと無いと思うのですけど・・・・・・とりあえず先に進みましょう。

 

趙雲 三尖刀

 

やがて趙雲は兄が亡くなったので故郷に帰ることになります。中国では家族が亡くなったら、喪に服す慣習があります。この時、劉備は趙雲とはもう会えないと思いました。しかし趙雲は「あなたのことは裏切りませんよ」と言って立ち去りました。

 


 

劉禅と夫人を助ける趙雲

曹操から逃げ回る劉備

 

建安5年(200年)に劉備は曹操(そうそう)から逃げて袁紹のもとに保護を求めました。なんと偶然にも、そこで劉備は趙雲と再会します。運命とは凄いです。

 

後継者を決めるのに困っている劉表

 

その後、袁紹は曹操に敗れて劉備は今度は荊州の劉表(りゅうひょう)に保護を求めます。ところが、劉表も建安13年(208年)にこの世を去って荊州も曹操の手に落ちました。

 

劉備の黒歴史

 

荊州が曹操の手に落ちると、劉備は兵と民を率いて逃げます。しかし、途中の長坂で曹操軍に追いつかれます。この時、劉備は妻と子の劉禅(りゅうぜん)、娘2人を捨てて逃げました。娘2人は曹操軍の捕虜となりました。

 

長坂の戦いでの趙雲

 

趙雲は乱戦の中で幼い劉禅と母の(かん)夫人を助け出して帰還することに成功します。この乱戦の時に、趙雲が曹操軍に投降したという誤報が劉備のもとに入りました。ところが、劉備は報告を入れた兵に対して、「趙雲は俺を見捨てないもん!」と言って手戟でボコボコにしたそうです。

 

赤兎馬にまたがる呂布

 

「手戟」は呂布(りょふ)が武器として使っているアレです。アレで叩くとは叩かれた兵は可哀そうですね。劉備の予想通り趙雲は劉禅と甘夫人を連れて帰ってきました。この功績により趙雲は「牙門将軍」になりました。


 

再び劉禅を助ける趙雲

曹操軍の輸送車を襲う趙雲

 

趙雲は再び劉禅を助けることになります。劉備は建安14年(209年)に孫権(そんけん)の妹と結婚します。有名な(そん)夫人です。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

小説『三国志演義』では仲の良い夫婦として描かれているのですが、実際はそうでも無いようです。結婚時点で劉備は49歳、孫夫人は18歳です。親子ほどの年齢の差があります。こんな結婚がうまくいくはずがありません。

 

劉璋(りゅうしょう)

 

おまけに孫夫人は自分の家柄を鼻にかける人物であり、劉備の領地ではかなり評判が悪かったのです。建安17年(212年)から劉備は益州の劉璋(りゅうしょう)を攻撃するために、領地である荊州を離れていました。

 

趙雲と劉備

 

ただし、孫夫人の動向については目を光らせておきたかったので、劉備は日ごろから規律に厳しい趙雲を孫夫人の近くに置いておきました。案の定、孫夫人は劉備がいないスキを狙って、勝手に孫権のもとに帰ろうとするばかりか、劉禅まで拉致しようと企みます。これを察知した趙雲は阻止することに成功します。

 

劉禅はこうして2度も趙雲に命を救われたのでした。


  

 

さよなら、劉備

ブチギレる劉備

 

蜀の章武元年(221年)に劉備は呉(222年~280年)に討たれた関羽(かんう)の敵を討つために遠征をする決意をします。ところが、これに趙雲は反対します。趙雲は呉よりも魏(220年~265年)を討つことが大切であることを説得しました。

 

キレる劉備になだめる黄権

 

しかし、劉備は趙雲の意見を無視しました。あれほど趙雲を信頼していた劉備も関羽の敵討ちになると、前が見えていないようです。

 

夷陵の戦いで負ける劉備

 

こうして出陣した劉備ですが結果は呉の陸遜(りくそん)の前に敗北しました。この時、趙雲は劉備を救出するために出陣するために来てくれたのです。やはり彼と劉備との絆は固かったのです。

 

劉備の臨終に立ち会う孔明

 

だが、呉との戦に負けた心労により劉備は章武3年(223年)にこの世を去りました。長年に渡り固い絆で結ばれた劉備と趙雲に永遠の別れが来たのです。

 

三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上、劉備と趙雲の絆についての話でした。趙雲はその後も、蜀のために尽力して建興7年(229年)にこの世を去りました。不思議なことに功績を残した割には出世が出来なかったのです。

 

これは今でも謎です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:史実の趙雲を考察!脚色されてる理由が頷けるほど蜀への貢献度の高さ

関連記事:趙雲の一騎駆けとは?曹操軍のエリート部隊・虎豹騎をかわした漢

 

【蜀のマイナー武将列伝】
蜀のマイナー武将列伝

 

 

関連記事

  1. 曹植
  2. 髠刑を受ける劉備
  3. 諸葛瑾
  4. 曹叡
  5. 龐統と的盧

    はじめての変

    的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死

    214年、鳳雛(ほうすう)と称された龐統(…

  6. 司馬懿と司馬師

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP