春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

はじめての蜀

107話:関羽の死|桃園三兄弟の悲しい別れ

この記事の所要時間: 68
photo credit: Zweiglein via photopin (license)

photo credit: Zweiglein via photopin (license)

 

関羽(かんう)に縁談を蹴られた孫権(そんけん)は、

司馬懿(しばい)が発案した、荊州奪還の計略に乗る事を決意します。

 

関連記事:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに

 

前回記事:106話:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに

 

呂蒙が孫権に進言した作戦内容とは?

呂蒙

 

対蜀強硬派の呂蒙(りょもう)は、以下のような作戦を孫権に具申しました。

 

呂蒙:「まずは、襄陽城にいる曹仁(そうじん)に関羽を攻めさせます。

その隙に我々は、背後から関羽の本拠地である江陵城を奪いましょう」

 

孫権から許可をもらった呂蒙は、この作戦プランを魏に通達します。

 

呂蒙:「曹仁将軍が関羽を攻めれば、その隙に呉は、背後の江陵城を奪う、

孤立した関羽を討ち取った後は、荊州を呉が領有する、

それで異論はありませぬか?」

 

曹操(そうそう)は、司馬懿が立てた作戦プランと

同様なので大いに満足しました。

ここに秘密裏に呉と魏は同盟を結んだのです。

 

関連記事:三国志とキングダムのそっくり武将は誰?|信と呂蒙

関連記事:「男子三日会わざれば刮目して見よ」……呂蒙について

 

呉と魏の秘密同盟を察していた孔明

諸葛孔明019

しかし、この計略を孔明(こうめい)は察知していました。

そこで、曹仁が攻めてくる前に、関羽が襄陽城を包囲して

挟撃を回避するように関羽に指示を出します。

 

関羽は承知して、軍を起して襄陽の曹仁を包囲し、

さらに、その上の樊城を包囲して龐徳(ほうとく)を攻撃していました。

 

龐徳の矢を受ける関羽

photo credit: Bow and Arrow via photopin (license)

photo credit: Bow and Arrow via photopin (license)

 

破竹の快進撃を続ける関羽ですが、この時、龐徳の矢を

左肘に受けて、負傷してしまいます。

 

関連記事:関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?

関連記事:華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?

 

呂蒙の後釜に陸遜が現る

 

呉は、関羽が機先を制して動き始めた事で遅れを取っていました。

 

折しも、呂蒙は遠征先で病気を患い魏との共同作戦が微妙になって

しまっていたのです。

 

ところが、ここで呉には呂蒙に匹敵する天才将軍が出現します。

それが後に劉備キラーとして知られる陸遜伯言(りくそん・はくげん)です。

 

陸遜は非凡な戦略家でしたが、女性のような風貌が災いして、

少しも重大な仕事を任されていない無名の武将でした。

 

ですが呂蒙は、陸遜と実際に話をしてみて、その天才に驚き、

関羽を討ち取るのに、陸遜に作戦を任せる事を思い付きました。

 

関連記事:陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

関連記事:中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か?

 

陸遜は関羽に手紙を送る

あざな 三国志 習字

 

陸遜は、司令官を呂蒙と交代して、荊州に赴きますが、

その途中で、敵である関羽に書簡を送っています。

 

陸遜:「私は、この度、呉公より軍を任されたもので、陸遜と申します。

関公の武勇と忠義は、早くから聴き及び、その素晴らしさには、

個人として大いに尊敬しており、及ばずながら、一手手合わせを

お願いしたいと思い、不躾ながら、挨拶を兼ねて書簡を送る次第です」

 

その書簡を読んだ関羽は、大笑いしました。

 

関羽:「呂蒙に代わって、呉から誰か出てきたかと思えば、

陸遜とかいう無名の将軍ではないか?

 

聞けば、齢も30を超えているのに、風貌も女のようで、

手柄もろくに立てていない様子、、、

 

しかも、この手紙は何だ、敵であるワシを尊敬するなどと、

だらしがない事、この上なし

こんな青二才には、何も出来はせんわ!!」

 

関羽は、こうして、呉軍に対する警戒を完全に解いてしまいます。

 

呉の天才軍師・陸遜の策略

 

実は、これは完全な陸遜の狙いでした。

敢えて下手に出る事により自尊心の強い関羽を油断させて、

その間に電激戦を展開しようというのです。

 

江陵城の守りが手薄になった事を知った陸遜は、呉軍を率いて

江陵城を猛攻撃し、これを陥落させてしまいました。

 

陸遜:「関羽、私を侮ったのが運の尽き、さて、仕上げをやりましょうか」

 

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

 

陸遜による関羽討伐、いよいよ始動

photo credit: Light of hope via photopin (license)

photo credit: Light of hope via photopin (license)

 

陸遜は、大量の密偵を関羽の軍勢に紛れ込ませて、

すでに江陵は呉の陸遜の手に落ちて、関羽は孤立していると流言を

流させています。

 

襄陽城、そして樊城を包囲していた関羽ですが、

二城は容易には陥落せず、兵は疲れ果てていました。

 

おまけに、曹操は襄陽城の救援の為に徐晃(じょこう)を送り込んできました。

 

関羽は、息子の関平(かんぺい)と共に徐晃相手に奮戦しますが

龐徳に受けた肘は毒矢によるもので、上手く左肘が動きません。

 

関連記事:謎多き登場人物、関索って何者?

