匈奴の劉淵とは何者か?晋朝からの自立を宣言した漢


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

三国志を統一した司馬炎

 

西晋(せいしん
)
(265年~316年)は初代皇帝司馬炎(しばえん)の死から間もなくして外戚(=皇帝の一族)である楊氏が実権を握ったので、政治は乱れます。

 

匈奴の劉淵

 

そこに目をつけて登場したのが、匈奴の劉淵(りゅうえん
)
という男でした。彼はいったい何者でしょうか?今回は劉淵について解説します。

※記事中のセリフは現代の人に分かりやすく翻訳しています。

 

自称・皇帝
当記事は、
「匈奴 晋」
「匈奴 劉淵」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介

関連記事:【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介


まさか、オヤジはサイヤ人

 

劉淵は魏(220年~265年)の嘉平年間に(249年~254年)に生まれたと言われています。父は劉豹(りゅうひょう
)
。劉豹は「左賢王」とも呼ばれ、後漢(25年~220年)の女性詩人蔡文姫(さいぶんき)と結婚した人で有名です。しかし、これには矛盾しています。左賢王が活躍していたのは後漢末期。蔡文姫が南匈奴に拉致されて左賢王と結婚したのは興平年間(194年~195年)です。左賢王の生没年は分かっていませんが、蔡文姫と結婚時点で20歳と推定しても、劉淵が生まれた時で75歳以上!

 

西遊記 孫悟空

 

『ドラゴンボール』のサイヤ人のように、年齢を重ねるのが遅い民族でない限り、嘉平年間に(249年~254年)子供を作るなんて無理な話です。おそらく劉淵の部族は、名も無き弱小部族だったのでしょう。ただし、劉淵の正当性を付けるために、父親の名前に左賢王を使用したと考えられています。


八王の乱

 

太熙元年(290年)に司馬炎は亡くなり皇太子が即位しました。第2代皇帝恵帝(けいてい
)
です。この皇帝は、あまり賢くなく政治は外戚の楊駿(ようしゅん
)
に握られます。これに反発した恵帝の皇后である賈氏は司馬亮(しばりょう
)
(汝南王 司馬懿の三男)と司馬瑋(しばい)(楚王 司馬炎の次男)に協力を求めました。彼らは楊駿を殺害してくれますが、仕事を終えたらもう用済みです。2人とも賈氏により抹殺されて、今度は賈氏による専制が始まります。

 

永康元年(300年)に司馬倫(しばりん
)
(趙王 司馬懿の五男)が、虐げられることに我慢出来なくなりクーデターを起こします。クーデターの結果、賈氏は排除、恵帝は幽閉されました。勝利に終わった司馬倫は自分が皇帝になることを宣言。

 

だが、これに反発した他の王が司馬倫を抹殺。永寧元年(301年)に司馬冏(しばけい
)
(斉王 司馬炎の甥)・司馬顒(しばぎょう)(河間王 司馬懿の姪孫)・司馬乂(しばがい
)
(長沙王 司馬炎の三男)・司馬潁(しばえい
)
(成都王 司馬炎の七男)・司馬越(しばえつ
)
(東海王 司馬懿(しばい)の姪孫)が親族間での戦争を起こします。

 

混乱は光熙元年(306年)に司馬越が第3代皇帝懐帝を即位させるまで続きました。この一連の騒動を「八王の乱」と言います。


劉淵の即位と西晋への反乱

 

話を劉淵に戻します。劉淵は幼少期から洛陽で生活していました。この時に多くの知識人と交流したそうです。八王の1人である成都王の司馬潁は彼の部族を使うために、洛陽になるべくとめておきました。ところが、八王の乱がひどくなるにつれて、匈奴も自立を図るものが増えてきます。

 

劉淵も従祖父の劉宣から独立をすすめられました。そこで劉淵は司馬潁を説得して外部の敵に備えることを口実に、司馬潁のもとを離れることに成功。戻った劉淵は独立を宣言します。西暦304年でした。元号は「元熙」と定めますが、国号はなんと「漢」だったのです!

 

その理由については以下の通りです。

 

「漢は天下を支配することが長く、その恩徳は人心に結びついている。だから劉備は益州だけで天下を張り合えたのである。我々匈奴は漢皇帝の甥であり兄弟ともなった。兄が滅んだら、弟が継ぐのは当然である。漢と称して劉禅を追尊し人望を懐くべきである」

 

なんてプラス思考な解釈。劉淵は漢(前202年~後220年)の時に匈奴が兄弟関係になったことを根拠に自分たちの国を「漢」と自称したのです。要するに継承順番は、前漢→後漢→蜀漢→漢(劉淵の国)・・・・・・こんな感じです。

 

漢王朝として独立した劉淵

 

建国後、劉淵は司馬騰(東海王 司馬越の弟)を破り、鮮卑・氐族の有力者を配下に収めていきました。漢の永鳳元年(308年)に劉淵は皇帝に即位します。このまま一気に西晋を攻め滅ぼすことも可能です。ところが、人生とは上手にいかないものでした。2年後の河端2年(310年)に劉淵はこの世を去りました。

 

西晋討伐は次の世代に託されます。劉淵が建国した「漢」は第5代皇帝劉和の時に「趙」と改められました。趙という国は当時、2つ存在していたので今回紹介した国は後世、「前趙」と呼ばれることになります。


三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

今から5年前の話ですが、『後三国演義』という本を古本屋で購入して読みました。本当の題名は『後三国石珠演義』と言います。どうやら清(1644年~1911年)の頃の小説らしいですが、詳しいことは分かっていません。

 

内容は三国時代終了直後から始まります。石珠と劉弘祖という人物が、悪政を行う西晋を倒すために立ち上がるという勧善懲悪小説です。負けたと思ったら次のページでは調子よく勝つというパターンが連続するので現在で例えるのなら、「ライトノベル」やネットの「異世界転生小説」に近いものでした。

 

昔の人も今の人と考えが変わらないのかもしれませんね(笑)

 

※参考文献

・三崎良章『五胡十六国 中国史上の民族大移動』(東方書店 2012年)

 

はじめての三国志コメント機能特集バナー115-15_bnr5

 

※はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。この記事に興味・批判・反論がある人はコメントをお願いします。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:カオスの極み!五胡十六国時代!原因はあの人にあった…

関連記事:宋代における仏教はどうだった?北宋第6代皇帝・神宗の影響もあった?

 

【400年続いた漢王朝を分かりやすく解説】
はじめての漢王朝

 

 

関連記事

  1. 賈南風
  2. 斉王になる司馬攸
  3. 司馬昭
  4. はじめての晋

    何で曹操は漢中で劉備に負けたの?

    これまで、劉備(りゅうび)対曹操(そうそう…

  5. 不忠者の烙印を押される王沈
  6. 文鴦(ぶんごう)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志ご要望の進捗状況"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP