牛金が司馬一族のクーデターを防ぐために遠大な計略を仕掛けていたってホント?

2022年6月25日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

牛金

 

皆様は牛金(ぎゅうきん)という武将を知っていますでしょうか?

 

そう、曹仁(そうじん)将軍によって救われ「曹仁将軍は正に天上人のようなお方!」と言った(言ってない)あの牛金です。しかしその曹仁将軍の曹家は司馬家(しばけ)によって乗っ取られてしまいます……その際に実は牛金はある策略を立てており、それを防ぐべく司馬懿(しばい)は牛金を毒殺!

 

しかしその血筋は、生きていたのだ――――。という妄想が今回の大半です。どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



偵察をしくじり呉軍に包囲される牛金

戦で活躍する牛金

 

さて牛金は生没年は不詳です。しかし曹仁の配下の兵として長く各地を共に渡り、いくつもの戦場を駆け巡りました。牛金は曹仁から深く信頼を受けており、呉の周瑜(しゅうゆ)赤壁(せきへき)の戦い後に6000の兵を率いて江陵に攻めてきた時には、これに300の兵を率いて戦うように、と命じられました。

 

一見すると無茶な命令ですが、これも恐らく曹仁将軍による天下無双の采配、もしくは牛金の類い稀なる軍略の才能と武勇を信頼してのことでしょう。

 

関連記事:牛金とはどんな人?司馬懿に恐れられて間違って殺害されてしまった残念な人

関連記事:曹仁の武勇は張遼をも凌ぐ!曹魏の一族に迫る

 

魏のマイナー武将列伝

 

 

 

曹仁に救われ興奮のあまり曹仁を神と崇める

曹仁

 

そして牛金は意気揚々と周瑜軍と対峙します。しかし天の悪戯か、はたまた敵の卑劣なる策略か!牛金たちは周瑜軍に包囲されてしまいます。ですが、天は正しき者を見捨てません。

 

曹仁

 

曹仁はこれに怒って精鋭十名で周瑜軍に猛攻をかけ、牛金を含む誰一人欠けることなく救い出し、周瑜たちを退けました。その姿を見た陳矯(ちんきょう)らは「将軍は正に天上人のようだ!」と曹仁を称えたのです。

 

曹洪

 

こんな曹仁将軍を曹洪(そうこう)殿と間違えるなど大変不敬極まりないことですね!

 

関連記事:三国志 人物略年表(き行)

関連記事:【三国志とお金】曹洪のサイドビジネス三国時代の金融業はアコギだった

 

転職活動に役立つ特集記事三国志と転職

 

 

馬岱や公孫淵を破り後将軍に昇進する牛金

曹仁

 

さて今後もとりあえずヤバくなったら曹仁将軍に頼ればいい、みたいに魏の苦境に立たされては立ち向かっていく曹仁将軍の栄光ロードですが、主題は牛金です。

 

正史で牛金が出てくるのは、次は司馬懿の配下として。235年のことで既に曹仁は亡くなっているので、勇将の下で鍛え上げられた配下として司馬懿の下に付けられたのでしょう。ここで馬岱(ばたい)の軍を破っています。

 

敗北する馬岱

 

後に司馬懿の軍に参加して公孫淵(こうそんえん)を破るなどして、その後で亡くなったとされています。最終的には後将軍にまで上り詰めました。

 

関連記事:蜀の武将、姜維と馬岱その共通点とは?蜀後期を支えた武将に迫る

関連記事:馬岱の最期は?死のミステリーに迫る!

 

郭嘉特集

 

 

 

司馬懿が怪しい石碑で牛金暗殺を謀る

司馬懿

 

が、ここで牛金の謎の死に触れてみましょう。なんと牛金は司馬懿によって毒殺されたというのです。それはある日のこと、ある石碑の表面に「馬の後を継ぐのは牛である」という文字が浮かび上がりました。馬とは司馬、そして牛とは正しく牛金のことである!

 

そう、この浮かび上がった文字は、今の司馬の世はいずれ牛金という簒奪(さんだつ)者によって崩されるということを意味していたのです。司馬懿はこれを見て、牛金の始末を考えました。

 

関連記事:司馬懿は孫子の兵法を戦いで用いたことある?

関連記事:張郃は司馬懿に暗殺された?張郃の死因に迫る!

 

鍾会特集

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-