 

関羽の元に江陵城が落ちたとの情報

 

その頃に、関羽の元に江陵城が呉の陸遜の攻撃で落ちたという情報が入ります。

 

関羽は「流言に過ぎぬ」と一喝して、兵士を安心させようとしますが、

既に、密偵が入り込んでいたので兵士の動揺は止まりませんでした。

 

関羽軍は、大量の脱走兵を出して、襄陽と樊城の包囲を解きます。

 

関羽は奪われた、江陵城を再度奪還しようとしますが、

江陵城は、陸遜と呂蒙の大軍で守られていて奪還は不可能と悟ります。

 

さらに、上からは、徐晃と包囲を脱した曹仁の軍勢が襲い掛かります。

進退に窮した関羽は、麦城という小さな城に逃げ込みます。

 

魏軍と呉軍に挟まれた関羽

 

寥化:「このままでは、敗北は避けられませぬ、

私めが上庸の劉封(りゅうほう)と

孟達(もうたつ)に援軍を要請しましょう」

 

関羽の配下である寥化(りょうか)は関羽の許可を得て、

呉と魏の包囲軍を抜け出して、上庸に到着します。

 

孟達と劉封に援軍要請

photo credit: via photopin (license)

photo credit: via photopin (license)

 

しかし、上庸城の孟達も劉封も、寥化の援軍要請に冷淡でした。

 

孟達:「上庸は、最近平定したばかりで、民心も安定しておらぬ、

それに、我々が兵を出しても麦城が持ちこたえられている保障もない」

 

寥化:「そ、それでは、あなた方は関将軍を見殺しにするおつもりか?」

 

寥化は、その冷たい反応を詰りますが、副将の孟達は、さらに・・

 

孟達:「関将軍の不始末は、自分で撒いた種、我々に責任転嫁されるのは、

迷惑千万というものだ」と突き放します。

 

寥化は止むなく、上庸を飛び出して、

成都に向かって援軍を求めにいきました。

 

関羽軍は既にボロボロ

夜 s

 

関羽がたて籠った麦城からも脱走兵が相次ぎました。

無理もありません、周囲は全て、呉と魏の兵ばかりなのです。

 

関平:「父上、もはや、麦城には負傷して脱走できない兵以外には、

誰も残っておりません、一縷の望みを託し脱出して再起を図りましょう」

 

関平の説得に関羽もようやく納得しました。

 

関羽と関平は脱出を図るが陸遜によって…

炎 s

関羽と関平と、一部の何とか動ける兵士は夜に乗じて麦城を脱出します。

しかし、それは既に、陸遜の想定の内に入っていました。

 

かつては、魏の五将を立て続けに斬った関羽も、左肘の傷の為に

思うように動けず、敵を蹴散らす事も出来ません。

 

呉の馬忠によって関羽は捕まる

photo credit: Nautical knot via photopin (license)

photo credit: Nautical knot via photopin (license)

 

そして、呉の馬忠(ばちゅう)という武将によって呆気なく捕らわれました。

 

関羽が捕まったと聴いた孫権は、呂蒙に対して、処刑は一旦待ち、

関羽に投降する意志があるかどうか確認するように指示を出しました。

 

呂蒙は躊躇なく関羽を切るよう指示、その理由とは?

霊帝 墓

 

ですが、呂蒙は孫権の手紙を見るや、躊躇なく関羽を斬るように

部下に命じました。

 

呂蒙:「呉公は、関羽がかつて助命され厚遇された曹操の下から

直ぐに、劉備の下に戻った事をお忘れのようだ・・

山犬は所詮は山犬、別の主人には懐きはせんわ」

 

関羽と関平の最期

関羽 死

 

西暦219年、関羽は、こうして息子、関平と共に斬首されます。

亨年は58歳、桃園三兄弟として、常に劉備の側にいた、

最強の豪傑は、誓いも空しく、戦場に散る事になりました。

 

関連記事:歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い

関連記事:ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期

関連記事:涙なしには語れない桃園の結義

関連記事:呂布と桃園3兄弟の大舞台、虎牢関の戦い

関連記事:関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇

関連記事:関羽が生涯に斬った主な敵将を紹介

 

次回記事:108話:三国志を牽引した風雲児曹操、志半ばで死ぬ

 

よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!
  2. 蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち…
  3. 楊貴妃(ようきひ)とはどんな人?玄宗皇帝を夢中にさせた世界三大美…
  4. 116話:劉備、失意の中白帝城に没す!
  5. 関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人
  6. 【日中清廉潔白対決】北条泰時VS諸葛亮孔明
  7. 黄巾賊より多い黒山賊100万を率いた張燕(ちょうえん)
  8. 【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)につい…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【三国志で例えるよ】初心者でも『ジャンヌ・ダルク』『百年戦争』が分かる。基礎&豆知識!
  2. 若かりし曹操は熱血漢
  3. 屈原(くつげん)とはどんな人?楚のために命を尽くす有能な政治家
  4. 潼関(どうかん)の戦いとはどんな戦いだったの?【関中十部VS曹操軍】
  5. 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)
  6. 呂玲綺(りょれいき)とはどんな人?史実でも実在したの?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

連環の計って、どんな作戦? 策士・張飛 (ちょうひ)が繰り出す瞞天過海の計&暗渡陳倉計ってどんな計略? 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第6部 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術 孫権は名君?それとも暴君だったの?5分で分かる君主の評価 夏侯惇は本当に自分の目玉を食べたの? 面白いのに何故かアクセスが少ない記事まとめ【2016年総集編】 劉瞱(りゅうよう)ってどんな人?王族出身の名門参謀でもあり魏の重臣

おすすめ記事

  1. 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話
  2. 楊端和(ようたんわ)の最期は壮絶な戦死?キングダムの女将軍の死を大胆予想
  3. 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!?
  4. 世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る
  5. 【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチコピー
  6. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.2
  7. 「豎子に名を成せり」とはどのような意味なの?龐涓(ほうけん)の名言
  8. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP