徐栄とはどんな人?曹操と孫堅を撃破した漢の忠臣




 

見方の裏切りで呆気ない最期を遂げた徐栄

李カク(李傕)、郭汜、王允

 

その後、王允が涼州軍閥の皆殺しを命じたという伝聞が広がると、賈詡(かくに唆された李傕(りかく郭汜(かくし)の10万の大軍が長安へ攻め上ります。これに対し王允は徐栄と涼州軍閥の胡軫(こしん)楊定(ようてい)を迎撃に派遣しますが、涼州軍閥の胡軫・楊定は傲慢な王允の政治に対しすでに嫌気が差していました。

 

李カク(李傕)と郭汜、郭、張済

 

(大体よぉ…李傕や郭汜は俺達と同じ涼州人じゃねえか?

 

あいつらと戦うんじゃ同士討ちで、勝っても笑うのは王允だけだ。

いっそ、あっちについて王允を殺っちまおうぜ)

 

憤死する麋竺(モブ)

 

かくして胡軫と楊定は李傕・郭汜に呼応して寝返り味方の徐栄に襲い掛かりました。こうして軍は大混乱、徐栄はあえなく討死してしまうのです。

 

関連記事:祖茂とはどんな人?元祖ワンポイントリリーフの功績は?【年表付】

関連記事:【三国志界の絶対王者】袁術の『陽人の戦い』は頑張らなくても成果がついてくる。その理由とは?

 

登場人物全員が悪!悪人のお祭り騒ぎ!
李傕・郭汜祭り

 




 

献帝の忠臣として敢えて死んだ?

赤兎馬にまたがる呂布

 

英雄記によると、呂布も迎撃に出て郭汜を一騎打ちで馬から落としていますが、戦況不利と見るや、献帝を見捨てて長安から逃げています。徐栄ほどの指揮能力があれば、胡軫と楊定に不穏な動きがある事や、長安に攻め上る李傕・郭汜軍の勢いが当たるべからずな事は分かりそうなものです。

 

それでも愚直に出撃したというのは、やはり徐栄には漢の将軍の矜持(きょうじ)があり、献帝を放り出して逃げる事は出来なかったのでしょうか?

 

関連記事:徐栄(じょえい)とはどんな人?曹操と孫堅を破った董卓軍の隠れた名将

関連記事:【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操

 

【天下無双の豪傑・呂布の放浪記】
呂布

 




 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

徐栄については情報が少なく生涯については分からない部分が多いです。しかし、公孫度と同期の人物とすれば西暦140年代で生まれで、董卓と同年代の人という事になり、皇甫嵩(こうほすう)朱儁(しゅしゅん)のような漢の忠臣の矜持を持った世代の人だったかも知れません。

 

参考文献:正史三国志

 

関連記事:卞水、河陽津、陽人の戦い【後漢・三国時代主要戦争地図一覧】

関連記事:虎牢関の猛将呂布より出世していた胡軫とは何者?

 

【熱き戦いの記憶をコンパクト化】
三国志主要戦図一覧

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志Youtubeチャンネル3

 

 




< 1

2

関連記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 馬騰
  3. 司馬徽
  4. 董卓
  5. 三国志 まとめ

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2021年 10月 14日

    蒼天航路では呂布に頭を握り潰されるという悲惨な最後でしたね




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP