袁術が幼児の陸績にミカンをパクられた!それが親孝行話になるまでを解説

2022年9月9日


はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。

袁術が幼児の陸績にミカンをパクられた

1ページ目から読む場合は、上記の緑ボタンからお願いします。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



親孝行を被せるとパクリを忘れるお人好し袁術

袁術

 

また、三国志演義では袁術の扱いが……その、元々名君とは全く言えませんが、更に酷いものとなっています。そういう印象が強い中では「袁術に評価された」というのは寧ろマイナス要素だったのかもしれません。

 

そういう背景もあって陸績がやり込められる役になったのかもしれませんね。しかしそれでも、陸績の親孝行を袁術がきちんと話を聞いた上で評価できる人だった、というのは、忘れないでいたい所です。

 

こちらもCHECK

袁術
はちみつ皇帝袁術の領土拡大政策を一挙公開!

続きを見る

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル2

 

 

みかんがトラウマになり正直者になる陸績

呉の小覇王・孫策

 

さて、そんな陸績、見た目が立派で博識多才な人物でした。また正しいと思うことは相手が上の人物であってもはっきりという人でした。それは相手が孫策(そんさく)であっても変わらず、堂々と意見を言うため、張昭(ちょうしょう)は感心していたと言います。

 

うん、張昭おじいちゃんそういう人好きよね。

 

また虞翻(ぐほん)とは年が離れていても仲良く付き合ったと言います。うん、虞翻そういう人好きだろうね……。

 

こちらもCHECK

孫策、陸遜、顧邵、他
孫策と陸家との深い関係とは?陸家と孫家はその後どうなったの?

続きを見る

 

呉の武将

 

 

俺はみかんは酸っぱいから嫌いだなby曹丕

曹丕

 

ではでは、最後にみかんと言えば果物、果物と言えばな文帝(ぶんてい)様のお話。

 

文帝こと曹丕(そうひ)はみかん(たちばな)を食べて「めっちゃすっぱい。たまにしか甘いのがない(意訳)」と皇帝のお言葉を発しました。よりによって詔です。

 

スイーツを国中から求める曹丕

 

しかし陸績がお母さんに持って帰ろうとしたのですから、袁術の所で出たみかんは甘かったのでしょうか?

それとも曹丕がすっぱいみかんが好きでなかっただけかな?

何だか余計なところに意識が行ってしまう、みかんのお話でした。

 

こちらもCHECK

曹丕
そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

続きを見る

 

曹操孟徳

 

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

さてさて筆者はみかんを食べながらこのお話を書いています。筆者も曹丕と同じく、みかんは大きくて柔らかく、甘いのが好きですね!

 

ですがこれは品種改良が進んだ結果で、昔はみかんはもっと酸っぱいものだった、とも聞きます。そう思うと、今の会食の席に三国志の武将たちを招いたらどうなるでしょうか?

 

センさんが三国志沼にドボン b

 

……(ごおう)様だけはノーセンキューかな!

どぼーん!

 

参考文献:二十四孝

 

こちらもCHECK

袁術の最後
ハチミツをもらえなくて袁術は死亡?ハチミツ皇帝袁術の死の過程

続きを見る

 

ぐっすり眠れる!ながら三国志

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-袁術
-,