呂布特集
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の●●●』

曹丕




photo credit: Tokyo 3484 via photopin (license)

 

日本にも「源平交代説」という迷信のような都市伝説があります。

天下を獲る順番が源氏、平氏の順番になっているものですね。

例えば、平清盛(平氏)→源頼朝(源氏)ですよね。

これは有名です。

1192(いいくにつくろう)鎌倉幕府ですから。




日本にもある都市伝説

織田信長

 

で、次は誰?っていわれると執権政治に代わるので、北条氏(実はバッチリ平氏なんです)で、次は室町幕府の足利氏(おもいっきり源氏)。室町幕府を滅ぼしたのは織田信長ですね(おもいっきり平氏)で、それを討ったのが三日天下の明智光秀(源氏)。

ここで百姓の豊臣秀吉が入ってきちゃうんですが、彼は藤原姓(関白になるので)の他に平氏も名乗っていたそうです

(このあたりがややこじつけ的なので都市伝説化してしまいます)。

 

徳川家康 wiki

 

そして江戸幕府の徳川家康(源氏)といった感じで、恐ろしく交互なんです。

近年では総理大臣すらもそれに該当するとか、しないとか……。怖いですね。

私は平氏だと、亡くなったおばあちゃんに教えてもらいました。

いつか天下を獲る順番が回ってくるのでしょうか。

 

関連記事:1185(いいはこ)になった?三国時代の幕府って何?

関連記事:名馬ズラリ!三国志〜日本史と英雄の偉業を支えた名馬たちを徹底紹介!

関連記事:世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る



中国には源氏と平氏はありません

曹丕

 

当たり前ですが、中国には源氏もなければ平氏もないです。

王朝を築いたひとの姓を考えると、劉家がやっぱり有名。

三国志では、劉家の後に曹家がきて、その後に司馬家がきています。

この順番が正式ですね。

孫家も王朝を建てましたが、正式には認められていません。

なぜなら中国は「正統論」の国だからです。

正統論とは、唯一無二の正統な皇帝と王朝が世界の支配者という考え方で、「天に二天なく、地に二王なし」という一文で表現されます。

献帝から禅譲を受けた文帝(曹丕)が正当な皇帝であり、他の劉備孫権は偽物扱いです。

 

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

関連記事:衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?

関連記事:曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

関連記事:赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは?

 

二王を認めて欲しいひともいます

孫権 冠

 

孫権は必死に地方分権政治を訴えます。

これを二帝並尊の原則と呼びますが、粘ったものの滅亡します。

中国は基本的にそれを認めない国家ですね。

おもいっきり中央集権国家の路線です。

三国は晋に統一されます。

 

関連記事:司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人

関連記事:【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介

関連記事:五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介

関連記事:終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ

 

イエローギャング

暴れる黄巾党008

 

三国志好きなら必ず知っている有名なフレーズがあります。

「蒼天已(すで)に死す。黄天まさに立つべし」

ご存知、黄巾の乱です。みんなシンボルカラーの黄色の頭巾を被っていました。

まさにイエローギャングですね。

すべてを黄色に染めようとしました。言い出したのは自称・天公将軍の張角ですが、彼の好きな色だった。からではありません。

源氏に代わるのは平氏。と全く同じ考え方です。

 

関連記事:張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生

関連記事:太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何?

関連記事:張角が太平道信者を増やした方法

関連記事:【よくわかる】SEALDsは後漢時代にも存在した?党錮の禁とSEALDsの共通点

 

色の順番が決まっているのが、中国の都市伝説

photo credit: All Lights via photopin (license)

 

実は後漢のイメージカラーが赤だったのです。(ちなみに蒼天だから青だと勘違いしている方がいますが違いますよ)

赤の次は黄色と天下を治める順番が決まっているのです。

不思議ですね。

ちなみに色は五色あります。ゴールドとかシルバーとかガンメタリックとかは無いです。

赤、黄、白、黒、青の五色です。

よって、後漢から正式に禅譲を受けた魏のイメージカラーもやっぱり黄色です。

ちなみにその後の晋は白ということになります。

 

五行継承というのです

陸遜

 

この王朝の継承の順は五行思想の原理からきています。

火(赤)から土(黄)が生まれ、土(黄)から金(白)が生まれ、金(白)から水(黒)が生まれ、水(黒)から木(青)が生まれ、木(青)から火(赤)が生まれるという循環です。

だから魏は禅譲を受けた後に元号を「黄初」とするのです。ちなみに孫権もそれを見習って呉の最初の元号は「黄武」としています。

呉のイメージカラーもイエローなんですね。

ちなみに魏から禅譲を受ける晋のイメージカラーは白です。

そして中国はその後、元が天下を治めるまでこの五色を繰り返すのです。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

袁紹&袁術

袁術の創った幻の王朝「仲」のイメージカラーは何だったのでしょうか。

ちなみに袁術は陳にゆかりのある人物の末裔であることを自称していますが、この陳こそイメージカラーが黄色なのです。

後漢の後の天下は黄色ですからね。

袁術もしっかりとその辺りを勉強していたのでしょう。偉いです。

 




 

よく読まれている記事

袁術

 

よく読まれている記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:ろひもと理穂

ろひもと理穂

■自己紹介:

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。

 

■好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

 

■何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 袁家をイジメる董卓 董卓の墓は存在するの?三国志観光旅行
  2. 司馬懿は雨がラッキーアイテムだった!?
  3. 周瑜 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第五回:荊州(けいしゅう)、…
  4. 劉備はなぜ死んでしまったの?その原因を徹底分析
  5. はじめての三国志 画像準備中 劉勲(りゅうくん)とはどんな人?袁術病死の後継者は「泣く子を救う…
  6. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操 冥婚(めいこん)とは何?中国や三国志の時代に亡くなった人と結婚し…
  7. 諸葛瑾と幼い頃の孔明 夷陵の戦いを回避しようとしていた?孔明に比べて目立たない外交人・…
  8. 民の心を掴む卑弥呼 卑弥呼の鬼道を探る。卑弥呼-張魯-安倍晴明のつながり

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 織田信長
  2. 剣を持って戦う徐庶
  3. 趙雲と劉備が初めて出会うシーン
  4. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  5. 成廉、魏越、呂布
  6. 荀彧
  7. 曹操を見捨てない丁氏と卞氏

おすすめ記事

  1. 卑弥呼の鬼道を探る。卑弥呼-張魯-安倍晴明のつながり 民の心を掴む卑弥呼
  2. 第8話:三国夢幻演義 龍の少年「運命の攻防」配信中 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. 袁渙(えんかん)とはどんな人?正史「三国志」に登場し曹操が涙を見せて死を悲しんだ政治家
  4. 曹操も思わずツイート!三国志の時代に造られた精巧な地図 旅 バイク
  5. 5/2 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネル」生配信決定
  6. 孫権が暴露!蜀は孔明の国だった

三國志雑学

  1. 孔明
  2. 陳宮
  3. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蒋琬
  2. 孔明
  3. 典韋にボコボコにされる成廉
  4. 明智光秀 麒麟がくる
  5. 郭嘉 vs 法正
  6. 劉邦の息子を補佐する曹参(そうしん)

おすすめ記事

五虎大将軍の馬超 蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち 劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは? 三国志では欠かせない攻城と防御の13のテクニック 過労死する諸葛孔明 どうして蜀は人材難に陥ったのか? はじめての三国志ライター kawausoの記事修正のお詫び 劉備と張松(ちょうしょう) 張松(ちょうしょう)の裏切りがなければ劉備の蜀制圧は不可能だった? 大久保利通 幕末 大久保利通は明治維新・幕末時代にどんな業績を残したの? 酒を飲む曹操と劉備と呂布 【シミルボン】1800年前の三国志時代はご馳走が現代居酒屋風だった

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP