司馬炎の政治力が三国時代を終わらせた!晋の創始者の政治から学ぶ「妙」

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

司馬炎の政治力(1P目)




貴公子と呼ばれた司馬炎の末路

郭皇后(女性)

 

そんな司馬炎は若かりし頃から貴公子と呼ばれ、優秀であったのですが、統一して気が抜けたのか、それともある意味で皇帝の別のお仕事に夢中になったのか、その後は総勢一万人の女性を迎えた巨大な後宮を作って政治に関心を失っていきます。

 

三国志のモブ 反乱

 

この人数全てが妻という訳ではありませんが、それでもとても大きな規模なのは間違いありません。これが全てつながったという訳ではありませんが、司馬炎の死後には後継者問題で八王の乱が起き、五胡十六国時代が幕開いてしまうのですから……歴史は面白いですね。




司馬炎の政治

魏の皇帝になる曹丕

 

さてここで前述したように、司馬炎の政治を見ていきましょう。見るべきは基盤を整えるために、一族に力を持たせたこと。これは魏のやり方とは逆と言っても良いやり方です。

 

司馬懿、司馬師、司馬昭

 

恐らくですが魏の国が自らの家に乗っ取られていく様を間近で見ていたからこそ、司馬炎は力を分散させたのでしょう。

 

献帝

 

この点の興味深いところは、魏のやり方も実は同じようなやり方だったということです。魏が権力を集中したのは、漢王朝が権力を分散させてしまったことから学び、同じようにならないようにと配慮されてやったこと。

 

汚職政治と闘う徐璆

 

ここそ正に政治の「妙」。過去の反省を生かした結果、新たな問題が出てくる……しかも繰り返す……これは歴史から見てこそ分かることです。司馬炎の政治は、そういう面から見てもとても興味深いところです。




司馬炎の政治は失敗か?

三国志を楽しく語るライターセン様

 

では司馬炎の政治は失敗したのか?という点ですが、筆者は「良くやった方」だと思います。というのも、司馬炎の政治は父親である司馬昭の政治を受け継いだものだからです。

 

司馬昭の政治

諸葛誕を攻める司馬昭

 

司馬昭の政治は、例えば諸葛誕(しょかつ たん
)
らの反乱を鎮圧した事後処理で首謀者を処刑しただけで他は全て赦免したように「許すこと」に「肝」があります。

 

王基に感謝する司馬昭

 

習鑿歯(しゅう さくし
)
が「天下の人は司馬昭の武威を恐れると同時に徳義を慕うことになった」と評価したように、どういう意図があったかは分かりませんが、この政治方針を司馬炎は受け継ぐ、受け継がざるを得ないのです。

 

関連記事:魏の諸葛誕が反乱に失敗した原因ってなに?

関連記事:蜀は龍を。呉は虎を。魏は狗をで知られる諸葛誕の一族が一番優秀だった!?

 

受け継がなければならなかったこと

反対する賈充

 

司馬炎が司馬昭の政治を受け継いでいるというのが良く分かる例が、呉征伐に反対した賈充(かじゅう
)
に呉征伐後に恩賞を与えたことでしょう。こういった方針で司馬炎は政治を行っていきました。そしてこれらの政治は、司馬炎が生きてる間は上手く機能していたと思われます。

 

そういう意味では司馬炎は何かに特化したと言うならば、バランスを取ることに特化していた、もしくはそうしなければならない政治形態を上手く回すことができるだけの能力を持っていたと思うのです。なのでその後の展開全てが司馬炎の政治が悪かったから……というのは少し言い過ぎではないかな、と筆者は思いますね。

 

関連記事:賈充こそ本当は董卓や李儒レベルの悪人?

関連記事:賈充の娘である賈南風はドン引きするほどの悪女だった

 

「盛り塩」の語源

神雷を操るバラモン教・ヒンドゥー教の軍神 インドラ(神話)

 

最後にちょっと小話を。司馬炎が巨大な後宮を築いたことは話しましたが、流石にこんな膨大な数を相手にするというのはインドの神様くらいしか無理な話。そこで司馬炎は夜伽の度に羊に引かせた車に乗って、止まった部屋の女性と夜を過ごしました。

 

ポイント解説をするセン様

 

このため愛妾が部屋の前に塩を盛って羊の足を止めさせた、というのが盛り塩の語源と言われています。これは羊がミネラルを塩から吸収するための行動であり、実際に牧場などで羊のために岩塩を置いておくという話があります。

 

恐らく習性から察されたものだと思いますが、この当時に羊の行動を理解していた女性がいるというのは凄い話。もしかしたら司馬炎もそういう「頭の良い女性」を探すための行動だったのかな……?というのは、ちょっと司馬炎に寄り添い過ぎの考えですかね?

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

その後のごたごたが印象強すぎるあまりに何だかんだ言われてしまう司馬炎ですが、彼自身の能力はそこまで言われるほど悪いものではないと思います。

 

司馬昭と司馬師

 

ただ見ていくと彼の政治は、前者で失敗したと思われることを繰り返さないようにし、父の政治を何とか引き継ぎながらやっていった……けれど結果としてそれが、歴史として長い年月から見ると繰り返しの失敗、が目に付くのは興味深いところですね。

 

しかしそう思うとやはり……政治って大変なんだなぁ……と、いう感想しか出てこなくなるという、凡才の筆者なのでした。

 

参考文献:晋書文帝記 武帝紀

 

関連記事:司馬炎と劉禅は似た者同士?その理由とは?

関連記事:司馬炎の皇位は「譲ってもらったもの」?中国史のフシギな言葉「禅譲」の意味を考える

関連記事:孫晧は司馬炎に玉璽を渡していたのか?消えた玉璽と玉璽肯定・否定論

 

晋王朝のマイナー武将

 




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-