ログイン | 無料ユーザー登録


朝の仕度ならながら三国志
ぐっすり眠れるながら三国志


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

夏侯覇の最期は正史と横山三国志で全く違う?正史三国志と漫画の違い

夏侯覇


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

夏侯覇

 

夏侯覇(かこうは)夏侯淵(かこうえん)の息子です。最初は劉備(りゅうび)に討たれた父の敵を討つために魏(220年~265年)に仕えます。しかし、魏の正始10年(249年)の「正始の政変」で曹爽(そうそう)司馬懿(しばい)に殺されたことにより、魏に不信感を抱いて蜀に逃走しました。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

夏侯覇の最期については、正史とマンガで全く違っています。今回は全く違う2通りの夏侯覇の最期について紹介します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「夏侯覇 最期」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:なぜ趙雲は劉備に仕えたのか?損得勘定の心理とは無縁の忠義の漢?

関連記事:夏侯覇が敵国に亡命できたのは劉禅と親戚だったから?

 

 

正史の最期 その後の消息不明

法正に敗れる夏侯淵

 

夏侯覇は夏侯淵の次男です。父の夏侯淵は建安24年(219年)に定軍山の戦いで、劉備(りゅうび)により討たれました。父の復讐に燃えた夏侯覇は魏の太和4年(230年)には諸葛亮(しょかつりょう)の北伐の時に奮戦します。

 

夏侯玄

 

だが、正始10年(249年)の「正始の政変」により一族の曹爽が誅殺され、上司の夏侯玄(かこうげん)が免職されました。自分はどうなるか分からないでビクビクしている夏侯覇の所に、新しい上司として郭淮が赴任します。ところが、夏侯覇は郭淮(かくわい)と以前から犬猿の中であり、もう耐えられません。

 

逃げる夏侯覇

 

仕方ないので夏侯覇は亡命を決意します。夏侯覇が選んだのは蜀(221年~263年)でした。夏侯覇の従妹が張飛(ちょうひ)に嫁いでおり、その娘が蜀の第2代皇帝劉禅(りゅうぜん)の皇后になっていたのです。

 

夏侯覇の妻は誰?

 

こうして夏侯覇は自分の子も兄弟も捨てて亡命しました。蜀にたどり着いた夏侯覇を劉禅は丁重に扱って車騎将軍に任命されています。やはり、外戚(=皇后の親戚)という立場が役に立ったのでしょう。

 

蜀の姜維

 

その後の夏侯覇は記録が途絶えますが、蜀の延熙18年(255年)に姜維(きょうい)と狄道出兵を行うところから再登場します。魏の雍州刺史の王経を包囲して苦しめますが、陳泰(ちんたい
)
が援軍に来たので撤退となります。

 

張翼

 

残念なことに夏侯覇はこれを最後に消息不明となります。景耀2年(259年)に張翼(ちょうよく
)
が左車騎将軍に、廖化が右車騎将軍に分割任命されていることから、車騎将軍の官職は空席状態であったと考えられます。

 

また「趙雲伝」と「後主(劉禅)伝」を比較したところ、景耀3年(260年)年以前に諡号(死後にもらう名前)をもらっていることから、夏侯覇は延熙19年(256年)~景耀元年(258年)に亡くなっていると推測しています。

 

おそらく、病死ではないでしょうか・・・・・・

 

 

横山光輝『三国志』の夏侯覇の最期 戦死・・・・・・しかし、シーンは無し

 

いつも正史と小説『三国志演義』と比較が多いのですが、今回は横山光輝『三国志』の夏侯覇の最期を紹介します。夏侯覇が蜀に降伏する動機は、マンガでは司馬懿の専横に対しての危機感と簡単に解説されており、正史のように小難しい内容は説明していません。

 

また、蜀に亡命はするのですが向かった先も劉禅ではなく姜維でした。確かに姜維なら戦場で面識があるので頼る相手として妥当だと思います。その後は姜維のツテで劉禅と面会して蜀軍の仲間入りを果たします。姜維の北伐には参謀として従軍しており、コマの所々に姿が見えます。

 

しかし、炎興元年(263年)に劉禅が宴会をしている時に姜維から援軍要請の手紙が来ます。それを読んでいる時に近くにいた宦官黄皓が「姜維はここ最近大した手柄を立てていません。先年も洮陽へ出兵している時に夏侯覇を失ってございます」とコメントします。

 

「先年」ということは、景耀5年(262年)です。どうやら、夏侯覇は北伐で戦死していたようです。正史とはだいぶ違っていることが分かります。マンガではページの都合なのか、横山氏が「どうでもいい」と感じたのか、戦死シーンすらありませんでした。

 

可哀そうなキャラクターでした・・・・・・


三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上が、正史とマンガ比で較した夏侯覇の最期でした。横山光輝氏は、どのマンガ家よりも中国史のマンガを丁寧に描くのですが、思い入れの無いキャラクターに対しては1、2コマで殺害するクセがあります。

 

費禕の宴会に呼ばれて毒を塗った刀で暗殺に成功した郭修(かくしゅう)

 

代表は費禕(ひい)です。1コマで暗殺。筆者が、もう1つ記憶しているのは『項羽(こうう)劉邦(りゅうほう)』という作品に登場した辛奇です。韓信(かんしん)と義兄弟の契りまで結んだのですが、それが活かされる場面は全く無く、項羽との一騎打ちで2コマで討ち死に!

 

「虎も殺す」という豪傑の設定は、どこに行ったのでしょうか?

中学2年の時ですけど、今でも筆者泣かしの名場面です。(笑)

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:五虎将軍の中で長生きの趙雲!没年をマジメに計算すると膨大な矛盾が?

関連記事:史実の趙雲を考察!脚色されてる理由が頷けるほど蜀への貢献度の高さ

 

【孤高の忠臣・姜維の壮絶な人生】
姜維特集

 

 

 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 海賊時代の孫堅と孫策 孫堅から孫権はどんな所を受け継いでいたの?
  2. 孔明 【ビジネス三国志】孔明の大逆転!既成概念を破壊してチャンスを掴め…
  3. 董卓と呂布 うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!
  4. 三国志の地図 【クイズ】魏最強!でも滅亡、原因はなーんだ?
  5. 典韋にボコボコにされる成廉 典韋と弁慶の共通点を探してみたら意外な事実が判明!?
  6. 唐周(とうしゅう)黄巾賊 黄巾の乱のIF三国志『もしも馬元義が生き残れていたら?』
  7. 頭痛に悩ます曹操 はじさんが曹操を丸裸に!素顔は?身長は?曹操を徹底追及!
  8. 法正と劉備 劉備の福耳こそが名君の証?武力よりも知力よりも人徳よりも「幸運度…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 法正と協議して蜀の法律を作る伊籍
  2. 高杉晋作
  3. 孔明君のジャングル探検
  4. 王昭儀
  5. 郭嘉の本
  6. 不老不死を求める始皇帝
  7. 後継者を決めるのに困っている劉表
  8. 孔明 vs 司馬懿
  9. 夏侯惇と呂布

おすすめ記事

  1. 上杉謙信の生き方の原点は?武田信玄に塩を送った義の武将に迫る! 上杉謙信
  2. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2 曹操VS孫権 R2
  3. 【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどんな人だったの?
  4. 西郷隆盛が実行した廃藩置県はどんな偉業? 江戸城
  5. 【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった? はじめての三国志 画像準備中
  6. 【第8回 幻想少女】難攻不落の第十章攻略が面白い!はまってきました♪

三國志雑学

  1. 司馬懿と魏延
  2. 桃園三兄弟 vs 呂布の一騎打ち
  3. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  4. 後悔する孫権
  5. 晋の陳寿


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 孔明
  3. 司馬懿と曹操
  4. 孫権 弔い出陣
  5. 水魚の交わり
“朝の仕度にながら三国志ver3"

おすすめ記事

明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀の特技とは?プロ顔並みの3つの特技を分かりやすく解説 三国志とキングダムのそっくり武将は誰?|信と呂蒙 鎌倉時代 服装 男女 鎌倉幕府(時代)の役職や政治や執権のまとめ一覧 「宋」の国旗をバックとした兵士 靖康の変とはどんな事件?北宋の哀れなる末路を分かりやすく解説 【祝アニメ化】ゴールデンカムイってどんな漫画なの? 陳蘭 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5 三国志ライター黒田レン 誰が読んでも間違いなく面白い戦国時代小説!夏の読書感想文もこれでバッチリ! 南蛮胴を身に着けた織田信長 織田信長の業績とは?戦争面・人材登用・行政政策の輝かしい業績を紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver3"
PAGE TOP