魏と卑弥呼の関係とは?「三国志」時代の日本




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

邪馬台国と倭人

 

「三国志」の時代には多くの英雄が戦いを繰り広げましたが、その頃「日本」はどのような状態だったのでしょうか?

 

卑弥呼

 

実は正史「三国志」の中に少しだけ「倭国(わこく)」(後の日本と思われる)の記述があるのです。そこには「邪馬台国(やまたいこく)という国があり、そこは卑弥呼(ひみこ)と呼ばれる女性が治めていた。」と書かれています。

 

今回の記事ではそんな「卑弥呼」と「三国志」特に「魏」との関係を見てみましょう。




「三国志」の何処に倭国の記事がある?

晋の陳寿

 

正史「三国志」は「紀伝体(きでんたい)」と言われる「伝記」(例、魏志武帝紀(ぎしぶていき))の集合した文書ですが、「倭国」についての「伝」が存在するわけではありません。

 

正史三国志を執筆する陳寿

 

「魏志」の中の「烏丸鮮卑東夷伝(うがんせんぴとういでん)」の中に「倭人」の記載があり、日本では通称「魏志倭人伝(ぎしわじんでん)」と言われています。「烏丸鮮卑東夷伝」は中国の東方に住んでいる漢民族以外の民族(今の朝鮮半島など)について書かれています。

 

邪馬台国と魏の兵士

 

そこには約2000字ほどで当時の日本に存在したと言われる「邪馬台国」や女王「卑弥呼」、そして人々の風俗や生活について、そして「魏」に使者を派遣したことが書かれているのです。このころの日本の歴史を示す資料は他にほぼなく、「魏志倭人伝」(以下“倭人伝”)は貴重な証言となっています。

 

関連記事:魏志倭人伝とは何?陳寿に感謝!三国志時代の日本がわかる

関連記事:倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説




「邪馬台国」とは?卑弥呼とは?

大和朝廷 古代宮殿と邪馬台国

 

そもそも「邪馬台国」の読み方も良くわかっておらず「やまたいこく」か「やまとこく」と読むのか論争になっています。「倭人伝」には「邪馬台国」へ至るルートも書かれていますが、文章の解釈によってその場所も様々です。

 

邪馬台国と卑弥呼軍

 

当時の「倭国」には「邪馬台国」という大きな国があり、それに属さない国も存在しました。倭国では大乱がおき、男王の下では混乱が続いていましたが「卑弥呼」と呼ばれる女王を擁立し、ようやく混乱は収まったといいます。

 

鬼道を使う卑弥呼

 

卑弥呼は「鬼道(きどう)」(なんなのか不明)を用いて人々を惑わせ、夫はなく、政治は弟が補佐していました。彼女には1000人以上の女性が仕え、居室にはただ一人の男性のみが入ることを許され、給仕や取次をしたといいます。

 

関連記事:邪馬台国の卑弥呼政権時代は倭国大乱は継続していた? 魏志倭人伝に秘められたプロパガンダー

関連記事:狗奴国とはどんな国?邪馬台国の卑弥呼に抵抗した国を分かりやすく解説

 

 

卑弥呼と「魏」の関係

卑弥呼 HMK48

 

238年(翌年説あり)、卑弥呼は使者を「帯方郡(たいほうぐん)」に派遣し、皇帝への謁見を願い出ます。「帯方郡」とは今のソウル付近にあった魏の出先機関です。そして帯方郡の太守は使者を皇帝のもとに送り、卑弥呼の使者は男女の生口(いきぐち)(奴隷か?)といくつかの贈り物をしました。

 

曹叡

 

当時の魏の皇帝は「曹操(そうそう)」の孫「曹叡(そうえい)」(翌年なら「曹芳(そうほう)」)で、彼は卑弥呼を「親魏倭王」に任じ、「銅鏡100枚」「金印」など莫大な返礼品を贈りました。240年には魏使者が倭国を訪れ、証書や印綬を与えています。

 

狗奴国は邪馬台国と対立

 

その後卑弥呼は243年、245年にも魏に使者を派遣しています。このころ邪馬台国は「狗奴国(くぬこく)」といわれる国と争いがあり、そのことを247年に魏に報告しています。

 

亡くなる卑弥呼

 

それに対し、魏は「張政(ちょうせい)」という武官を和睦もしくは激励の為、邪馬台国に派遣しますが、何年か後に卑弥呼は死去。

 

狗奴国の王・卑弥弓呼

 

男王が立ちますが、国は大いに乱れ、卑弥呼の親戚と言われる「臺與(とよ)(台与、とよ、いよ、など諸説あり)」を擁立し、ようやく国は静まったといいます。その後臺與も何度か魏、その後継の「晋」に使者を派遣しています。

 

関連記事:邪馬台国女王・卑弥呼の男弟の正体とは?ツクヨミ(月読命)との関係性

関連記事:卑弥呼を苦しめた狗奴国の勢力はどのくらいだったの?

 

 

なぜ卑弥呼は魏に使者を派遣し、魏はそれに応えたのか?

邪馬台国VS狗奴国

 

当時邪馬台国は狗奴国などと争いを繰り広げており、大国であった中国と親交を結ぶことにより、戦いを優位に立とうとしていたと考えられます。

 

行軍する兵士達a(モブ)

 

魏では呉との戦いが続いていたため、当時呉の東方にあると考えられていた邪馬台国に援軍を期待していたのかもしれません。また、当時は異民族を軍隊に取り入れることが多かったため、呉と邪馬台国が組まないように気にしていた、とも考えらえます。

 

【古代日本の誕生秘話】
大和朝廷

 

その後の魏と邪馬台国

晋王朝を作った司馬炎

 

魏は265年に司馬炎(しばえん)に皇帝を禅譲し、滅亡します。翌年に卑弥呼の後を継いだ臺與が使者を送っています(晋書より)。しかし、その後は中国の史書に邪馬台国や倭国についての記述は消え、その頃日本がどうなっていたのかはわかっていません。

 

同年小録(書物・書類)

 

また、日本側にも邪馬台国や卑弥呼の記述はありませんが、「日本書紀」の「神功皇后(じんぐうこうごう)」の章に「魏書によれば倭国の女王が魏に使者を送った」という記述があり、おそらく「日本書紀」の著者は「倭人伝」を読んでいたと考えられますが、神功皇后と卑弥呼そして臺與との関係は不明です。

 

関連記事:【日本神話の逆襲】卑弥呼に国を奪われた大国主とニギハヤヒの復讐

関連記事:【3分で分かる】卑弥呼の重臣・難升米(なしめ)とは何者なの?

 

三国志ライターみうらの独り言

みうらひろし(提供)

 

魏と卑弥呼の関係は「古代のロマン」そのもので分からない事が多いのが面白いですね。「三国志」と日本は無関係だと思われがちですが、きっちりと登場しているのも感慨深いです。

 

関連記事:卑弥呼の墓は福岡県朝倉市にある!鉄器の差と平原遺跡が解明の鍵?

関連記事:卑弥呼の使者はどうやって魏の曹叡の面会を果たすことが出来たの?

関連記事:卑弥呼の男弟・ツクヨミは消された?天武VS天智の呪縛

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門はじめての邪馬台国

 




関連記事

  1. 邪馬台国と卑弥呼軍
  2. 卑弥呼
  3. 狗奴国は邪馬台国と対立
  4. 難斗米(なしめ)
  5. 丸木舟(弥生時代)
  6. 前方後円墳(古墳)

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2021年 7月 07日

    最後の纏めの訂正。⑨は公孫某の娘でなく公孫氏(卑弥呼)ですね。無駄に長いだけに無駄な訂正になってますね(笑)

    まぁ仮説作りは楽しいからこれはこれで良しです

    • 月友
    • 2021年 7月 06日

    【卑弥呼と公孫氏を少し考察してみる(ツメ甘めw)】
    晋書の四夷伝にはこう書かれている。『之立女子王名曰卑弥呼、宣帝之平公孫氏也』と。

    宣帝(司馬懿)が平定した公孫氏とは公孫淵の事である。簡単に言うと卑弥呼は公孫淵の血族であると言っている。
    ただ中国人からしたら『公孫氏也』の『也』の字が引っかかるようだ。
    この也を日本の読みにすると也(や)と也(なり)となる。原文を也(や)と読むとしたら『公孫淵が平定されるや』となります。一方、也(なり)と読んだ場合は公孫氏であるとなる。
    とりあえず話を進めて行く上で也(なり)を支持してみる事にしよう。

    【卑弥呼の父は誰よ】
    卑弥呼の高齢具合と死亡年(諸説有り)を改めて調べた結果、公孫淵より1世代上の人物だと思えてきた。

    魏志の斉王紀によると正始四年(243)十二月に『倭國女王俾彌呼遣使奉獻』とある。
    魏志に書かれた記述なので卑弥呼の241年から243年までに死亡した説はここで消えた事になる。年末の朝貢だから244年以降に死亡したと言う説が正しいのかもしれない。

    卑弥呼は高齢であったため弟が代行をしていた。244年で65歳近くだったとしたら180年前後に生まれた事になる。
    180年は光和年間で霊帝の御世である。
    公孫度の生年は不明ではあるが建寧2年(169年)に郎中になっている。これは169年の時点で公孫度は成人になっている証。もし卑弥呼の父が公孫度と言っても年齢的には問題は無いと言える。

    【公孫淵から辿る】
    四夷伝の『之立女子王名曰卑弥呼、宣帝之平公孫氏也』に話を戻すと司馬懿が公孫氏と戦ったのは遼東の公孫淵しかいません。卑弥呼は公孫淵の同族の者と考えられる。(あくまで解釈です)

    まず公孫淵の叔父である公孫恭は性的不能とされてるので子孫は居ない。この公孫恭の任子になったのが公孫淵の兄である公孫晃。こちらは洛陽に身を置いており公孫淵が滅せられた時に連座して処断された。
    公孫淵と行動を共にした公孫脩は公孫淵の実子。こちらも司馬懿により殺された。
    まぁこんな感じで遼東公孫氏は滅亡したとされる。

    魏略の一文にはここ書かれている。
    『宿舒、孫綜前到呉、賊権問臣家内小大、舒、綜対臣有三息、脩別属亡弟。』

    これは孫権から公孫淵の家族構成について質問されたのを臣の宿舒、孫綜がは答えたものだ。公孫淵には三人の息子がいる。公孫脩は亡弟を継いでる。

    公孫淵には公孫脩の他にあと二子の存在が確認されたわけだが、内一人は亡弟と表現されているので、この問対の段階で生存しているのは公孫脩と名前不詳(公孫某)の一子と言うことになります。

    亡弟の後を継いでいるとなると公孫脩は庶長子で亡弟こそが嫡男だったのだろうか?

    【公孫某生存の可能性】
    魏略によると公孫淵の子供は三名。兄弟順は公孫脩、亡弟、そして公孫某(仮名)としましょうか。
    司馬懿は遼東を平定した際に公孫淵の本拠地である襄平の官と15歳以上の男子を全員殺した。と晋書にあります。
    可能性として公孫某は15歳未満で生き長らえたのでは無かろうか。
    そもそも公孫淵は三族の刑で族滅したとも書かれていない。任子にあった公孫晃の連座はあったが公孫恭は無事に刑を逃れている。そして15歳以上の男子は殺されたと言うことは、公孫氏の婦女子は難を逃れたと言うことにも繋がる。

    【遼東方面を見てみよう】
    魏書東夷伝韓条(韓伝)には倭に関する事が書かれているので見てみよう。

    桓帝、霊帝の末、韓と濊が強勢となり郡県で制御出来なくなり、民は韓へ流入した。
    公孫康(公孫淵の父)は屯有県以南に進み、帯方郡を設けた。その地にて遺民を集めて兵を興し、韓・濊を伐った。この後に倭と韓は帯方郡に属した。

    どうやら倭は漢と言うよりも半独立状態の公孫氏に従属していたと言うのが正しいのかもしれない。

    【漢の情勢を少し整理してみるよ】
    霊帝の末に起きた韓・濊の強勢。
    この時、漢では黄巾の乱が鎮圧された頃ですかね。各州ではまだ黄巾残党が燻り続けてる訳ですが、青州では乱を避けるために海路を使って遼東に流れた民が多くいた。かの太史慈も遼東で過ごした時期があります。
    そんな中、中山太守張純が反乱を起こします。いわゆる張純の乱です。張純は烏桓大人の丘力居を引き入れて青州・徐州・幽州・冀州を荒らした。こうしてる間に張純軍の総兵力は十万に及んだ。

    見ての通り烏桓(烏丸)が大規模に動いてます。おそらく朝鮮半島の韓・濊もこの影響を受けて強勢となったのだろう。
    一方、遼東には青州の避難民で人口が著しく増加している。このせいで公孫康の朝鮮半島進出(帯方郡設置)が可能になったと思われる。

    そして後漢書の東夷伝にこうある。
    『桓 霊間 倭國大乱 更相攻伐』
    どうやら倭・韓が従属とは別に倭国大乱が始まったようだ。
    思うに公孫康に従った倭は半島土着の倭人。そして海を渡った倭人は日本列島で内戦状態に入った。これが倭国大乱なのでしょう。

    【三韓やら辰韓を見てみる】
    魏書東夷伝韓条(韓伝)にはこうある。
    『韓在帶方之南、東西以海為限、南與倭接、方可四千里。有三種、一曰馬韓、二曰辰韓、三曰弁韓。』

    ↑三韓の南は倭と接している事がわかる。

    そして辰韓について韓伝は言う。
    『辰韓在馬韓之東、其耆老傳世、自言古之亡人避秦役來適韓國、馬韓割其東界地與之。有城柵。其言語不與馬韓同、名國為邦、弓為弧、賊為寇、行酒為行觴。相呼皆為徒、有似秦人、非但燕・齊之名物也。』

    意訳するとこうなる。
    馬韓の東に辰韓がある。辰韓の老人は言う。古の秦の役目を放棄して韓に来た。馬韓は東の土地を割いて与えてくれた。言葉は馬韓とは違う。国を邦とし、弓を弧とし、賊を寇とした。秦人に似ている。

    我々日本人は自国の人を邦人と言い、映画も自国のものであれば邦画と言う。そして元寇や倭寇、来寇と賊に対して寇を使う。恐らくは弥生人系の日本人のルーツはこの辰韓にあったと思われる。
    更にこう書かれている。
    『辰王常用馬韓人作之、世世相繼。辰王不得自立為王。』

    辰王は馬韓人から選ばれる。自ら辰王になることは出来ない。

    辰王は馬韓から派遣されるとか、もう辰韓は馬韓の属国ですね。
    そんな馬韓国内にはおよそ五十余国で小国が乱立している。臣釁国・支侵国・狗盧国・卑弥国・監奚卑離国・古蒲国・致利鞠国・冉路国・児林国など。
    気づきましたか?この中に卑弥国が入っているんですよ。

    【唐突に日本史を眺めてみる】
    日本の染色技術集団(品部)の赤染氏は渡来人である。
    正六位上 常世連を賜姓された時の記録がある。

    『常世連。燕の国王、公孫淵の後なり』

    キター!
    これはやっぱり公孫某が司馬懿に殺されずに生きていたと言うことだと思います。

    赤染氏、常世氏関連を調べてみた。
    常世岐姫神社は常世氏が信奉する祖神だったが常世岐姫命(とこよぎひめのみこと)として現在では安産の神になっている。

    【ちょっと纏めるよ】
    ①正史の晋書で卑弥呼は司馬懿が平定した公孫氏であると書かれている
    ②公孫氏は帯方郡を設置してから倭・韓を従属させる
    ③馬韓は辰韓を属国化している
    ④公孫淵には三人の息子がおり亡弟の後継は公孫脩に。残り一子は不明。
    ⑤司馬懿が公孫淵・脩親子を殺す。この時、後顧の憂いを無くす為に襄平の官とそこに住まう15歳以上の男を全員殺す

    【ここからが超誇大妄想(笑)】
    ⑥公孫某(不明の一子の仮名)は15歳未満であったので死を免れた。おそらく公孫氏(卑弥呼)も生きてる。
    ⑦公孫某と卑弥呼は従属していた馬韓に落ち延びる。おそらく卑弥国
    ⑧公孫某一家が渡来人として辰韓経由で倭国に渡る
    ⑨辰韓は鬼神を崇める風習がある。公孫某の娘は鬼道を使い、占いを行う。この娘は卑弥国より呼び出されたので卑弥呼と称されたのかもしれない。
    ⑩数十年続く倭国大乱で卑弥呼が立つ(ここら辺は古代の日本史)
    ⑪8世紀、渡来人の赤染氏が常世連を賜姓を受け『公孫淵の末裔』である事が判る。これは公孫某の子孫と言う事だと思われる
    ⑫常世氏は祖神を崇めている。そして常世岐姫神社には安産の神である常世岐姫命(とこよぎひめのみこと)を祀っている。これが卑弥呼なのでは?

    そんなわけで晋書にある卑弥呼公孫氏末裔説は卑弥呼論争に一石を投じる事が出来るんじゃないかな?と思った次第。
    まぁこの妄想はあくまで私の妄想ですので鵜呑みにしないでくださいね。

    と言うか普通に長すぎた(笑)

      • kawauso編集長
      • 2021年 7月 08日

      月友さん:大変に長い考察をありがとうございます。

      卑弥呼が公孫氏の末裔であり、司馬懿の虐殺を免れて、馬韓に逃れて
      そこから辰韓経由で倭国に渡り、鬼道を操り卑弥呼となったわけですか
      確かに日本では国は邦、弓は弧、賊を寇としますね。

      魏志倭人伝は有名ですが、晋書の四夷伝にも卑弥呼についての記述があるとは
      知りませんでした。

        • 月友
        • 2021年 7月 09日

        無理矢理感が凄いですね(笑)
        まぁ卑弥呼は別にしても公孫某から渡来人→常世氏の流れはこれで説明が出来てると思います。公孫淵の子で生死不明は公孫某ぐらいしかいませんから。

        渡来人繋がりなら坂上田村麻呂もなかなか凄い。

        霊帝→延王→石秋王→阿知使主→都加使主→坂上志拏直→坂上駒子直→弓束直→首名直→老→大国→犬養→苅田麻呂→田村麻呂

        延王とはいったい誰なのかは不明ですが、少なくとも少帝と献帝の兄弟であることがわかります。まさか日本史で後漢の少帝と献帝兄弟について悩むとは(笑)
        これはまた調査してみたい案件ですね。

        というかこれを鵜呑みにすると坂上田村麻呂は劉邦の子孫になりますよ!伊達政宗のカミさんの愛姫も田村麻呂の子孫とされてるからこれはこれで面白いかと(笑)




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“古代オリンピック"

“近代オリンピック"

“いだてん"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP