編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

魏の諸葛誕が反乱に失敗した原因ってなに?

この記事の所要時間: 1044




諸葛誕

 

魏の王陵(おうりょう)、毌丘倹(かんきゅうけん)は魏の司馬氏が魏の政権を握って、

政権を私有化し始めると、司馬氏打倒の反乱を起こします。

しかし彼らの反乱はいくつものミスによって失敗してしまいます。

そして司馬氏は司馬昭(しばしょう)の代になります。

 

彼は父と兄が残した権力を駆使して、魏の政権に絶大な権力を握る事になります。

諸葛誕は司馬昭の権力の増大によって魏の政権を乗っ取るのではないかと、

危機感を抱き挙兵します。

結果は三国志を詳しく知っている方ならご存知の通り、失敗に終わってしまいますが、

なぜ彼の反乱は失敗に終わってしまうのでしょうか。

彼が反乱に立ち上がった理由などを交えながら、

反乱失敗の原因を探っていきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




毌丘倹の反乱鎮圧で功績を挙げる

諸葛誕

 

諸葛誕(しょかつたん)は毌丘倹の反乱が起きると、

司馬師(しばし)から「豫州(よしゅう)の兵を集めて、寿春(じゅしゅんん)城を陥落させよ」と

命令を受けます。

彼は豫州で兵を集めて、寿春城を陥落させると司馬師に褒められ、

揚州の軍事を行使することができる役職をもらいます。

その後毌丘倹の反乱が鎮圧されると、寿春城に駐屯するように命じられ、

魏・呉国境の守備を任されるようになります。




○○の時の為、寿春を善政で治める

 

諸葛誕は寿春に入城すると反乱によって人心が荒れている事を知り、善政を敷きます。

彼が善政を行ったのは寿春の民が荒れているだけが、理由ではありません。

寿春は王陵・毌丘倹の二人が相次いで反乱を起こした地であるため、

彼も司馬家に疑われているのではないのかと一抹の不安を感じます。

そのため彼はもし司馬家に疑われて反乱を起こすような事になった時の為に

寿春の民衆の心を掴んでおこうと考えて、善政を敷きます。

この計画は成功し、寿春の民衆は諸葛誕を慕い始める事になります。

 

寿春の守りを固める

 

諸葛誕は寿春の民衆の心を掴むことに成功すると、次に彼が行った事は、

寿春城の防御を万全にしようと考えます。

寿春の城壁はあまり高くなく、防御に適さない城でした。

そこで彼は城壁をしっかりと高くして、敵兵が攻撃を仕掛けてきても、

簡単に城へ登れないようにします。

こうして寿春城が簡単に陥落できないように防御を固めながら、

城に兵糧が無くなれば戦う事が出来なる為、しっかりと兵糧を蓄えていきます。

 

司馬家の使者がやってくる

 

司馬昭は諸葛誕が寿春の城の防御力を高め兵糧を蓄えている事を怪しみ、

彼の側近である賈充(かじゅう)を諸葛誕の元へ派遣。

賈充は諸葛誕に会うと「晋公(しんこう=司馬昭の事)の功績は高く、

魏に取って代わるべしと諸将や文官、民衆達までもがしきりに言っておりますが、

あなたはどう思いますか。」と尋ねます。

諸葛誕は賈充の意見を聞くと顔色を変えて「君は魏の忠臣である賈逵(かき)殿の

息子ではないか。なぜ魏の政権を盛り立てようとせず、

晋公に阿るような発言をするのだ。

私は魏の政権に異変が起きれば、身命を賭して魏の国を守るつもりだ」と

激怒の色を隠さずに賈充へ食らいつきます。

賈充は諸葛誕の決意を聞くとそのまま洛陽(らくよう)に帰って

司馬昭へ報告を行います。

 

司馬家に反乱を起こす

photo credit: Memento Mori via photopin (license)

photo credit: Memento Mori via photopin (license)

 

諸葛誕は賈充が帰った後も寿春の守備を固め、兵糧集めに力を傾けておりました。

彼は魏に異変が起きた時の為に、2年もの間しっかりと準備を行っておりましたが、

司馬昭から「君が魏に長年仕えてきた功績は非常に大きく、私も評価している。

そこで君に洛陽へ戻ってきて、司空の位に就いてもらい共に、

魏の政権を盛り立ててほしいと考えている。」と要請。

諸葛誕は司馬昭からの使者がやってくると、

自分が握っている兵を取り上げようと考えているのではないのかと勘繰り、

反乱を決意します。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2 3 4

関連記事

  1. 【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息…
  2. 曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法
  3. 劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名…
  4. 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生
  5. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計
  6. 武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物
  7. 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し
  8. これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 反信長包囲網に参加した諸将の動きを徹底紹介!
  2. 策士・張飛 (ちょうひ)が繰り出す瞞天過海の計&暗渡陳倉計ってどんな計略?
  3. 全員主役級!三国志を日本で映画化するならキャスティングはこれだ!
  4. 【シミルボン】バカっぽい?酒を煮て英雄を論ずは、もう少し知的だった
  5. 屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達?
  6. 文聘(ぶんぺい)とはどんな人?魏延とも打ち合いをした魏の武将

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

漢の飛将軍・李広の逸話「信念をもって行えばやれないことはない」 どうして魏は最強なのに、天下を統一できなかったの? スーパーエリート袁術!理由はファミリーにあり?スーパー名家を探るよ 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具として生きることになった美女 裴潜(はいせん)とはどんな人?鳥丸の反乱を抑え、様々な政策を生み出した裴松之の先祖 東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武器(兵器)を徹底紹介! 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3 41話:いつかは去りゆくと知っていながら関羽を厚遇した曹操

おすすめ記事

  1. 曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?
  2. 【キングダム】用心深い男、王翦の幸せな最期を大胆予想
  3. 魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの?
  4. 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる
  5. 【ネオ三国志】第10話:呂布の籠城戦VS曹操の水攻め【蒼天航路】
  6. 30話:曹操軍を支えた最強の青州兵
  7. 【シミルボン】戦だけが能じゃない?三国志の英雄達を詩で比較してみたよ!
  8. まるで現在の政治批判、商鞅の改革論がヤバすぎる

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP