呂範はどんな人?小遣いをせびる孫権を退け信頼された模範人物

2022年10月22日


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

海賊時代の孫堅と孫策

 

孫呉(そんご)を支えた人物、特に早くに父を失い、家を背負って立った孫策(そんさく)を支えた人物と言うと真っ先に周瑜(しゅうゆ)が思い浮かぶとは思いますが、同じく孫策を支え、そしてその後は孫権(そんけん)を支えた人物として呂範(りょはん)がいます。

 

呂範

 

呂範、字は子衡(しこう)。その誠実清廉は人柄で、孫呉を支えた名将。彼の生き様を知って頂くと共に、その字までもできれば覚えていって頂きたいものです。

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



汝南から「袁術王国」寿春に行く呂子衡

袁術 揚州

 

さて呂範は繰り返しますが字は子衛、汝南(じょなん)出身の人物です。この、きちんと最後に出てきますので注目です。テストには出ませんが覚えていって下さい。(じゃあ覚えなくていいじゃん)

 

袁術

 

時代は乱世、呂範は戦乱を避けるために寿春(じゅしゅん)に行きました。そう、当時は袁術(えんじゅつ)の手中にあった寿春で、呂範は孫策と出会います。孫策に時代の煌めきを感じたのでしょう、呂範は孫策を仕えるべき主と見定め、孫策もまた呂範を迎え入れることになります。

 

孫策は袁術が育てたってホント?

袁術
孫策が袁術のもとから離れたのは本当に皇帝になったのが原因なの?

続きを見る

 

英雄の死因

 

 

 



極悪老人陶謙に袁術のスパイと疑われ拷問される

陶謙

 

そして孫策は呂範を信頼して、母親を迎えに行かせることにします。この時に孫策の母は徐州(じょしゅう)にいたのですね。

 

そこで出てくるのが徐州牧をしていた陶謙(とうけん)、彼は迎えに来た呂範を袁術の配下と疑って投獄、拷問を受けてしまいます。しかし呂範の仲間や部下たちが役所を襲撃、陶謙の元から呂範を救出し、何とか呂範はこの窮地から逃れることができました。

 

実は凶悪な老人だった陶謙

陶謙
実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)

続きを見る

 

三国志主要人物の出身地図

 

 

 

孫河と双璧と呼ばれた呂範

手柄を立てる呂範

 

そんな呂範は孫策から深く信頼され、孫河(そんか)と共に孫策の左右として評判であったと言います。孫策は呂範を身内同然に厚遇し、呂範が訪ねてきた時は奥に通して母親がいる座敷で酒食を振る舞ったと言います。呂範はそんな孫策の信頼に応え、多くの戦いで功績を挙げました。

 

そして呂範の忠義は孫策が亡き後も変わらず、孫権の代になっても功績を挙げ続けます。

 

こちらもCHECK

呂範
呂範とはどんな人?お金に厳しく誠実だった孫権の左右の臣の生涯

続きを見る

 

鍾会の乱

 

 

 

大司馬に任命される直前に死去

孫権に気に入られる孫峻

 

呂範は順調に出世を重ねていき、228年に孫権によって大司馬(だいしば)に任命されました。大司馬は国防長官みたいなもので、()で言えば曹仁(そうじん)が就任していました。孫権からの信頼の厚さが良く分かりますね。

 

しかし悲しいことに、印綬を受ける前に呂範はこの世を去ります。孫権はその死を、心の底から慟哭したといいます。ここに、孫呉を古くから支えた武将がまた一人、世を去った瞬間でした。

 

こちらもCHECK

呂範
呂範とはどんな人?周瑜や呂蒙に匹敵する名将の逸話も紹介

続きを見る

 

はじめての三国志の画像を利用したい方へ

 

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-