李傕と郭汜のズッ友の誓いは何故破られた?二人が争った理由は女性関係だった?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

李傕・郭汜祭り

 

李傕(りかく)(かくし)汜と言えば董卓(とうたく)の配下であり、董卓亡き後の朝廷でやりたい放題やらかした幼なじみ同士であり、もしかしたら「ズッ友の誓い」をやったのかどうかは分からないけど仲が良かった二人です。

 

李カク(李傕)と郭汜

 

しかしそんな二人もとある人物によってその仲を裂かれ、対立してから転げ落ちるように転落の一途を遂げますが……その人物とは女性だった? 今回はこれらについて少しお話しましょう。

 

李傕について

李カク(李傕)

 

李傕は涼州(りょうしゅう)出身で、董卓に仕えていました。その董卓が漢王朝の権力をほしいままにすると、袁紹(えんしょう)によって反董卓連合が結成されます。

 

 

これによって董卓は洛陽から長安に遷都、この際に李傕は牛輔(ぎゅうほ)の指揮下に入るのですが、陳留(ちんりゅう)潁川(えいせん)の諸県で男性は虐殺、女性は誘拐、凌辱する正に悪鬼の所業を行います。このような行いをする人物ですからそれはもう周囲から嫌われていたのでしょう。

 

ヘソにろうそくを刺される董卓

 

董卓死後に赦免を申し入れるも聞き入れられず、進言を聞き入れないのは失敗フラグと三国志ファンから定評のある()クの進言から王允(おういん)と敵対、長安を陥落させます。

 

李カク(李傕)

 

なお、この際に「もし負けたら財宝や女を略奪して逃げようぜ!(意訳)」と言っているのでやはりその性格は生来のものでしょうね。

 

関連記事:楊彪とは誰?陳寿の正史『三国志』より解説!董卓残党から献帝を救った学者

関連記事:みんな演義に騙された?董卓の長安遷都と洛陽炎上には嘘がある!

関連記事:陳寿先生に物申した!裴松之の賈ク嫌いの原因は董卓にあり?

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの




実権を握る李傕と郭汜

李カク(李傕)と献帝

 

当然ながら献帝(けんてい)にこの件で咎められるも、あくまで董卓は忠義の士でありそれを殺した呂布(りょふ)に敵討したかっただけ、と言い逃れ。

 

李カク(李傕)

 

この際に王允は殺害され、李カクは悠々と忠臣・董卓の葬儀をしようとするも、落雷で墓が壊れたり暴風雨で棺が流れ出したりとホラー現象が起こります。

 

李カク(李傕)、献帝

 

ともあれ李カク、郭シらが実権を握ってやりたい放題やっていたために長安は荒れ放題、そんな中でも二人は世の極みを過ごしていたと思われますが、その足場は一気に崩壊することとなります。

 

関連記事:董承は本当に献帝派だったの?色々ツッコミどころが多い人物

関連記事:李儒はどんな人?史実では皇帝殺しの容疑で献帝に粛清されかけていた凡庸な悪

関連記事:実はとっても苦労していた!知られざる献帝流浪の日々




郭汜について

郭汜

 

郭汜は李傕と同郷の幼なじみでした。そして共に董卓に仕えた二人、武勇に秀でていた郭シは董卓に信任され、反董卓連合軍の際には牛輔の元で李カクと一緒に暴れまわったり荒らしまわったりして仲良く過ごしていました(マイルド表現)

 

郭汜

 

そして呂布によって董卓が殺された際には賈クの進言を受けて長安を襲撃、戦いの中で、呂布に一騎打ちを挑むも勝てる訳がなく、部下たちが助けに入って九死に一生を得ました。しかし呂布に一騎打ちを挑む辺り、中々豪傑ですね。

 

関連記事:郭汜とはどんな人?実は猛将!董卓軍ナンバー2の猛将

関連記事:賈詡はどうして李傕・郭汜に長安を襲わせたの?

 

蜜月を過ごす

献帝を欲しがる郭汜

 

その後は献帝に咎められるも李カクと共にこれを言い逃れ、王允を殺害。漢王朝の実権を握って好き放題をし始めます。

 

郭汜

 

この間に馬騰(ばとう)韓遂(かんすい)らが長安に攻めてきますが、郭シはこれを迎撃。人生の最高期を過ごす二人でしたが、驚く所からその関係が崩れます。

 

関連記事:董卓を破った馬騰とはどんな人?薪売りから反乱軍の大将に大出世

関連記事:馬騰(ばとう)とはどんな人?馬超のパパで知られる荒れ地の猛将

 

【曹操を二度追い詰めた錦馬超を徹底考察】
馬超特集

 

郭汜の妻、暗躍す

李カク(李傕)と郭汜

 

二人の関係を壊したのは郭シの妻でした。と言ってもその美しさから三角関係になったのでも、高潔さから夫を許せなかったのでもありません。嫉妬です。

 

郭汜

 

というのも李カクと郭シは度々豪華な酒宴を開いて豪遊し、郭シは李カクに招かれては自宅に帰らず宿泊するという日が続いていました。これを郭シの妻は李カクが夫に妾を与えていると考え、二人の仲を裂こうと考えたのです。つまり勘違いからの嫉妬、しかも原因は李カクと郭シのやりたい放題です。

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 何晏
  2. 赤鎧を身に着けた曹操
  3. 碁をうつ関羽
  4. 宦官の趙高
  5. 剣を持って戦う徐庶

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP