断金の交わりとは?二人の絆はとても固い!孫策と周瑜の関係【断金之交】


 



監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



孫策、非業の死を遂げる

孫策に攻撃される黄祖

 

孫策の勢力は着々と広がり、曹操(そうそう)の背後を脅かすようになっていました。孫策は曹操が袁紹を攻めている隙を狙い、曹操の本拠地「許都(きょと)」を攻め落とす計画をしていた、といいます。

 

郭嘉

 

これを知った曹操陣営は大いに動揺しますが、曹操の参謀「郭嘉(かくか)」は「孫策は多くの者に恨みを買っておるにも関わらず無警戒で、無事ではないだろう。」と予想しました。

 

孫策が早死すると予見する郭嘉

 

孫策は逆らった勢力は容赦なく滅ぼし、呉郡の太守「許貢」を殺害するなど苛烈な処置も辞さなかったことは有名だったのです。

 

周瑜と張昭に孫権を頼んだと依頼して亡くなる孫策

 

ある日、一人で外出した孫策は、かつて殺した「許貢」配下の刺客に襲われ、重傷を負い、弟の孫権に跡を託しそのまま亡くなります。周瑜は張昭(ちょうしょう)らとともに呉の政策を取り仕切ることになります。

 

関連記事:郭嘉の先見の明が凄すぎる!?孫策が暗殺されることを予想して進言した天才軍師

関連記事:もし孫策が暗殺されなかったら、三国志はどうなっていた?諸葛亮は孫策に仕官するのではないか?

 

英雄の死因

 

 

 

孫策死後の周瑜、孫権を盛り立てるが若くして散る

孫策が亡くなり呉を継ぐ若き孫権

 

周瑜は孫権の非凡さを見抜き、彼を盛り立てることを決意します。家臣の中にはまだ若輩の孫権を侮るものもいましたが、周瑜は率先して臣下の礼をとり、家中を納得させています。

 

周瑜

 

その後は孫権の側近として数々の戦で功績を上げ、曹操が降伏を勧告してきた際には主戦派として曹操と戦う事を断固主張し、結果的に孫権に曹操との決戦を決断させます。

 

赤壁の戦いで敗北する曹操

 

そして「赤壁の戦い」では様々な策を用いて曹操に勝利することに成功します。

 

朝まで三国志2017追加22 周瑜

 

そして益州(えきしゅう)を手に入れ、馬超(ばちょう)と曹操を挟撃し天下統一する作戦を考えますが、病に倒れ、36歳の若さで亡くなってしまいます。孫権は後年、皇帝に即位した際は「周瑜がいなかったら今の地位には就けなかっただろう。」と悲しんだといいます。

 

関連記事:「魏書」「蜀書」「呉書」から読み取る赤壁の戦いの謎!実際の孔明は何も出来なかった?

関連記事:実は赤壁の戦いで死んでいない蔡瑁、彼は三国志演義の被害者か否か

 

赤壁の戦い

 

 

 

三国志ライターみうらの独り言

みうらひろし(提供)

 

孫策と周瑜は若くして親交を結び、まさにベストパートナーとして天下に名をとどろかせました。しかし、二人とも若くして亡くなってしまい、天下統一の夢はついえることになります。もし二人が長生きしていたら、どうなっていたか考えるのも面白いかもしれませんね。

 

関連記事:孫策の許都攻略計画が成功したら三国志はどうなる?if三国志

関連記事:大失敗!孫策の許都襲撃計画と呉を滅亡から救った張紘

 

英雄の墓

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
みうらひろし

みうらひろし

歴史が好きになったきっかけはテレビの再放送で観た人形劇の三国志でした。そこから歴史、時代小説にはまり現在に至ります。日本史ももちろん好きですよ。推しの小説家は伊東潤さんと北方謙三さん。 好きな歴史人物: 呂蒙、鄧艾、長宗我部盛親 何か一言: 中国で三国志グッツを買おうとしたら「これは日本人しか買わないよ!」と(日本語で)言われたのが思い出です。

-周瑜, 孫策, 故事成語
-, ,