もし孫策が暗殺されなかったら、三国志はどうなっていた?諸葛亮は孫策に仕官するのではないか?




 

でも結局、孫策は暗殺される?

北伐する孔明

 

孫策は諸葛亮を指揮官に何度も魏への北伐を繰りかえし、魏の長安まであと一歩と迫ります。

 

司馬懿

 

しかし、魏の司馬懿(しばい)は予言しました。「孫策は敵が多すぎる、今度こそ無事ではないだろう。」

 

男気溢れる趙雲

 

その予言の通り、孫策は荊州での視察の際、かつて殺した劉備の遺臣たち(趙雲(ちょううん)ら)に襲われ、命を落としてしまいます。孫策は死の間際、息子の「孫紹(そんしょう)」を後継者に指名しますが、孫策の死後、優秀な孫策の弟「孫権」を擁立しようとする勢力との内乱が発生します。

 

関連記事:もしも趙雲が劉備の配下じゃなかったら?if三国志を考察してみる

関連記事:もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】

関連記事:もし荊州を趙雲に任せたらどうなったの?【ろひもと理穂if考察】

 

【仁に惹かれた蜀のスター・趙雲】
趙雲

 




 

孫策の死後「三国志」がスタート?

司馬昭の質問に回答する劉禅

 

その混乱に乗じて、劉備の遺臣たちは益州でクーデターを起こし、劉備の息子「劉禅(りゅうぜん)」を探し当て、そして皇帝として担ぎ上げ、「蜀」として独立に成功します。

 

呉の諸将を論破する諸葛亮孔明(セリフなし)

 

大軍を率い魏と対峙していた諸葛亮も劉備の意志を継ぐため、蜀に寝返り、南朝を呉の地域に追いやることに成功し、短い「南北朝時代」は終わり、ここから「三国志」がスタートするのです。あとは史実通りに進み、最終的には司馬家の「晋」が中国を統一するのです、と妄想してみました。

 

関連記事:【if三国志】もしも、劉備が皇帝に即位しなかったら?

関連記事:姜維の北伐は劉禅の意向でもあった?北伐と劉禅の統治を考える

 

【暗愚の代名詞となった皇帝】
劉禅

 




三国志ライターみうらの独り言

みうらひろし(提供)

 

歴史に「もし」は禁物だと昔からよく言われますが、妄想するのは楽しいものですよね。その妄想をかなえるために歴史シュミレーションゲームがあるのでしょう。小説「三国志演義」もそんな歴史の「もし」から生まれたのかもしれませんね。

 

関連記事:【if三国志】もしも、孫権が邪馬台国を発見していたら?

関連記事:【if三国志】もしも、呉が天下を統一していたら?

 

【もしも三国志が○○だったら特集】
if三国志

 

 




< 1

2

関連記事

  1. ほっぺたに矢を受ける孫策
  2. 周瑜と孫策
  3. 于吉、孫策
  4. 孫策、陸遜、顧邵、他
  5. 諸葛瑾に無茶振りを言う孫権

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2021年 11月 11日

    陳登は徐州に残留した名士。彼が孫策を殺る動きを見せてるのだから、これを機に諸葛兄弟が張昭と結託して孫策を亡きものにしてから徐州に帰郷する動きを見せる。その方が楽しいかな。
    そしてこの状況を察知した魯粛は徐州閥に与するか周瑜&孫策に与するかで苦悶する(笑)




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“三国志データベース"




PAGE TOP