編集長日記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

五胡十六国

劉淵(りゅうえん)とはどんな人?劉備の子孫と称して晋を崩壊に導いた匈奴の単于

この記事の所要時間: 522




司馬炎 はじめての三国志

 

三国時代は魏・蜀・呉の三国が中華の覇権をかけて争った時代です。

この時代の終幕は司馬氏が魏を乗っ取り、晋が建国されます。

そして晋を建国した司馬炎(しばえん)が三国の最後の一つである呉を滅ぼして、

天下統一を果たし、三国志は終焉を迎えます。

その後晋は皇族達が相争う八王の乱で国内は大いに乱れ、各地で反乱が頻発。

また異民族が中華の内陸になだれ込んだことで、戦乱の世が復活してしまいます。

この戦乱の世に劉備(りゅうび)の子孫を称して晋から独立を果たした人物がいました。

その名を劉淵(りゅうえん)と言います。




人質生活を送る匈奴の皇子

司馬師

 

劉淵(りゅうえん)は匈奴の皇族として生まれます。

しかし当時の匈奴は曹操の政策によって、魏に臣従しておりました。

そのため、彼は生まれて少しの間、故郷で過ごしますが、

すぐに魏の首都である洛陽に連れていかれ、人質生活を送ることになります。

彼は洛陽で人質生活を送る間、積極的に漢民族の文化を学びます。




兵法書を暗唱し、武芸を好む

司馬師

 

劉淵は洛陽で漢民族の文化を学ぶと共に、

漢の兵法書である「春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)」・「孫子(そんし)」「呉子(ごし)」

をすべて覚えるほどの秀才でした。

また匈奴の軍隊は弓矢の達人といわれる兵達が多いですが、

劉淵も匈奴の男らしく弓矢を好み、その腕前は百発百中でした。

こうして洛陽で武芸と兵法を学びながら毎日を過ごします。

 

関連記事:【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書

関連記事:【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?

関連記事:武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物

関連記事:現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について

 

父の死と晋の天下統一

孔明 司馬懿 役職

 

劉淵の父・劉豹(りゅうひょう)は長きにわたって、

魏・晋両国の首都である洛陽に住み匈奴が従順であることを

アピールし続けてきました。

そんな父の努力のおかげで、魏・晋両国から疑いの目をそらすことに成功。

しかし劉豹は晋が建国されて間もなく、高齢で亡くなります。

父が亡くなると劉淵は、天下統一を果たした晋の皇帝である司馬炎(しばえん)から

父の後を継ぐよう要請され、匈奴左部の代表に就任することになります。

こうして彼も匈奴と中華を結ぶ仲介役として職務に励むことになります。

 

関連記事:司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人

関連記事:誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の●●●』

関連記事:みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく解説

 

晋の土台が揺らぎ始める

 

三国時代を終わらせた晋の皇帝司馬炎ですが、

天下統一を果たすと一気に政治に関心をなくし、酒と女におぼれていきます。

そして彼が亡くなると、彼の後を継いだ司馬衷(しばちゅう)が

晋の二代目皇帝に就任します。

しかし彼はどうしようもないくらいダメな皇帝であったため、

彼の奥さんで皇后の賈南風(かなんふう)が皇帝の代わりに政治を行っていきます。

だが彼女の政治も長くは続きませんでした。

彼女の専制政治を憎んでいた趙王・司馬倫(しばりん)らによって殺害されてしまいます。

賈南風を打倒したことで晋の政治が良くなるのかと思いきや、

ますますダメになっていきます。

 

八王の乱

photo credit: Tangible via photopin (license)

photo credit: Tangible via photopin (license)

 

司馬倫は政治の実権を握り、

お気に入りの人や仲の良い人に官職を乱発したり、民を顧みない政治ばかり行われ、

晋はどんどん混乱していきます。

そのため司馬倫も他の王族に殺害されてしまいます。

こうして晋の権力者を巡って王族達が各地で争いをはじめ、

晋国内は収集のつかない状態になってしまいます。

 

故郷である匈奴へ帰る

 

劉淵は洛陽を治めていた司馬穎(しばえい)から

「私に協力して、各地の王族達の討伐を行ってほしい。

そのためあなたを冠軍将軍(かんぐんしょうぐん)に任命し、

故郷である匈奴に帰って兵を集めてきてほしい」とお願いされます。

劉淵は司馬穎の要請を快く受け、故郷である匈奴へ帰還します。

 

周囲の勧めにより、単于の位に就く

photo credit: Blue horses via photopin (license)

photo credit: Blue horses via photopin (license)

 

劉淵は匈奴の地に帰ると早速兵を集めます。

左賢王で劉淵の一族である劉宣(りゅうせん)は彼に

「淵よ。晋は王達が争い国内はぐちゃぐちゃになっておる。

この機に匈奴としてはお主を単于に立てて独立を果たしたいと思っておる」と

相談されます。

劉淵はこの相談に対して、苦笑いで返しますが、

家臣達や各部族の王達も劉宣と同じように彼を説得します。

劉淵はかなりの間悩みますが、皆の意見に従って単于の位に就任します。

 

蜀の劉備の子孫を名乗り「漢」と名乗る

 

劉淵は各地の異民族と協力関係を結び、大勢力を築きます。

その後中華との国境に近い城で、前漢・後漢・蜀漢の末裔と称し、

漢王を名乗ります。

この時劉淵は自らを劉備の子孫と称し、劉禅に孝懐皇帝を諡(おくりな)として

送ります。

こうして劉淵は漢王を称すると晋から完全に独立し、

将軍の位を与えてくれた司馬穎が亡くなると晋国内に侵攻を開始します。

 

漢の皇帝に就く

 

劉淵は漢王を称した後、中原に侵攻を開始します。

彼は中原になだれ込むと、

楚漢戦争時代楚の項羽(こうう)と秦の章邯(しょうかん)が激闘を繰り広げて

有名になった鉅鹿(きょろく)や常山などの都市を陥落させ、一気に勢力を拡大させます。

劉淵は中原の一角を支配することに成功した事で漢の皇帝に即位。

その後も各地の晋の残党や北から中華に侵入してきた異民族である

鮮卑(せんぴ)族と戦い続け、河北統一を目指します。

しかし皇帝に即位してから二年後、劉淵は志半ばで亡くなってしまいます。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

劉淵は晋王朝を実質的に崩壊させた人物です。

匈奴軍の中原乱入により、晋は修復不可能な状態に陥り、

匈奴をまねて鮮卑族や氐族、さらに漢族の反乱などが地方で頻発することになります。

劉淵が築いた漢ですが、その後四男が皇帝の位を継ぎ、

晋王朝の首都洛陽を陥落させ、皇帝を捕虜にした事で晋の王朝は終わりを迎えます。

しかし生き残った晋の皇族や王族達は江南に逃げ、東晋を建国。

西晋滅亡後(司馬炎が建てた晋)100年ほど存続します。

また劉備の子孫を称した劉淵ですが、劉備と血縁の関係は全くありません。

しかし「三国志演義」の続編と言われる「後・三国志演義」という大衆向けの

歴史小説で彼は劉備の子孫となっているだけでなく、五虎将軍の子孫を率いて、

晋から独立を果たし討伐に向かうまでの物語となっております。

興味のある方は読んでみてはいかがですか。

「本日の匈奴のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじさんでお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~。」

 

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

関連記事:【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介

 

—三国志を彩どる異民族が満載!—

三国志vs異民族 バナー

 

 




よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操?
  2. 【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?
  3. 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(後半)
  4. 晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明
  5. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー
  6. まだ漢王朝で消耗してるの?第5話:統一国家 晋の礎 司馬懿

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

このマンガがすごい!呉に光を当てた『江南行』『みんなの呉』『赤壁ストライブ』をレビューするよ 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【4/24〜4/30】 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】 ところで水滸伝って何?美味いの?中国の明の時代に完成した四大奇書 どうして劉備は呂布を胡散臭いと思ったの? みにおん三国志とはどんなアプリゲーム? 曹彰(そうしょう)とはどんな人?勉強嫌いだが、武を磨いて将来を期待された曹操の4男 闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝闕宣のイケイケ人生

おすすめ記事

  1. 小牧長久手の戦いの勝敗はどうなった?漫画・センゴクから見る小牧長久手の戦い
  2. 田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】
  3. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介
  4. 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒狼
  5. 曹丕はどうやって後継者争いに勝ち残って魏の初代皇帝になれたの?
  6. 曹操ってもしかしてフェミニストだった?銅雀台の侍妾エピソード
  7. もし曹操が献帝を保護できなかったら三国志はどうなったの?
  8. 三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP