坊主になって大暴れ!水滸伝武闘派和尚・魯智深のラストはとっても意外

2022年9月22日


 

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。

魯智深のラスト

1ページ目から読む場合は、上記の緑ボタンからお願いします。

 

 

殺されかけた林冲を救い出すナイスな魯智深

林冲

 

さてここから史進(ししん)と再会して暴れたり、李忠(りちゅう)と再会したり、山賊を倒したりしますが、運命の出会いと言えるのが林冲(りんちゅう)との出会いです。

 

林冲と仲良くなった魯智深ですが、皆様ご存知、林冲はこの後流罪にされます。それも林冲の妻に横恋慕(よこれんぼ)した悪徳上司が無実の罪をかけたものですが、更に酷いことに林冲は命まで奪われかけます。

 

魯智深、林冲(水滸伝)

 

これを助けたのが魯智深です。このため再び魯智深は逃亡生活に入ることになりますが、この時に生まれた魯智深と林冲の縁は後々まで深いものとなりました。

 

魯智深の心の友林冲はどんな人?

林冲(水滸伝)
林冲の性格は三国志演義の張飛にそっくり!林冲の性格を分かりやすく解説

続きを見る

 

一騎打ち

 

 

二竜山で武松と山賊をやり梁山泊と合流する魯智深

梁山泊(水滸伝)

 

さてここまで「梁山泊(りょうざんぱく)何も出てこない!」と思われるかもしれませんが、大丈夫、ここからちゃんと魯智深も梁山泊入りしますよ!さてその後も色々とあって武松(ぶしょう)たちと一緒に二竜山(にりゅうざん)で山賊をやることになります。そこで運命が変わったのは、梁山泊攻めを任された呼延灼(こえん しゃく)が名誉挽回をするべく、二竜山に攻め込んできた時。

 

宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)

 

窮地に陥るも今度はそこに梁山泊らが援軍に駆けつけ、他の山賊たちと一緒に梁山泊入りすることになります。そして梁山泊の歩兵頭領となって、更なる活躍をしていくのでした。

 

水滸伝の元ネタばらし

水滸伝の墓
水滸伝は創作だった?実在した?元ネタから考察する水滸伝の秘密

続きを見る

 

三国志平話

 

 

魯智深、六和寺で潮の逆流を聞きながら仏になる

 

その後は江南の方臘討伐(ほうろうとうばつ)で方臘を捕らえる殊勲を上げるなど大活躍しますが、この時、滞在していたお寺で潮信、潮の逆流する音を聞きます。この時の音が大きい音で最初、魯智深は敵舅勘違いして、僧侶からそれは「潮信」であると教わります。

 

「潮を聴いて円し 信を見て寂す」思い出したのは嘗て、智真師匠に授けられた「()」の一部でした。

 

「潮信を見聞きした以上は円寂(えんじゃく)しなければならない、円寂とはどういう意味か」

「それは僧が死ぬことです」

 

魯智深はここで自分の死期を悟り、瞑想して入寂することとなりました。花和尚と呼ばれた男は、最期は悟りを開き、天へと上がることになったのでした。

 

こちらもCHECK

梁山泊(水滸伝)
水滸伝のラストが納得いかなくても仕方がない?その驚きの理由とは?

続きを見る

 

北伐の真実に迫る

北伐

 

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

長くなりましたが、魯智深のお話でした。魯達から人助けのためとはいえ人を殺して山に入り、そして智深と言う名を授かって魯智深となり、そこからもまた人助けと大暴れを繰り返して梁山泊入り。

 

そして活躍の果てに悟りを開いて天に上がった男、魯智深。梁山泊の中でも暴れん坊の一人ですが、その名に恥じぬ最期なのは綽名(あだな)通り。花を見る度、潮を聞く度、魯智深の悟りを思い出して欲しいものです。

 

センさんのとぷんver2

 

ちゃぽーん。

 

参考文献:水滸伝

 

こちらもCHECK

林冲
「水滸伝」林冲のモデルは張飛と蜀のとある天才軍師を混ぜていた?

続きを見る

 

呂布対項羽

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-水滸伝
-,