孫権の最期、怪しい予言者に騙されたってホント?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

宴が生き甲斐 孫権

 

呉の大黒柱孫権(そんけん)、はじ三では部下にアルハラを繰り返すアル中ヒゲダルマとしてお馴染みで、kawausoも書いていて一番楽しいキャラクターです。そんな孫権の晩年は老害と言われますが、実際の臨終の間際の孫権はどんな感じだったのでしょうか?




二宮の変後

諸葛瑾に無茶振りを言う孫権

 

太元(たいげん)元年(251年)夏、五月、混乱を極めた二宮(にきゅう)の変を孫和(そんか)を幽閉し孫覇(そんは)を自殺させて収めた孫権は、末子の孫亮(そんりょう)を皇太子にし孫亮の生母の潘氏(はんし)を皇后に立て大赦し改年しました。

 

孫亮を後継者として指名する孫権

 

二宮の変は孫権の強引で残酷な行動が多いですが、この頃には孫権に深刻な体調不良があったかも知れません。その理由については、次の頂で説明します。

 

関連記事:自分が元凶だと忘れる孫権の最高峰大失敗「二宮の変」わかりやすく解説

関連記事:呉と孫権にとっては消したい事件・二宮の変って何?




孫権、神人王表を招く

 

これより少し前、臨海郡の羅陽県に神人がいて王表(おうひょう)と名乗っていました。王表は紡績(ぼうせき)という女の召使を連れ、様々な土地を渡り歩き、現地の人々と交流し会話も飲食も常人と異なる所はありませんでしたが、姿形を見せなかったようで、紡績が依代になり、王表の言葉を伝えていたと推測されます。

 

孫権は、神人王表の評判を聞きつけて、中書郎李崇(りすう)を派遣し輔国将軍、羅陽王の印綬を持たせ、王表に都に来るように依頼しました。

 

kawausoさん

 

はい!出ました!

健康に不安を抱えた君主が怪しげな神人に縋り、奇跡を願うという典型的テンプレですね。

 

孫権と張昭

 

元気な頃の孫権は、まあ、張昭(ちょうしょう)と神仙の話をしたりはしていますが、そこまで迷信深い逸話はないので、この頃の孫権は健康に深刻な悩みを抱えていたと推測されます。

 

関連記事:宴会場面から読み解く「孫権の人柄」!あなたは孫権との飲み会に参加したい?したくない?

関連記事:キレる息子孫権と頑固オヤジ張昭のケンカが激しすぎる

 

時代を超えて愛される中国四大奇書「はじめての西遊記はじめての西遊記

 

孫権、王表に屋敷を建てる

城 銅雀台

 

王表は李崇と合流して招聘(しょうへい)に応じ、李崇及び所在の郡守や令長と談論しましたが、王表の言葉は巧みで、李崇達は王表を言い負かす出来ませんでした。また、この王表、山川を巡る時には女の召使を派遣して、その神に挨拶させたそうです。

 

 

秋7月、李崇は王表と建業に到着。孫権は蒼龍門外に屋敷を建て王表を住まわせ、しばしば近臣に酒食をもたせて、色々の質問をしました。その質問の中で、王表は大雨や旱魃(かんばつ)、小さな事件などを予言し多くを的中させたと言われています。

 

同年8月、大風が起こり長江、海とも溢れて水深は八尺になり、呉の高陵の松柏が枯れて抜けてしまい、呉の郡城の南門が崩れ落ちました。こういう事もあり、孫権は冬11月に再び大赦を出して人心の動揺を抑えようとしています。

 

関連記事:孫権が張昭を呉の丞相に任命しなかったのはどうして?

関連記事:アルハラ孫権にとって身体に刻まれた12の輝く傷が酒の肴!周泰を考察

 

孫権、風疾に倒れる

呉の孫権

 

その後、孫権は南郊において祭事を行い帰還した後、病に倒れ床に臥すようになります。

 

呉志(呉書)_書類

 

呉録によると孫権は風疾に罹ったとあり、風疾は現在ではリウマチ、痛風、中風のような病名と考えられています。アル中ヒゲダルマの宴会人生を考えると、長年の飲酒で血管がボロボロになって、痛風や中風を引き起こしたと考えるのが妥当な感じです。

 

ただ、痛風になったくらいで死を覚悟するほど、孫権はナイーブな人生を送っていないので、やはり、長年の飲酒で血管が脆くなり、体内で内出血を起こしたせいで、体に麻痺が残るような後遺症が出たのではないでしょうか?

 

孫権に気に入られる孫峻

 

同年の12月、死を予感した孫権は孫亮の筆頭補佐役として諸葛恪(しょかつかく)を指名して早馬で知らせ、詔を発して賦役を免じ、税金を軽くして民の負担を軽減しました。やたらめったな大赦が、孫権の先の短さを象徴している感じです。

 

関連記事:孫権が暴露!蜀は孔明の国だった

関連記事:孫権の人柄ってどうだったの?晩年の暴走は老いが原因?

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 陸績
  2. 孫権に初代丞相として任命される孫卲(そんしょう)
  3. 孫皓と張俊

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP