陳宮が才能を活かせる君主を選ぼう「三国志とりかへばや物語」


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

陳宮と逃亡する曹操

 

平安の昔、さる左大臣の家に生まれた双子の男女、男の子は内気で大人しく、女の子は活発で聡明でした。父の左大臣は、二人の性格が反対ならよかったのにと悩み、ついに男女の性別を取り替えて育てる事を思い立ちます。

 

そんな昔話からヒントを得た三国志(さんごくし)とりかへばや物語、今回は筆者もかなり頭を悩ませて悩ませました。その筆者の頭を悩ませまくったのは誰あろう、陳宮(ちんきゅう)です。

 

三国志を語るセンさん

 

「どうして陳宮のとりかへばやにそこまで頭を悩ませているんです?」という皆さんへのご回答をしつつ、陳宮のとりかへばやを見ていきましょう。

 

イヤホント、陳宮のとりかへばやは難しかったんですよ……ぜひ皆さん、陳宮のとりかへばやを考えて下さい。そしてできたらこっそり教えて下さい

 

 

 

 

曹操を裏切った理由が不明の陳宮

曹操に対して不信感を抱く陳宮

 

さて陳宮、字は公台(こうだい)。ざっくりと正史で見ていくと曹操(そうそう)に仕える。何を思ったか曹操を裏切る。呂布(りょふ)に鞍替えする。呂布も裏切ろうとした感じだけど、これは不明。そのまま呂布に仕え、曹操に乱世で勧誘されたけど最期は呂布に殉じた。

 

曹操に捕らわれる高順、呂布、陳宮

 

こういう感じになります。実は陳宮の考え、どう思ったかは正史にも記録されていないので、なぜ曹操から離反したのかは分かっていません。このため、三国志演義ではかなり脚色されることになります。

 

関連記事:呂布の部下・陳宮は曹操を助けてはいなかった?魏晋世語のウソとは?

関連記事:陳宮は曹操をどうして裏切ったの?曹操に認められた軍師の謎に迫る

 

はじめての三国志ファンアートb

 

 

 

呂伯奢事件を契機に曹操とギクシャクした?

曹操に仕える陳宮

 

さて三国志演義(さんごくしえんぎ)での陳宮は、いつか素晴らしい主君に仕えようと毎日頑張って生きていました。そこで出会ったのが曹操です。

 

呂伯奢事件 曹操、陳宮

 

陳宮は曹操をこの方こそ我が主!と思うものの、直後に起こったのが呂伯奢事件(りょはくしゃじけん)。これで陳宮は曹操を見限ろうとするも殺すことはできず、徐州(じょしゅう)陶謙(とうけん)を曹操が攻撃しようとした際に曹操を諫め、聞き入れなかったことで完全に断絶。

 

その後、呂布を主と定めるもその進言は幾度も撥ねつけられ、不遇のまま終わります。ただし正史での曹操とのやり取りはそのままなので、やはり最期の見せ場はしっかりと演出されていますね。

 

関連記事:陳宮は呂布が大嫌いで殺害を企んでいた!本当は呂布を裏切るつもりでいた陳宮

関連記事:陳宮は何故曹操を裏切ったのか?

 

陳宮

 

 

何がしたかったのか不明な陳宮

曹操の再度仕官の勧誘を断る陳宮

 

前述したように、陳宮は曹操、呂布と仕え、最期は曹操に惜しまれながら、そして呂布を罵りながらも、その呂布に殉じて終わりました。ですが陳宮がどうして曹操から離反したのかは分かっていません。もっというと途中で呂布を裏切ろうとしたかどうかもはっきりしていないのです。このため様々な陳宮が生まれ、描かれてきました。

 

さあそんな陳宮をとりかへばや、頑張って考えてみましょうか。

 

関連記事:どうして陳宮は呂布に従えたの?呂布を見捨てなかった天才軍師の生涯

関連記事:「張遼と陳宮と呂布陣営」呂布陣営の強さと弱点に迫る

 

はじめての平安時代

 

 

 

 

劉備に忠義を尽くした諸葛亮とトレード

天下三分の計を唱える諸葛亮孔明

 

軍師ということでやはり一番手では諸葛亮(しょかつりょう)はどうでしょうか?

 

まあぶっちゃけると諸葛亮と呂布の相性はお世辞にも良いとは思えませんが、呂布軍にはまだこの頃は高順がいますからね。個人的に高順(こうじゅん)と諸葛亮の友人関係は見てみたいです。

 

高順

 

さて陳宮が理想の主を探してます軍師なら劉備(りゅうび)はそこそこな相性を見せると思いますが……もし実は劉備を利用したいだけの軍師だったならばどうでしょうか?

 

靖王劉勝の子孫と勝手に名乗る劉備

 

劉備もさる者、ある程度までは陳宮を利用して……どうかな、法正(ほうせい)がやって来るぐらいでお役御免でしょうか……?

 

関連記事:「臥龍鳳雛」「伏龍鳳雛」とはどういう意味なの?諸葛亮と龐統の誕生秘話

関連記事:陳宮が董卓の配下になってたら三国志どうなった?

 

はじ三倶楽部

 

 

曹操が生涯惜しんだ郭嘉とトレード

 

曹操に惜しまれたという繋がりから郭嘉(かくか)はどうでしょうか?

 

ただし郭嘉は袁紹(えんしょう)に出会った後に「主の器じゃない」とあっさり見限ってしまうほどの行動の早さを持っています。猜疑心が強く、自分を重用しないとなると呂布への見切りは早そうです。

 

孫策が早死すると予見する郭嘉

 

一方ですが曹操の念願だった陳宮ですが、陳宮は信念を曲げないですからね。ずっと曹操の配下でいるかどうかは怪しい所です。曹操の信頼、寵愛が陳宮から離れた時、やはり陳宮は歴史の舞台から自ら降りそうですね

 

関連記事:どうやったら郭嘉は長生きできたの?過労死で亡くなった天才軍師を救う方法を考えてみる

関連記事:陳宮が計画した兗州戦を正史三国志から考察!兗州戦は三つの理由が敗北の原因?

 

はじめての三国志データベース

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-,